スポンサーリンク

ちょっぴり危険なバシラン島♪でも素敵♪(まだ見ぬ西の果てで美女を探そう! 最終回)


バシランの異国情緒溢れる美しい景色を短時間で堪能し、長居は無用とさっさと次の船で
帰ろうとした丁度そのときだった・・・現地の情報を持つ女子大生が、「バシランに従兄弟の
ハトコの親戚の友人が見つかったんだけどどうする?」って事になったんよ。


1s-DSC04842.jpg
(港からバシラン市内を望む)


偶然行った場所で知り合いが見つかるってのも誠にインチキ臭い話だがww割とこうい技は
日ごろから使っていて、以前西の海の秘境を徘徊した時も土壇場で知人の知人を探った。
ラナオ湖でもそういう展開を望んでいたが、あそこは流石に無理だったw
フィリピン人同士のネットワークはウェブ網並みに発達しておりw、例えば30分後に秘境に
行くとしても割と高確率で人が見つかる。

なぜ、我々が事前にそういう準備をしないかだが、情報ってのは必ず拡がるものなので、
怪しい場所に行く時に予定なんて立てない方がいい。
別に無理に人と会わなくたっていいんだからww


だったら、リスクを冒してまで人の家に行く必要は全くないんだけどww、あのとき
極限まで腹が減っていて(レストランが無い) 豊富な魚介類を今すぐ焼いて食いたいっつー衝動が
抑えられなかった。


2s-DSC04701.jpg
(サメの刺身はモチモチして意外とうまい)


そういう訳で、今回は人づてに携帯番号を入手した顔も住所も性格も知らない人なのでww
怪しい場所で合うのは避け雰囲気悪かったら即効で港へ戻る気でいた。

当初なかなか相手に連絡が付かなくサンボアンガへ戻る為に船着場へ向かっていたが、着信を
見た相手から病院で会えると連絡が入ったのが船着場の窓口。そこからトライシクルでUターン
して街中の病院へ向かったのだった。


3s-DSC04674.jpg
(バシラン病院)

案内人はなぜか病院で治療を受けており(謎)点滴を受けている最中だった。

割と人の良さそうなオバサンだったので、船便を遅らせて寄らせてもらうことに。
(診察料を貸してくれとかは無かったですw)


4s-DSC04675.jpg



飯はサンボアンガに戻ってチョウキンで喰う予定でいたが、バシランで蟹とか海老を食って
帰りたい!

これは現地入りしてからの展開である。我々は案内人無し、現地情報無しの素腰で入島しており、
最初から知り合いが待っていたとかそういうのでは無いのである。





5s-DSC08871.jpg





しかし、ここからが死ぬほど大変だったw
寄らせて貰うとかそんな甘いもんじゃ済まなかったww

その人の家ってのが、バシラン島の内陸部のジャングルの中にありww隣人の家が実に
数キロ先というww想像を絶する(ちょっとオーバーw)秘境だったのであるw
(フィリピンのどんな田舎でも通常隣人の一人くらいはいるものww)

私は事前に下調べなど一切しなかったので、島の規模が分からずにいた。どうせ小さいだろうと鷹を
くくっていたが実は大きな島だった。


フィリピンで多くの方が経験していると思うが、フィリピン人が「近いから大丈夫、大丈夫」と言うので
行ってみると、実際は気が遠くなるほど遠い事ってあるでしょう?w あれに今回は引っかかったよww
 
戻りたくても戻れなくなってしまったw





6s-DSC08872.jpg
(坂の多いイザベラの街)





最初、見るからに怪しいバスに乗ったが、昔の洋画に出そうなメルヘンなバスで、
車掌の顔もなんだか異国的で面白かった。客も本土とは明らかに違う気がした。

内陸部の民族比率は原住民チャバカノ族とモスレムが半々か・・・

7s-DSC04828.jpg



それからトライシクルに乗り換え更に内陸部へw

8s-DSC04820.jpg



ここで降ろされた。着いたのか!?

9s-DSC04756.jpg



しかし、ここは終点ではなかった・・・

徒歩で延々歩く事になるww

s-DSC04760.jpg




野を超え

山を越え

12s-DSC04800.jpg




幾つもの畑を抜ける・・

14s-DSC04806.jpg




まだ歩くのかと来た事を心から後悔するww

13s-DSC04774.jpg
(私が置いて行かれているのが分かるでしょうか?爆)



もう途中まで来た段階で人生あきらめ掛けたw

15s-DSC04775.jpg



16s-DSC04778.jpg







スポンサーリンク




それから、犬の吠える声が聞こえ初めて、やっと民家が近づいたと分かる。

はぁはぁ・・・やっと着いたww飯が喰えるぅ!!w


17s-DSC04783.jpg
(表に停めてあった謎の荷車w)



よーし、山賊の家で本格的な山賊鍋を作るぞぉ!!!



