カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「未分類 」カテゴリ記事一覧


スポンサーリンク

フィリピンの不思議な霊感治療 / 今はバナナが喰い放題 / マンゴの精霊現る

顔から出て来るウジムシ!?

この地方に伝わる民間療法だそうです。

動画には顔面に痛みを訴える主婦が出てきます。痛みの原因は顔面の
中でウジムシが暴れているからなんだそうです。痛みを取り払うには
ウジを特殊な方法で取り除く必要があるそうです・・・

その方法というのがこちら・・・・
https://youtu.be/8Z2Ufa1iPUs


日本人的には実に馬鹿らしいとしか言いようがありませんがww
まぁ見てください。
現地の人は100人中100人信じています。



動画の見れない方や回線の遅い方もいるでしょうから、一応解説します。

まず、腐った芋の茎と焼けた炭を祈祷師が用意します。

1位もの茎「a


芋の茎を微塵切りにします。

2芋を刻むf


焼けた炭を砕きます。

3墨を砕く



そしてみじん切りにした芋の茎と焼けた炭と混ぜます。

4混ぜる


それを布に包んで患部に当てて10分ほどじっとしています。

6ウジムシ治療s


しばらくすると顔面に生息しているウジムシが布の中に移動して、
痛みの原因が取れるという事なのです。


現地には様々な民間療法がありますが、ウジムシは初体験だったので
一体どんな凄い物が出て来るのかと期待したのですがww
まぁ大体予想したとおりでしたw


芋の茎を腐らせて使うというところが味噌で、フィリピンには
日本にはいない無数の虫がいますから、どのような物にでも虫は卵を
産み付けるのです。バナナの皮を地面に捨てれば数十分後には沢山の
子バエが集って来るくらいですから。


そして、あんな小さな体のウジですから、カーブの付いた包丁で適当に
微塵切りにした所で1匹や2匹は必ず余りますw
(動画では4、5匹出てきたようですがw)


5ウジムシ


まぁそんな事はどうでもいいんです。

大事なのは患者が治ったかどうかという事です。






スポンサーリンク




先進国から見ればインチキ臭い行為に見えますが、実際には
これで多くの人が救われています。

大分昔の話ですが、内臓を引っ張り出して治療するフィリピンの
霊感治療が日本でも話題になった事があります。

真に受けている人は少なかったと思いますが、あぁいった
インパクトのある治療ほど患者の信頼度は高いと思います。


医療の乏しいジャングルの中で病に苦しむ患者を痛みから解放
するには、嘘でも患者を信じさせるしか方法が無いのです。
そうしないと劣悪な環境で生きている病人に安らぎはありません。


祈祷師たちは知恵を絞って善意のトリックを編み出して来たのだと
思います。


7糞猫




■今はバナナが喰い放題

そんなバナナ!ってくらい大量のバナナが無料だw

近所の日本向けのバナナ農園、(日本の会社だと思う)の搬出トラックが
うちの前を通るのだ。

輸出用のは分けてくれたりしないんだけど、日本の分は品質基準が
煩いようで廃棄バナナが大量に出るらしくそれなら好きなだけ持ってゆけとw

どうせ豚が食うんだからとww米袋に入れて何俵もくれる。
(でもどうやって喰えとw)

9バナナ


これは日本で流通している「ラカタン」という品種だね。

10ラカタン6




今はスターアップル?だったかな。がシーズンみたいだね。

11スターアップル






■マンゴの巨木を剪定した

マンゴ下の大きなスペースが勿体無いのだ・・

DIYで収納スペースを作りたいが、物置をこしらえようとしてもマンゴ
の実が落下して屋根を突き破るリスクが常にある。

人間の背丈から推測すると頂点まで30~40メートルくらいだろうか。
一般的な10メートルくらいの高さのマンゴならそれほどでもないが、
これだけの高さから重力落下してくるマンゴは大変な勢いだ。
夜中にパーン!と物凄い音を立てて落ちてくるマンゴの音を聞けば
威力は想像できる。

それに、枝が横に張りすぎて豪雨で巨大な枝が落ちてくるリスクも
雨季ごとにある。以前巨大な枝が勝手に落ちてきた事があったが、
多分あの枝の下にいれば死んでしまうだろう。

よくハイウェイの街路樹が大きくなりすぎて、車を押しつぶしたりする
事故がフィリピンは多いんだけど、大きくなりすぎた樹木は凶器である。

12マンゴ剪定



しかしどうしよう。剪定すると口で言うのは簡単だが、ハシゴを使って
松の木を剪定するのと訳が違う。
相手は30メートルのマンゴだ。


この前持って来たチェーンソーに延長ケーブルを付けて切ろうか、
どうしようかと悩んでいたが周りに阻止された・・・





■マンゴ老人現る

マンゴをどうしようか。いっその事切って製材して売ってしまう
選択肢もあるな・・・

などと悩んでいたら、一人の爺さんが農園を訪ねてきた。
この爺さんは一体何者だ!?


「そこのお若いの。ワシにマンゴの木を切らせてくれんかいのう・・」


聞いてみると老人はずっとこの辺りに住んでおり、マンゴの木を
見ながら育ったそうだ。

枝きりに困っているという話を聞いて尋ねてきたらしかった・・・



落ちて怪我しても困るなぁと思いながら、他に方法が無いので謎の
老人に任せることにした。

老人はロープを一本貸してくれと言うので、車に置いてあった牽引用の
ロープを引っ張り出してきて老人に渡した。

すると老人はロープをまず半分に折り返して二本にし、1メートル
くらいの感覚で結び目を付けていったのだ。

=○=○=○=○= こんな感じ・・・

それを5mくらいの頭の上にある枝に引っ掛けて、ロープとロープの
間に足を入れてスルスルと登っていったのだ。

あっという間だ。

14マンゴ剪定


それからロープを手繰り寄せて更に上の枝へ掻けて登ってゆく。
それを繰り返してほぼ頂点まで登ってしまった。

老人は不安定な立ち位置で直径30cmもあろうかという太い枝を
山刀一本で次々と叩き切っていった。

仙人のお姿書く大豆9
(拡大写真)

ボーボーの髪の毛のように伸びきったマンゴの枝は、数時間で綺麗
さっぱり散髪されて地面には大量の枝が降り積もったのだった。

おそらく10トントラック一杯くらいは落ちてきただろう・・・

13マンゴ剪定



それから、綺麗になったマンゴの庭に感激しながら老人に謝礼を
渡そうと自宅へ入って外へ出ると、既に老人は消えていた。(マジ)



あの老人はマンゴの精霊かもしれない・・





■昆虫売りの少女

15コンチュウガール7



17イナゴ



16昆虫ガール8


多分、これはエルニーニョのリバウンドじゃないかと思うんだけど、害虫やネズミが
異常発生していて昆虫を売る商売も多くなって来たという・・

ネズミの増殖は半端なく、水田地帯は壊滅気味で稲刈りを放棄したところも多い。
猫部隊もあまりのネズミの多さに疲労気味だ。


昆虫を売る人はいるが、ネズミを売る人はいない。
ネズミを肉にして油で揚げて道端で売れば儲かるかもしれないw

ネズミは解体する時に異様に臭いので躊躇するが、食べれば割とうまい。



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)