カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「車やトラック、機械の修理 」カテゴリ記事一覧


スポンサーリンク

トラックがお湯を噴いた最悪だ / 輸入中古車に乗るのはやめた / 手造りキャラメル


先日遠方に出る途中でボンネットから凄い音がするので停めてみたら、ヒーターのホースに
穴が開いて(ラジエターホースと同じようなもの)不凍液がすごい勢いで飛び出て蒸気を放っていた・・・
(号泣)

「水!!みずだぁ!!」と叫んだが、今日も水は無かったww 先日泥沼に嵌った後にさっさと
飲料水用の水の缶を積んでおけば良かったのだが、あの後荷台を掃除してて錆が気になり始めたので
荷台にペンキを塗って乾かしながら乗っていたのである・・・
(非常にタイミングが悪い)

1ペンキをトラックに塗る




水を貰える場所を探したが、まだ朝の5時なので店が開いてない。しかし一刻も早く
水を入れたかったので目の前のサリサリの扉を叩いて親切なお婆さんから水を貰った・・・
(フィリピンはこういう融通が利くのでいい、日本なら110呼ばれるかもw)

2ボンゴオーバーヒート




水を入れるとホースの穴からとめどなく水が溢れでる(号泣)

3ボンゴオーバーヒート2



穴を修理しないと走れない状態だがそう都合よく修理工場などある訳ない。

とりあえず応急処置を試みようと何か役に立つものはないか工具箱の中を探したらゴムチューブの
切れ端があったので、それをハサミで切って患部に撒く事にした・・・

5液もれ部分をゴムで修復




しばらく休ませ、ドキドキしながらエンジンを掛けると無事に掛かってくれた (ふぅ・・)
ディーゼルはオーバーヒートに強いな。これが軽トラなら一発終了だろう。

意外とゴムの補強は威力があって、その後100km走ってもなんとも無かった。
(この方法はブレーキホースへも応用できる)

4ヒート部分の修理





それから自宅へ帰る途中、修理屋を見掛けたので寄ってみた。

応急的な処置はしてあり自宅まで余裕で持ちそうだったので、持ってかえって自分で修理するつもり
だったが、自分で修理する上で聞きたい質問があったので寄ったのだ・・・・


今回穴の開いた場所はヒーターの配管だが、常夏のフィリピンでヒーターなんて不要だ。

だったらそのまま配管ごと除去して直結してしまえば修理も要らないし、同じ故障の予防にもなると
思って除去して問題ないか整備士に聞こうと思った。
(フィリピンの整備士なら除去した経験があるんじゃないかとw)



でも質問だけしようとしたのは甘かったww

修理屋のおじさんはこちらの質問を全く聞かず車の下に潜ってしまいwホースを分解し始めて
店の奥からガス溶接を引っ張り出してきて溶接を始めてしまった・・・

うわ・・直っちゃうよ・・www


6自動車修理工場でオーバーヒート修理



まぁ仕方ないか・・

ホースの直結は次回の故障までお預けだ・・・



修理が終わりエンジンを掛けけてテストが終わり修理代金の支払いだ。

私はボッタくられるんじゃないかと思っていた。
初めての修理工場でしかも値段交渉もなく、私が外人だと分かってるww

おまけにガス溶接機使ってるし、入庫したのが夕方5時過ぎてたし残業代込みで最低で千ペソだな・・・
とか思いながら恐る恐る値段を聞くと・・



「通りすがりの青年よ100ペソを払ってゆきなさい・・・」



「ま、まじっすか!!??  たったの100ペソ!?」



神!




修理してくれたのはそこのオーナーだったが、今度通りすがりにチョコレートでも
あげようと思っているw


ある所にはあるんだ・・・良心的な修理工場が。


(フィリピン的修理だから同じ場所がまた壊れるだろうがそれは仕方ないw)



7修理屋さん






スポンサーリンク




■中古輸入車への締め付けがMAX


中古輸入車の摘発が一層厳しくなってきた。
政府としてそういう方向性なんじゃないかな。

色々と私達なりに検問対策をして来たが、日々増え続ける検問に対応できなくなった。
停められる度に「あの人と知り合いですから許してください」とか命乞いするのも情けない。
こういう方法も諸刃の剣、副作用で変なトモダチばかりが増えてゆくし。

係員がコロコロ変わるのが一番困る。以前捕まった同じ場所で今度は移動してきた
新顔の係官に停められる。延々同じ問答を繰り返す。


【故障の日は検問を避けようと朝3時半に家を出て街へ向かったが既に検問がいて、検問を避ける
ために横道へ入ったら個人農園の中へ迷い込んでしまい、やっと出口があったと思ったら農園主に
通過を阻止されて金をやるから通してくれと泣いてお願いしたが聞き入れてもらえず、延々バック
して戻って、それから這って国道へ戻った時に車の故障に襲われた】



運転担当の女子からは最近のストレスで「ギブアップ宣言」を貰っている。もう限界。

この子は以前ストレス性胃炎で入院した事のある位だからもうこれ以上無理は言えない。


検問に停められない様にするには新車のトラックを買うか、帰化して選挙に立候補して
首長になる位しか方法が無いww






■動画

【自衛隊73式大型トラック救出編】フィリピンミンダナオ悪路観光ツアー
https://youtu.be/bfK_MojV18o





■ネイティブ向けの契約書

これは田舎の土地取引契約書。

8土地契約書

契約書は英語で書いてあるのが普通だが、この契約書は英語が理解できない民族の為になんと
「現地語」で書いてある。現地語は学校で習うタガログ語の事ではない。原住民語の事だ。

現地語で書いてあれば、無知な人が知らずに判を押して土地を取られてしまう事も無いだろうw

こうやって誰にでも分かるように書くのが当たり前と言えば当たり前。





■自家製キャラメル

9自家製キャラメル




10自家製キャラメルと足



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)