と、思いながらふと目をやると、山小屋の階段で美少女が微笑んでるわけ!

18s-DSC08958a.jpg




道中が余りにも過酷だったのでww 山賊が出そうな山小屋&美少女という意外な組み合わせに驚いたww
(今改めて写真を見たら普通の子だがw)
それでタイトルにしようとw

19s-DSC08955a.jpg



な、なんという事でしょう!
この子は25歳で男性経験なし!彼死なし!
(まぁ股開いて見た訳じゃ無いから証拠は無いんだけどww)

でもね、この子が貞操を保ち続けていると確信を持ったのはさっきの道だよww
これじゃ簡単に彼氏を作るのは無理だ(爆)

隣人はジャングルですからw

20s-DSC08964a.jpg



この子をどうしようという話ではありません。単にあれだけ疲れてやっと辿り着いて、山賊に
襲われるシーンまでシュミレーションしていたのでww 最後の最後に山賊の館でお目見えした
美少女の意外性にハッとしたって事ですw


この子に会うのは二度と不可能w(行けネーシww)

21s-DSC08966a.jpg




オヤジさんは山賊っぽい赤ら顔の大男ww(まぁニッコリしてはいるがw)

23s-DSC08973.jpg




でも夜は安心だったしww フィリピン的に変な訪問客が尋ねて来る様な事も無かったね。
ただ、仮に何者かに襲撃されたとしても100年遺骨さえ見つからない様な場所なのでww
その辺の危険地区やスラム街なんかでは味わえない恐怖感があるww

でもまぁ、こういった恐怖感は最初だけで、どんな場所でも住んでいる内に感覚が麻痺して
極楽に思えて来るものだけども。

(ここから東に10キロ歩けば世にも美しい海岸があるそうだ。行かなかったが、爆)



そういう事で、一応終わりです。長々引っ張ってごめんなさいNe♪




s-DSC08972a.jpg








■ユーチューブ


記事の動画版ですけど、バスの隣の席でうつろな目線で女子を見る青年とか、バカみたいに遠い
道のりとか、山小屋の少女の動画も少し入ってますので是非見てください。


エロい流し目の青年、バシラン島エスニックバス、過酷なジャングルへの道のり

http://youtu.be/OFqvYA8LLGU







25s-DSC08891.jpg

これはバシラン探索中に見た崩壊した建物とミステリーなドアw








スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
roroさん、たとえ相手が車を持っているとしてもw知らない人に
頼んだら高くつきますよww
這ってゆくから面白いんですww
ちなみに勾配が酷くて牛かバイクじゃないと無理ですw
No title
真面目に書いたコメントが受け付けないので、デイラメのコメントで書いたら、受け付けた見たいで。車で迎えに来てもらわなかったのですか?
山の中の家にはとても見えないし、道も車が通れるようだし、お金持みたいだし。(笑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
パンタさん

いや~お褒め頂き嬉しいですwハンギンさんはあの動画をご覧になれないんですよねー(爆)

>あんなに綺麗な娘さんはいませんでした。(笑
色々徘徊されていますね!多分一般的な田舎のお嬢さんは高校生卒業するくらいで
男が目をつけていますのでw余り物に美味しい物は無いって感じです。

>来月はダバオに行くのでワニバーガーでも食べる予定ですがチャンスがあればサメの刺身もトライしてみます。(笑
私、日本でサメの刺身を喰っていますので抵抗は無いですw そういえばサメの事を日本の田舎ではワニと呼びますw
サメは体の身が腐りにくい性質があるので元々刺身には適しています。
そういえば以前ブナワン川の上流の秘境で本物のワニと泳ぎましたww



こんばんは!
青年さんの動画は面白いですね!
しかしど偉い山奥まで行ったもんですね!(笑
私もミンダナオ島のブトアンやマライバライの電気もない山奥に行った事がありますがあんなに綺麗な娘さんはいませんでした。(笑
ところでサメの刺身ってキニラウですか?まぁサメの種類にもよるんでしょうが日本で多くはすり身にしたり練り物にしたりというイメージでしたが結構いけるんですね!来月はダバオに行くのでワニバーガーでも食べる予定ですがチャンスがあればサメの刺身もトライしてみます。(笑
No title
元ライダーさん

いえいえ、全く気にしないで下さい(笑)
この様なフザけたブログ内容ですから(爆)身内とかに正体がバレたら恥ずかしいなとw

立派な事を書くブログなら大手を振って名前を書けるんでしょうけどねww
No title
 こんにちは。昨日書き込んだ後、なんてアホな質問をしたんだろうと反省しました。ここでプライベートなこと書き込めるわけ無いですよね!すいませんでしたm(--)m。このようなところは(掲示板)経験が浅く(年だけは取ってますが・・・)無知でした。反省してます。メールからお尋ねしたいと思います。
こんばんは


JJさん

>う~む、イスラム戦士には会えなかったのですね・・・
彼らはマーケットやトライシクルドライバー、時に農夫としてww我々が日常接する場所に普通の
オッサンとして生活しています。皆さんが知らないだけでJJさんの身近にもいると思いますよw(ホンマかw)

>この美少女の家では何をタビたんでしょう???興味津々!!
蟹を買って行ったのですが、現地に一切店が無いことが後でわかり、夜用に回すことにしました。
到着時はとりあえず有りあわせのおかずを頂いたのですが、出て来たのは彼らの朝食の食べ残しでした(爆)
失礼だと思ったので写真を撮ってませんが、魚が入ってないのに生臭いスープをほんの少しの
ご飯に混ぜて喉に流し込みましたw 後で、隠し持っていたプリングルスのポテトチップスを隠れて食いましたww









元ライダーさん

>もはや旅行などといえませんよね!まさに冒険ですね!
行って見ると普通に平和に生活している方が大多数です。確かに山の中とかに行けば危ない
場所も多いですがw、都会だって行動を誤れば強盗に遭ったり毒を盛られる事もあるんですからw
私が見ればどっちもどっちですねw

>ジャングルに一泊されたご様子ですが電気とかはあったんでしょうか?
全て無いですね。困ったのは水を汲むだけで1時間30分も掛かるので、手を洗うにも気を使う始末で、
私のシャワー用に割り当てられた水が、ポリバケツ僅か半分の水でしたww
 
>まさか電話したら待っててくれるなんて事はないですよね?
1億パーセントないですww 赤い泥道まで歩いて帰り、そこで行きずりのバイクを待って乗せて貰って
バスの通る道まで這ってゆき、レトロなバスに乗って帰りましたよw
(もっと酷い所はミンダナオに幾らでもあります)

>青年さん帰国されるんですか?どちらのご出身なんでしょうか?
ブログを多数の方がご覧になっている関係上、(全てが好意的な方ではないですのでww)
居住地を書き難いのでメールなどで質問いただくと嬉しいです♪




探検?
 もはや旅行などといえませんよね!まさに冒険ですね!青年さん探検家ですよ(笑)
 あんなスリル味わったら病み付きになるんでしょうね?表現が適切ではないかもですが、激辛料理と一緒で、その時はヒーヒー言いますが次はより辛いものにチャレンジしたくなりますよね。と言いながら私はカレーの辛口は食べれません友達が言ってました(汗)。
 ジャングルに一泊されたご様子ですが電気とかはあったんでしょうか?またトライシクを下りられた場所は何にも無いところのように見受けましたが、帰りはどうされたんでしょうか?トライシクル乗り場があるとは思えませんし、まさか電話したら待っててくれるなんて事はないですよね?そう言えば携帯圏外だってありましたしね。

 青年さん帰国されるんですか?どちらのご出身なんでしょうか?
モロイスラム戦線・・・
う~む、イスラム戦士には会えなかったのですね・・・

ひょっとしたら、美少女のお父さんが戦士だったりして!!!!?

貧乏青年一行を拉致しても、オカニにならないから何もしなかったのかも・・・???

この美少女の家では何をタビたんでしょう???興味津々!!
こんばんは


おやじさん

>従兄弟のハトコの親戚の友人が見つかった
 ↑これは嘘っぽいですがw本当ですww






軽うつさん

>「従兄弟のハトコの親戚の友人」...これって赤の他人ですよね?
赤の他人ですwwこちらが外国人という事は黙っていましたので、相手の家に行くまで
日本人という事はバレませんでしたw 時間の経過とともに日本人がやってきたと
ザワつき始めたので、ここが潮時だとさっさと帰りましたww

>で、結局ウマい飯にはありつけたのでしょうか???
見慣れぬ蟹を買って行って焼いて食べましたよ♪

>心を慰め、労をねぎらうことはできましたか~
みんな良いネタ作りになったと思います。女の子たちは現地話が尽きませんww

>この(命がけの)連載物、楽しませていただきました。
喜んでいただき嬉しいですぅ♪








atsubooさん

>父親似の秘境の美女、いいですねぇ。
いいでしょう?結婚適齢期の美少女なんて滅多にお目に掛かれませんからね(爆)

>道にわだちを見かけたので、車も持っているのでしょうか。
車は持っていませんwあのわだちは牛の荷車で出来るんですよw
家の作りが良かったので山賊で儲けたのかもしれません(冗談ですww)

>青年さんの「ココに住むか?」というフレーズが無かったのが気がかりですがw
あはは!!そのフレーズを思い出す余裕は無かったですねww

>最後のミステリーなドアは、階段を鉄クズとして売っちゃったって感じでしょうかね。
中は崩落していて火事かなにかで壊れたようでした。もしかしたら戦闘の跡かも!?








ハンギンさん

>トライは奥までは無理でした?
あれは無理ですねww随所に泥の起伏があるので難しいでしょうww

>苦労した分美女が3倍は魅力的に映ったでしょう...(笑)
でも家に戻って写真を見たら感動が3分の1に(爆)

>以前まったく知らない日本に居る女子から着信が入り話を聞くと比の山奥から回り回って伝言が・・・・
知らない人脈を探ってゆくパターンはハンギンさんみたいなベテランだと経験があるでしょうねww

>あっ、カラバウ1頭分置いて3倍美女を農園に持ち帰りと云う手も有った?(爆)
う~ん・・・猫一匹くらいなら考えてもいいですけどww今から農園ガールにしようって感じじゃないですねww








Aチャントロさん

お久しぶりです♪
生活には慣れましたか?

>セブで会ったイギリス人に『外国人は絶対に一人で行くな!誘拐されたら周りに迷惑が掛かる』と真顔で言われ、中止しました。
その通りです。一歩間違えば政府や同胞に迷惑が及ぶ場合もあるので、いかにも旅行者な
方は行くべきではありません。イギリス人などはひと目で白人と判りますからとても目立ちます。
モスレムの同行者を付けて顔に靴墨を塗って乞食っぽい衣装を着てゆけば誰も近寄りませんww

>また時間が有ったら話し聞かせてくださいNe♪
近日帰国予定があるので、戻ってきたらマグロでも喰いましょう♪







Mさん

>笑いましたよ 
音楽の編集やミキシングにわりかし苦労してるんですよww

>何見てもおマンタに見えてしまう年頃ですからww
さむさんとも話してたんですけどwバスで隣の美少女の胸元をガン見していたとww
私も混んだバスで横の子に胸にしらじらしく腕を寄せた事もありますし(爆)
あの青年がチラ見したくらいで怒ったりはしませんww

>でも 赤ら顔のオヤジさんかなりの資産家だとお見受けします
仕事を聞いたのですが、答えないんです!!(爆)







Yamachangさん

>車を降りてからの距離がどの程度あったのかは分かりませんが、そこに定住すべき開拓した人は素晴らしいですね。
ご先祖がどうやってあそこに辿り着いたんでしょうねwwなぜ一軒家なのか訪ねると、
土地が大きいんだから家と家が離れるみたいな事を言っていましたが、本土なら瞬く間に
親族の家が乱立しそうですが、あそこは人が寄ってきませんね。

日本は最近まで住所も戸籍も持たない「サンカ」と呼ばれる山岳民がいて、完全自給で
山の中に暮らしていたそうです。今でもどこかにいるとの噂はありまして、山の幸を
街に売りに来たりもするそうですよ。格好は乞食同然なので乞食と見間違える事もあるそうです。

>まさか日本の軍人さんの子孫では…(笑
それは謎ですが、突然の訪問客が日本人だと知ってとても感激していましたw








ポポさん

フィリピン旅行に行かれたのかと思っていましたww
行く時はお声掛けくださいねwwオコメ券差し上げますのでww

>ガイドブックには載らない場所ばかりで新鮮で楽しく拝見させていただきました(._.)
マスコミには出て来るけれどもガイドブックには載らないってヤツですねw

>青年さんが映っているのかと思いました(爆) 
ははは、私は最後にカメラを持って喜びを表現していますw

>こんな美少女がいて、怪我、病気のリスクがゼロなら
リスクがゼロな場所は無いですねww街中だから治安は大丈夫だと思っても
薮蚊が多くてデング熱で死んだりしますからw割とスリリングですフィリピンはw

>あ、ニンジャ乗ってますか~?
ずっと乗ってなかったんですけどwwやっと乗りましたwwギアの変え方から
復習していますよ(ホンマかww)





お久しぶりです
こんにちは。お久しぶりです。
PC不調や回線工事で暫くネット環境から遠ざかってましたwww
随分と遠くまで行きましたね。ガイドブックには載らない場所ばかりで新鮮で楽しく拝見させていただきました(._.)

エロい流し目の青年のタイトルに、青年さんが映っているのかと思いました(爆) でも原住民の青年だったのですねwww

山小屋の美少女ポッチャリ系で可愛いです。こんな美少女がいて、怪我、病気のリスクがゼロなら、ジャングルでの生活もいいかなと思います。 ニンジャには乗れませんが・・・
あ、ニンジャ乗ってますか~?

もしかしたらユートピアなのかも
お早うございます。

車を降りてからの距離がどの程度あったのかは分かりませんが、そこに定住すべき開拓した人は素晴らしいですね。世界の『未開の地』のドキュメントが好きでテレビでよく見ますがそれに匹敵する内容です。
電気や水道などのインフラがどうなってるのかは存じませんが、近隣もなく一軒家だと言うのも驚きです。
我が信州も昔開拓した場所で今は廃村になった部落もありますが、そこで日々生活してる人々がいるのが不思議です。文化生活に慣れてしまうと病院や食料品や衣料品の買い出しも不自由さを感じてしまいます。
家長のお父さんはお写真ではお顔が日系に見えます。まさか日本の軍人さんの子孫では…(笑
美人の娘さん、誰の手に落ちるのでしょう…(微笑

疑似体験できました。有難うございました。
今回は
笑いましたよ 

日記にもユーチューブにもww

エロイ流し目の少年・・いいじゃないですか許してやってください
何見てもおマンタに見えてしまう年頃ですからww
きっと 農園ガールが都会的な垢抜けたシテ―ガールに見えたんだと思いますよ!!w

でも 赤ら顔のオヤジさんかなりの資産家だとお見受けします
フィリピン 人里離れて暮らす金持ちって意外に多いですよね(ホンマか?!

お疲れさん!
す、すごい旅でしたね♪
青年さん、お久し振りです。
スゴイ旅をされましたね!!
凄いとしか言いようがありません。

サンボアンガはワタシ、昨年の12月に訪れる予定だったんですが、セブで会ったイギリス人に『外国人は絶対に一人で行くな!誘拐されたら周りに迷惑が掛かる』と真顔で言われ、中止しました。

ここまで他の都市とは特異な雰囲気だったとは。。。

ましてや危険な離島まで・・・

また時間が有ったら話し聞かせてくださいNe♪
こんばんは

バシラン島の山奥までですかぁ
トライは奥までは無理でした?

苦労した分美女が3倍は魅力的に映ったでしょう...(笑)

それにしてもピナちゃんネットワークは凄いですね

以前まったく知らない日本に居る女子から着信が入り話を聞くと比の山奥から回り回って伝言が・・・・

8月に今回の遠征を参考にバシランよりもう少し手前のサンタクルス島辺りで泳ぐプラン..ww

あっ、カラバウ1頭分置いて3倍美女を農園に持ち帰りと云う手も有った?(爆)
No title
父親似の秘境の美女、いいですねぇ。

手入れのされた綺麗な家に住んでいますね。
道にわだちを見かけたので、車も持っているのでしょうか。
結構、裕福な家庭なのかなぁ、とお見受けしました。
青年さんの「ココに住むか?」というフレーズが無かったのが気がかりですがw

最後のミステリーなドアは、階段を鉄クズとして売っちゃったって感じでしょうかね。
No title
「従兄弟のハトコの親戚の友人」...これって赤の他人ですよね?
しかも超山奥!、こんなところに放り出されたら本当に人生終わる確信あります。
そんな中で美女(最終回にしてやっと?登場)に巡り会えば感動ひとしおで、数倍綺麗に見えてしまいそう。(普通に綺麗だと思いますけどね)

で、結局ウマい飯にはありつけたのでしょうか???

あれ、これって農園の慰安旅行でしたよね?
心を慰め、労をねぎらうことはできましたか~

この(命がけの)連載物、楽しませていただきました。
お疲れ様でした。 

最高だね
誰かの親戚?
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント