スポンサーリンク

デング熱が猛威を振るっている / 最強の蚊取り線香 / ひとり寂しく田植えをする少女

■デング熱が猛威を振るっている

農園では前後の集落に患者が。
自宅の前後の集落でもかなりの子どもが罹ってる。

雨季が来て蚊が多くなり始めたなと思っていたらたちまちデング熱が
流行り始めた。先日病人を連れて行った病院でもデング患者が沢山いたし。
あちこちの雑貨屋の香取線香が売り切れだ。

デングは毎年の事だが今回はペースが早い気がする。長い乾季の後だから
リバウンドが大きいのかもしれない。

テレビでやっていたから全国的に流行っているのだと思う。


1農園の庭



デングの流行る場所は大体決まってて、町や村、人が集中する場所にデングは
頻発する。蚊の行動半径ってのは百メートル以内だと言われているので、
その範囲に家が並んでいれば連鎖的にデングが広がりやすい。特に現地スタイル
の家屋は蚊を呼びやすく被害も広がりやすい。

病院も主要な感染源だ。デング患者が山ほど入院している所に大量の蚊が
ウヨウヨしているんだからうつらない訳がない。
知り合いの看護婦がデングが流行りだした途端にデングに掛かった。
こちらの病院は吹きっ晒しで蚊は患者の部屋に入り放題。病院で働く人は
四六時中デングのリスクに晒されている。 

2農村の景色

だから何かの病気で病院へ行かざるを得ない事情があるときは、オフ
ローションを塗りたくって完全な防御をして行くことだ。病院側は予防には
無頓着だ。

スポンサーリンク




そういう私はまだ一度もデング体験をしていない。

デングが来難い畑の中の一軒家に住んでるって事もあるだろう。私の家は自宅も
農園も回りに家が無いのでデングの蚊がやって来辛い。

デングに感染した訪問者が来てしまえばオシマイだが、蚊が自力で這ってくる
可能性は少ないのだと思う。これは私自身が身をもって証明していて、今まで
あれだけの蚊に刺されているにも関わらず一度もデングに掛かったことはないという。
同じ屋根の下に住む住人も罹っていない。

以前遊びに来た日本人の友人が二回デングに掛かったが、一回目はプール付属の
安ホテルに滞在してから発症。二回目は街のダウンタウンに滞在してから
日本に戻って発症した。デングの発生しそうな場所は「いかにも」って場所が多く、
大体予測できる。近づかないのが無難だが、どうしてもって場合は短パンは止めて
長ズボンにしてオフローションで完全防御すること。蚊は足を集中攻撃して
来るので長ズボンを履くだけでも大分違う。

初めての街に行くときはそこの住民からデングの情報を聞いておく。
流行っているエリアは気を抜くと危ない。

デングには幾つかの型があり、ナメていると何回でも罹る。


3かぶとの幼虫





現地で売られている最強の蚊取り線香

以前は無名だったが、余りにも効くので最近有名になったブランド、バオマ。
中華系の雑貨店においてある。

4蚊取り線香


その効果は物凄く屋外でも蚊が落ちてくるほどww

但し効果が強い分、人間にも何かしらの害はあると思う(中華製だしw)
常用せず、デングの発生時期だけ使うとか。




これはオフローション

オフローションは何種類かあるが、値段で有効成分の含有量が違っている。
このグリーンの奴がいい。「オーバータイム」タイプと書いてある。

蓋がオレンジの奴は安いがすぐに効き目がなくなる。

5オフローション


広範囲に塗る場合は塗る場所を若干湿らせてから塗ると格段に塗りやすくなる。
手に水をつけてパッパッ霧みたいに散らしてその上から塗る。
効果は若干落ちると思うが広い面積でも均等に塗れる。





以前、流行っていたデングの救世主「蚊取りペットボトル」のその後はどうなったのか!?
検索してみたが新しい情報は殆ど無かった。やはり話題性を狙ったガセだった可能性がある。

http://farmmindanao.blog38.fc2.com/blog-entry-760.html


蚊取りボトルを最初に発明したのはフィリピンの会社だそうだが、テレビであれだけデングの
流行が報じられているにも関わらず蚊取りボトルの話題が一切報じれらないのはどういう事か?ww

ネットの情報によるとこの蚊取りボトルの劇的な効果で前年より55%もデング
患者が減ったとあったが!?ホンマかw






■【フィリピン農園だより】ひとり寂しく田植えをする少女

6田植え少女

田植えの植え残しの部分に稲を補充している女の子です。
フィリピンの農村部ですが、最近はこういう素朴な光景も少なくなってきました。
シンプル動画です。

https://youtu.be/QCs01_mWQDE



8田植え少女3





田植え少女




スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
本うつさん

>確か日本でデンゲが流行った時にワクチンを作ったとか言ってましたね。
なんか調べてみると2014年に開発されたようです。日本製かどうかは
謎ですが、それだと集団接種したら凄いコストになっちゃいますねw

>デンゲかかって入院したら10万円とか聞いた事とありますが
10万円は外国人向けの高額な病院でしょうね。普通の病院なら現地健康
保険を使えば格安です。でも無理して病院へ行っても点滴を受けるだけ
ですので、殆どの人は民間療法で自宅療養してます。

>手植えであんなに補修あるとしたら・・・
ずっと見ていた訳ではないので細かい事情は分からないのですが、もし
手撒きだと雨が降れば籾が流されて斑ができますし、端のほうから集中的に
タニシが食ったりもしますね。カラバウが寝ていたのかもしれませんw
No title
デンゲのワクチンって以前は無いって言ってましたが確か日本でデンゲが流行った時にワクチンを作ったとか言ってましたね。

 もしかしたらそのワクチンってメイドインジャパンだったりして?
 
 デンゲかかって入院したら10万円とか聞いた事とありますが日本でも接種受けられるなら渡航する方は要検討ですね!

 植え残し?日本では田植え機がミスしたところを手植えで補修するって感じですが田植え機で植えたんですか?
 手植えであんなに補修あるとしたら・・・
さすがフィリピンの農夫さんって感じですかね(笑)
No title

くろがねまにあさん

>中国製の蚊取り線香恐ろしいですね。
まぁ何が入っているかは不安ですがww口に入れるものではないので農薬並みに
気をつけて置けばよいかとw

>少女さんに幸あれと思うのは私だけでしょうか。
古着の在庫があるので1箱進呈しようかと思っています。





HOさん

>テンゲのワクチンは発症多発地帯の子供は学校単位で無償だそうです。
やはり子どもが言っていた話は本当だったようですね。

>先日フィリピン帰りの30代女性が帰国後テンゲを発症しお亡くなりになったそうです。
ブログを更新した後に拝見してビックリです。フィリピンの流行がただならぬ
レベルだと言う事が分かりますね。

>お元気でこの素晴らしいブログをお続け下さい。
素晴らしく見えるようでしたらデング対策と同時に眼科の受診もお勧めいたします(爆)
でも有難うございます♪



追伸です
テンゲのワクチンは発症多発地帯の子供は学校単位で無償だそうです。

先日フィリピン帰りの30代女性が帰国後テンゲを発症しお亡くなりになったそうです。

私も友人家族に受けさせようと思案中です。

青年さん油断大敵です。

お元気でこの素晴らしいブログをお続け下さい。

またロムに戻ります。

お邪魔しました。

デング熱
おそろしや……
中国製の蚊取り線香恐ろしいですね。
人間までどうかなってしまいそうです。

少女さんに幸あれと思うのは私だけでしょうか。
No title



dangさん

>バオマ探しに中華系の店行ってくる!
中華系の店は全部繋がってるので探せばあると思います。NOVOとかに行けば
絶対ありますけどね。

オフローション勿体無いですねw私も滅多な事がないと塗りません。リキッド
タイプは全く効きませんでした(でもブランドで違いがあるかも)

>ペットボトルの奴はなんだったんだろう。
アクセスを稼ぎが目的なんだと思います。それを転載しているサイトも殆どが
小遣い稼ぎ目的だと思います。

>北の方では患者が多すぎて間に合わないから自分ちのベッド持ち込んでるんだって。
いろんな型があるみたいですから、ごっちゃに感染しそうですねww

>蠅も大発生してるんだけどこれもエルニーニョの加減なのかなぁ。
あ、同じですww死んだネズミから沸いてるのかと思ったけど違いますね。
明らかに気候で繁殖してます。





HOさん

こんばんは、お疲れ様です。

>テング熱の予防が今シーズンからできるそうです。
1回1500P3~4回(1年かけて)で発病率が40%に軽減され、

実は先日、現地の子どもがデングの予防接種を受けたみたいな事を言っていたのです。
そんな注射がある訳がないじゃないかと聞き流しましたが、それを聞くと
もしかしたら役所が児童に接種をはじめた可能性がありますね。

狂犬病の暴露後接種は無料で打ってくれるので、もしかしたら先では一般人も
無料になる可能性もありますね。

こちらこそ、有益な情報を有難うございます♪





AKさん

こんばんはAKさん

>そうなんですね!青年さんも気を付けて下さい
有難うございます♪

ニュースを見ると日本も暑いようですね。もしかしたらフィリピンより暑いかも
知れないですね。外の仕事ですと大変ですね。スーパーで1.5リットルのアクエリアス
とかが安いですから、まとめて買っておいて冷凍して現場に持ってゆくといいですよ。

>まず何故ひとりなのか気になりました
この時間は普通なら学校へ行っている時間なので人は少ないのです。
動画を撮っていてこの子の寂しそうな目が印象的でした。






いっちっちさん

お久しぶりです。殆どインドネシア人化してらっしゃるんじゃないでしょかw

>スタッフすべてが感染したことがあるのに、悪運が強いのかわたしは罹ったことがありません。
日本人は蚊に敏感ですから小まめに追い払うだけでも違うのかも!?

>4種類くらいのデング熱があるようで
そうみたいですね。罹り方で重症になる事もあるみたいなので予防が一番ですね。

>こっちのいまの時期はデング熱より、狂犬病がコワイですねwww
犬は相手を見て襲ってくるらしいので、体が大きければ少し有利ですw以前予防接種に
行ったら患者の殆どが子供でビックリしましたw





世界の町へさん

>フィリピンの殺虫剤は信用できない(体に悪そう)から
フィリピンで売っている中華製のエアゾールは有効成分の量が少なすぎて
効きませんね。バイゴンはそこそこ効きますが、臭い上に日本より高いですよね。

>6月下旬までで去年の36%増の約5万7千人だそうです。
そうでしたか、やはり例年よりデング患者が多かったのですね。
都会は感染機会も多いと思うので気をつけて過ごされてください。





ダバオさん

>日本でもフィリピンから帰国した女性がデング熱が原因で亡くなったそうです。
ブログをアップした後にニュースで拝見しました。やはり流行していたようですね。

ダバオ方面も同様だと思いますので充分に気をつけて過ごされて下さい。




LPOTさん

>日本人女性がデング熱で亡くなったニュースを観ました。
私もニュースを見ました。これは氷山の一角ですね。

>オフローションは私の必需アイテムですwww
オフローション高すぎですwこっちに住んでいて毎日使ったら破綻しますww




ハンギンさん

>昨日(7/22)フィリピン帰りの30代女子が亡くなったニュースを見てヤバいw
夏に持って帰ると日本でも流行りますからねw注意しなければいけません。

>オフローションは何時も持ってますが今後は使用しないと・・・・・
デングは蚊に強い人ほど罹りやすいと思っています。防御を怠るので・・注意してくださいw

>考えに依ってはオマケ見たいな物だけど、写真から見る感じ結構な量に成りそうw
この子は学校に行ってないらしくてシワ寄せを受けちゃってるんですよね・・・

>デンゲのお土産は要らないからね(笑)
気を付けているのですが、今日二回も薮蚊に噛まれてしまいましたww


こんにちは

デンゲは今まで知識程度であまり気にして居ませんでしたが
昨日(7/22)フィリピン帰りの30代女子が亡くなったニュースを見てヤバいw

オフローションは何時も持ってますが今後は使用しないと・・・・・

>植え残し

考えに依ってはオマケ見たいな物だけど、写真から見る感じ結構な量に成りそうw

もうすぐ帰国ですね
デンゲのお土産は要らないからね(笑)
オフローション♪
新潟でフィリピンへの渡航歴がある日本人女性がデング熱で亡くなったニュースを観ました。

現地での感染予防対策を各自が行う必要がありますね。


オフローションは私の必需アイテムですwww
デング熱
私も外で動かないケースがある場合は蚊よけローションやスプレーをつけています.
日本でもフィリピンから帰国した女性がデング熱が原因で亡くなったそうです。
殺虫剤
フィリピンの殺虫剤は信用できない(体に悪そう)から、日本から持ってきています。
日本の殺虫剤は小さいですが、よく効きます。

まにら新聞上によると、6月下旬までで去年の36%増の約5万7千人だそうです。
病院代が高いから、注意しています。
おひさです
デング熱、乾季になって少し話題が減りましたが、ニュースにならない感染者がいたりしてます。スタッフすべてが感染したことがあるのに、悪運が強いのかわたしは罹ったことがありません。

かなり前にデング熱のことを調べたことがあるのですが、4種類くらいのデング熱があるようで、3回デング熱に罹った人がいます。流石に4回罹った人はいなかったようですよー。

こっちのいまの時期はデング熱より、狂犬病がコワイですねwww

今晩は青年さん
>デング熱が猛威を振るっている
そうなんですね!青年さんも気を付けて下さい
後熱中症にも、私にとっては熱中症の季節です
ここ数年で三回位なりました。マジで死ぬかと思いました〜

>ひとり寂しく田植えをする少女
まず何故ひとりなのか気になりました、他の子供は、大人は?何度かチラッとカメラの方を
見る少女の目が・・・
またまたお邪魔します
更新お疲れ様です。
青年さん未確認情報でコメントするのも申訳ありません。
ググりましたが、本筋の情報にたどり着くことができませんでした。

本題です。
テング熱の予防が今シーズンからできるそうです。
1回1500P3~4回(1年かけて)で発病率が40%に軽減され、
発病しても80%が軽度ですむそうです。

在住の方には朗報かと・・・

いつも楽しいブログをありがとうございます。
No title
バオマ探しに中華系の店行ってくる!
フィリピンのってあんまり効かないよねぇ。
四六時中オフローション塗るのは経済的じゃないしね。
リキッドタイプのはまだ試したことないんだけどどうなんだろう。
そうそう、ペットボトルの奴はなんだったんだろう。
大発明みたいに騒がれてたのに全く患者が減らないってことはやっぱりねw
北の方では患者が多すぎて間に合わないから自分ちのベッド持ち込んでるんだって。
刺されないように気を付けてても完璧には防げないからねぇ。
ウチはなんでか蠅も大発生してるんだけどこれもエルニーニョの加減なのかなぁ。
とにかくフィリピンは病原菌だらけだから気を付けないと、って言っても限度あるし病気は運次第ってことだね( ;∀;)

コメントの投稿

非公開コメント