スポンサーリンク

猫に噛まれたぁ / 今日のフィリピンスタイル / 農園の心臓部にデング直撃 / 兄弟の死を悲しむ子猫と母猫

■や、やられたぁ・・猫にww

いつもの事だが、先日停電になったのだ。
屋外にある青空台所でライトを探す声がするので、気を効かせて届けに行った。

台所に着いて相手にライトを渡そうと一歩踏み出した時である。

「ギャ!」と声がして「チカッ!」と足に激痛が走った。


その瞬間、北の水田に先祖を持つ凶暴な黒猫が逃げてゆくのが見えたww



踏んだと言っても思いっきり踏んだ訳ではないww
死ぬほど痛かった訳でもないだろうに噛み方がMAXで最大レベルww
フィリピンの野生猫の脅威だww


現地人に言わせると、逃げるのが遅いから噛まれたのだという(爆)

猫の感触を感じた瞬間に逃げれば普通は噛まれないというのだww


マジか!?って感じだが、確かに現地人が猫に足を噛まれたとか聞いた事が無いww




噛まれてから感染症は大丈夫だろうかと小一時間悩んだが、翌日になっても
指は腫れてなかったので多分大丈夫なんだろう(ホンマかw)

すぐに現地性の怪しい特効薬を飲んだのが良かったのかもしれないww


でも反省した。反射神経の鈍い日本人は暗闇を歩くべきではない。
猫だから良かったものの、コブラだってここにはいるんだからwww



暗闇で動物に噛まれたのは二回目w以前は野良犬に噛まれて病院行きw



【ここで鮮烈な噛み傷を見せる予定だったが、なんと写真を誰かが誤って
削除してしまっている。人にカメラを貸すのはリスクあるなw】


1縁側で休み猫




■今日のフィリピンスタイル

運子の付いた尻のまま、今から食事するテーブルにベタ座りさせるのが
フィリピンスタイルwww

2テーブルに座る子供


勿論、この後テーブルを拭く事もなく飯を食うw

ってか、拭いたとしても恐ろしいほど汚染された雑巾で拭くからあまり変わらずww
我々が出来る対策は一刻も早く免疫をつける事ww




「今日のフィリピンスタイル」ってのをシリーズにしようかなw

日本ではありえない日常とか、「日本人だったら絶対怒るだろうな」ってシーンを
テーマにしよう。

テーブルアビン

スポンサーリンク


■デング更に忍び寄る

ついに農園の中枢部がデングにやられた。

師走のこの時期に農園のマネージャーがやられてしまった。
デングの次のステップのデング出血熱という奴である。皮膚に発疹が出来始め、
鼻血が出て歯茎から出血して末期の放射線病のようだ。

感染源に思い当たる節がある。先日農園の関係者がデングを我慢してうちに
泊まった事があり、蚊が大量に生息する車に同乗してウロウロしたのだ。
気分が悪ければ教えてくれればさっさと荷物まとめて帰らせるものを、「シャイ」
な性格で体調の悪化をひた隠しにするので曝露した。

デングは蚊を介して移るため、蚊の多い環境で患者と過ごせば超高確率で
デングになる。




日本人は殆どの人が蚊にアレルギーを持っており、刺されると猛烈に痒くなる。
でもこの痒みというのが非常に重要で、蚊の対策をしようとする動機になる。
結果的にデングを避けているという事である。私がなかなかデングに罹ら
ないのも、反射的に蚊を振り払っているからだとだ思う。

現地の人は刺されても痒みを感じない人が殆どで、蚊の対策に無頓着である。
これがデングを蔓延させる原因である。

「痒い」事は不快だが、予防する上で大事なことなのだ。

以前連荘でデングになった私の知人は、蚊がぶんぶん飛ぶ中で完全に
無防備でいた。実は目の前にお気に入りの女性がいて「痒み」の感覚が
完全に麻痺していたのだww

蚊に無防備だとデングになるという典型的な悪例w



デングっぽい時に安易な自己処方は注意。

頭痛薬や風邪薬はデングと相性の悪い成分を含んでいる可能性があるので
飲んではいけない。
デングはとにかく頭痛がする。デングに罹った人皆が頭部に針でちくちく
刺される様な痛みを訴える。でも安易に頭痛薬を飲むのは駄目だ。


飲んでも良いとされている薬は「アセトアミノフェン」
現地では「パラセタモル」などと呼ばれている解熱薬。

これを飲んで水分補給をしながらひたすら耐えるか、病院へ行って
入院するかのどちらかだ。

4デング薬




■農園の猫の生態

農園のエンジンがストップしてしまったので今の時間に猫を何本か
撮ろうと思ってる。

5死んだ猫


とりあえず一本目。

●兄弟の死を悲しむ子猫と母猫
https://youtu.be/zB85G2mcgXc

これは猫の悲しみの表現の仕方・・・
親猫は北の農園の猫だが、子猫のときから人間味がある猫だ。

多産だったからか全てが未熟児で弱々しく子どもがどんどん死んでゆく。
抗生剤を混ぜたミルクも効果なかった。


6自転車



どうでもいいけど、ここ二日くらい偏頭痛がするw
多分、ただの偏頭痛だと思うが、もし更新が止まったら的中って事でw

頭痛薬が飲めないから不快に感じるだけだろう。
多分ww


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

思いっきりデングでパソコン触る体力もありませんでしたww今は大分回復してるので夕方には動画も作って更新します。


非公開コメントさん

コメント有難うございます。それに関しては以前記事にした事もあるのですが注意が必要みたいですね。




世界の町へさん

>猫とデンゲはヤバいですね。
フィリピンの動物は全般やばいですねw
猫引っかき病も当然あるのでしょが、猫も狂犬病持ってる事がありますから、
動物に噛まれたら基本は病院行きです。




AKさん

おはようございますAKさん

>ふと自分は恵まれた環境で生活しているのだと改めて思いました。今更ですが
>子猫ちゃんの動画の中にも生きる事の厳しさを見た気がしました。大袈裟かも知れませんが
猫の死んだ動画を公開したらなんで病院に連れて行かないのかと文句言われますからねww
人間の子どもがデングに掛かって病院行かないのになんで?ですw
ゆとり平和日本ですw




くろがねまにあさん

>骨に刺さる勢いで噛みます。
飼い主に手加減の無い猫ちゃんですねw
日本の猫に噛まれても病気的な恐怖はあまりないですけど、フィリピンの
猫に噛まれた恐怖は半端無いですww

>シャイなデング熱とかマジ堪忍してや?って感じですね。
静かに迫り来る恐怖ですよねwそして私まで来ましたww




軽うつさん

>え~マジですかwww、野性味溢れてますねwww
ホンマか!?と思って台所で注意深く見ていたら、コンマ01秒の素早さで避けていましたw

>大丈夫ですか?かなり酷そうですね。早く良くなると良いですね。
遅く掛かった私のほうが予後はいいですね。出血熱になればオッサンは持たないでしょう。

>同じ環境にいたら罹患してても全く不思議ではないですよね? お大事に。
ビンゴでしたwこんな予想は当たらなくていいのにww




少年さん

>ワクチン接種を検討されたほうが良いかと思います。
猫に噛まれた後にデング熱になったので、もうそれどころじゃなかったですw

>免疫の仕組みから考えると解熱しないほうが良いように思うのですが
仰るとおりですw私は病院も行かず解熱剤も飲みませんでした。しかし酷い頭痛で
目がさえて夜が眠れないので安眠剤で乗り切ってます。これは非常に良い方法だと思います。




dangさん

>青年さんは免疫絶大だから大丈夫とは思うけど気を付けてみててね。
思いっきりデングですww猫の傷の事は忘れていましたww

>マネージャーさんはどうなった?生還した?
重症ですね。意識も熱も平常ですが、まだ痛みが残ってて食が細いです。

>自分ちのテーブルだけじゃなくてレストランでもやるからたまらん。
土足のままスーパーのカートに載せるじゃないですか?wwまぁ日本でも時々
やってますけど、こちらではテレビで靴のまま乗せてますからねww




HOさん
おはようございます

>青年さんデンゲに気をつけてください。
ご心配ありがとうございます。お蔭様で大分よくなりましたww

>今年もたくさんのブログ・アドバイスありがとうございました。
こちらこそコメント頂き感謝しております。来年もよろしくお願いいたします。




LPOTさん

>もしや発症でしょうか?
もしやですwwMAX時はパソコンの電源ボタン触る気力もありませんw
ご心配有難うございます。

デング
コメント返しが滞ってるので・・・

もしや発症でしょうか?


お大事になさって下さい。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
一足早く
こんにちは青年さん

メリークリスマスi-278

今年もたくさんのブログ・アドバイスありがとうございました。

青年さん・ここにコメントを書かれてる諸先輩方、良いお年をお迎えください。

来年も皆様がご多幸とご健康でありますように


青年さんデンゲに気をつけてください。
No title
猫の傷病院行かなくても大丈夫?
怪しい薬の効果が怪しく効いて偏頭痛をおこしてるとか・・(怖
青年さんは免疫絶大だから大丈夫とは思うけど気を付けてみててね。
マネージャーさんはどうなった?生還した?

あるあるw子供を靴のままテーブルにあげたり座らせたり。
自分ちのテーブルだけじゃなくてレストランでもやるからたまらん。
周りもそれが普通と思ってるからもひとつたまらん。
多分私にも「ケツ免疫」がついてると思うわ(´;ω;`)
No title
猫でも狂犬病有りますので、可能性が否定できない場合は(否定できない気がしますが)ワクチン接種を検討されたほうが良いかと思います。

デンゲですが、解熱剤って必要なんでしょうかね?免疫の仕組みから考えると解熱しないほうが良いように思うのですが…(体力問題は考慮してません)
因みに、42度でタンパク質が凝固すると言うのは単なる都市伝説です。
No title
>猫の感触を感じた瞬間に逃げれば普通は噛まれないというのだww
え~マジですかwww、野性味溢れてますねwww


>師走のこの時期に農園のマネージャーがやられてしまった。
デングの次のステップのデング出血熱という奴である。
 大丈夫ですか?かなり酷そうですね。早く良くなると良いですね。

>どうでもいいけど、ここ二日くらい偏頭痛がするw
 あれれ、青年さんも罹患者ですか? 同じ環境にいたら罹患してても全く不思議ではないですよね? お大事に。
うちのニャンコは
いつも本気で噛みます。
骨に刺さる勢いで噛みます。
彼女にしてみるとどうもアマガミをしているつもりらしいのですが、
人間様には耐えれない痛みです。

シャイなデング熱とかマジ堪忍してや〜って感じですね。
恐ろしや。。。
今晩は青年さん

今日の記事を読んでふと自分は恵まれた環境で生活しているのだと改めて思いました。今更ですが(汗)

子猫ちゃんの動画の中にも生きる事の厳しさを見た気がしました。大袈裟かも知れませんが
危険
猫とデンゲはヤバいですね。
日本なら大丈夫ですが、フィリピンですから。
猫は気まぐれでひっかくから、フィリピンの猫にはできるだけ近づかないようにしていました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント