スポンサーリンク

水路を掘る神々に感謝のオコメを捧げましょう


ちょ、ちょっとこれを見てくれ~~い!!


1s-DSC06954.jpg



たった3人の農夫さんがたったの3日でここまで掘り上げた!


どこかの神話みたいだよww

マジでビックリ!



これがbeforeね。

2s-DSC01292.jpg




フィリピンの農夫さんの底力をマジで見た気がする。

彼らに任せっきりで監督もいなかったのに凄いと思う。
申し訳ないが私は10日位掛けてトロトロ時間潰す可能性もあると考えていたからね。

だが、全然そんな事はなかった。


肝心の日当の詳細は想像していただきたいが、向こうの言い値で現地の1.5倍の高値を
払った。その時は正直考え込んでしまったが、こんなものケチって金浮かせたって、
どうせレストランで無駄な食事に消えるだけなんだからと思って奮発したのだった。
(ホントにそうだから)


しかし、リターンはご覧の通り凄かった・・



当初使う予定だったユンボの仕事量を知らないので何とも言えないが、コスト的にも
ユンボより安上がりになったんじゃないかな。
だってユンボは1時間1800ペソ?だったか2800ペソ?だったかな?とか馬鹿な事
言ってたし。寝言は寝て言えと言いたくなったよ。



しかし、まぁ水田の農作業もそうだけど、人力ってのは決して馬鹿に出来ないのだ・・・


って訳で、関わった農夫さんには即効でオコメ券を進呈ww





3s-DSC06955.jpg






スポンサーリンク


■今日のオヤツ


モスレム村から貰って来た謎の餅。
まぁ、似たような物は多いんだけど・・・


4s-DSC06950.jpg



これが、劇的に美味いのでww5つペロリと平らげたら、まもなく動悸と血糖値の上昇感が
始まったww(マジ)

「こ、これ、何使ってるの?」って聞いたら、大量の油と大量の砂糖で練ったんだってww
やっぱりなww胃へのガッツリ感が凄いもんな、これは・・

貧しい人が日ごろ摂取できないカロリーを摂取するために作ったみたいなオヤツだ。



日ごろカロリー採ってる人間は、味見以上の冒険しちゃ駄目だ。

マーガリンを1パック全部食ったような感じで胃がもたれてる。おまけに下痢気味(爆)
(食う前に気づけよって感じだがwまぁいいw)








■鉄線籠(かご)の設置の準備をはじめたり


車に積めるだけ積んで網を持ってきたが、こんなに運び難い物は無い。

スプリングみたいな物体だから、ワイヤーで結んでも伸縮してすぐに緩んじゃうし
悪路で揺れて危なくて仕方ないww
(山ほど積むから悪いのだがw)

ロープを3本も使って途中で何度も縛り直しながら持って来たけど、こんなんだと残りは現地で
作った方が良さそうだな・・・


ってか、テスト的に設置してみたら籠が団子状になって全然まとまらず、キリがないほど
籠が必要になる事がわかった。
どうしようって感じw

それか、どうせ型崩れするのなら、無理にサイコロ形状こだわる意味は無い訳だから電車みたいに
細長~い長方形の籠を作って二階建てや三階建てにすれば仕切りが無い分大幅なコストダウンになるよなとか
考えてみたり。


それなら工期も短くて済むよな。これは我ながら良い考えww

そうしよう!そうしよう!
 


5s-DSC06952.jpg




いや~それにしても掘るって作業はすごく体力を使う。籠を安定させるためにちょろっと
下地を掘っただけなのだが、もう死にそうw

きつくて写真を撮る気力も無かったww


神々はどうやってたった3日でこの水路を掘ったのか!?
魔術で病気が治る国だから、私が見てない時に得意の魔術を使ったのかw


それは冗談として勉強の為に実際の作業を見ておく必要はあるよな。



6s-DSC06957.jpg






やれやれ、色々水関係で大変だが、昔の日本もこんな感じで農地を作っていったんだろうと思うよ。
多分、山と海が近い日本の土地ってのは苦労が多かったと思う。

水田なんて水が命だから、川とか山の堤からどうやって水を引くか考えてコツコツ人力で作ったのである。
いんちき農園の排水路と水田の用水路じゃ用途が違うがw まぁ、畑にとって水は敵でも見方でも
あるって感じか。


うちの田舎の近所に高齢のおじいさんがいて、一人で段々畑に米を植えている光景を
目にしたものである。あぁ今年も田植えが始まったんだなぁと通りがかるたびに思っていたが、
この前日本へ帰ったら休耕田になっていた。おじいさんが現在どうしているのかは知らないが、
この水田はおじいさんが終戦後に物凄い苦労をして一人でこしらえた水田だと聞いた。

当時若かったおじいさんは山だった僻地をスコップ一つで開拓し、堤から水を引く水路も全て
自分で作ったらしい。その水路はなんと隣の山の堤から延々と引かれている凄いものだった・・・

祖先の代からず~っと続く日本の水田はこうした先人達の苦労の結晶だ。



人力に勝る重機なし(ホンマかw)






7s-DSC06958.jpg


う~、私一人で出来るのはここまでだ(爆)







■今日の農園ガ~ル


農家の玄関編

8s-DSC06963.jpg





9s-DSC06975.jpg






草葉の影から私を見ていた神の娘もついでに一枚w


10s-DSC06971.jpg




スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

Re: No title
KANさん

>どうして判ったのかなぁ~。
だっていかにも言いそうでしょう(爆) しかし、竹は馬鹿に出来ませんよね。

耐用年数ですが、薬品を塗れば持つと思うのですが、枯れた竹は数日で
穴蜂が巣を作り始めます。なかなか鬱陶しいヤツです。

しかし、もう、うちには竹が無いんですwwうちでも多用したんですけど、知らない内に
近所に毟られちゃって、おまけに竹の子も喰われてしまってww

>そうだ、水路の中央に竹や木の枝で作った暗渠もいいかも。
「溝渠」が読めなかったので調べてみましたw
いやいや、今は序の口で、河川の本工事がこの後に待っていますのでwwそちらでは必要に
なるかもしれません。とても勉強になりましたm(_ _)m

小さい石了解です♪


Re: 根切り(掘削)
おやじさん

>設備屋の世界では人力掘削は2リューベで一人前と言われています
マジですかww私は少なくとも1万%無理ですねw例えば翌日も同じ事をせよと
言われたら体が動きませんw

山で鉄塔の穴掘りして脱腸になった知人がいますw

Re: No title
非公開コメント様

コメント有難う御座います。
ブログの左下方に「管理人メール」という欄が御座いますので、まずは
そちらをご訪問下さいますようお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
根切り(掘削)
の歩掛りまで話題になるのはマニアックだねぇ

設備屋の世界では人力掘削は2リューベで一人前と言われています、冬でもランニングで汗びっしょりになる仕事量です。
もちろん柔らかいところです。

1mX1mX2mって凄い土の量ですよ!
No title
< ・・・竹で補強しろとか・・・

 どうして判ったのかなぁ~。(笑)
実はこれを書こうかと思ったのですがそちらの微生物の成分分解能力は強烈ですので杭の耐用年数が無いかも知れないと考えて止めました。

昔の日本では河岸補強に杭を打ち、それを縫うように交互に竹を這わせていました。
耐用年数も結構な物で後年擁壁の工事で掘り返しても当時の状態を保っていました。
あ、蛇籠って昔は竹を編んで作っていましたよ。

> 小さい石

あまり小さいと出水時に土ごと持って行かれますヨ。
そうだ、水路の中央に竹や木の枝で作った暗渠もいいかも。
でも写真を見る限り随時流れがあるわけではなさそうなので必要ないですね。m(_ _)m

No title

昌益さん、コメント有難う御座います♪

そうですか!有難うございます。私は全然仕事量の目安を知りませんでした。
掘った規模を見て漠然と仕事をしている様に感じただけです。

水路の断面ですが、写真で見ると大きく見えますが、最初に小さい水路がありましたから
それを差し引くと断面積は実質1平方メートル位でしょうか・・・それを約80m
掘っていましたから80立方メートルでしょうか。
それだと一人当たり27立方メートル一日辺り約9立方メートルになりますね。
とても良く頑張ったと言えそうですね(笑)






Mさん

>ド方話になると皆さん饒舌ですねーww(ウソw
結構、関わった人って多いと思うのです。きつい仕事だから脳に焼き付いてるんでしょうねw

>河の護岸工事かと思いましたが水路の建設だったのですね!
これが終わったら本命の河の護岸工事なんですww

>日本人以上に拘ったり、上回る能力を発揮したり・・・
ってか、ここの農夫さんを街で働かせてもホームレスになるだけでしょうねww適所だと言えそうです。

>今度は妊婦さんの穴掘り動画撮ってNee-2
ビックリしたww一瞬どういうAVなのかと思いましたよ(爆)






KANさん

KANさんだから竹で補強しろとかおっしゃるかとwww

>大まかでもネットの中に積み上げるようにすれば綺麗に仕上がると思います。
私が試しに乱雑に放り込んでみると、全て型崩れしました。少しベテランの農夫さんは
石を綺麗に積み上げろといいます。私はそんな面倒な事ができるか!?とか思いましたがww
確かにその方が良さそうですね。補強の針金も入れましょう。確かに公共工事のほうは
入っていました。

>底の土がえぐられて蛇籠を崩しますよ。
了解です。石を集めてもらったら網の目を通るような小さい石も拾って来てしまったので、
それを再利用することにします。

No title
フィリピンの建設労働者(農民)は今の日本人よりも勤勉です。
人力掘削の歩掛りは土質によって異なります。
私が高校生時代(50年前)に体験した土方の監督は1日10㎥を掘ったら一人前だと言っていました。
掘削した土の量(体積)を人数と日数で割れば歩掛りが分かります。
5㎥/人日を超えていたら評価できるのでは、と思います。
いや~
ド方話になると皆さん饒舌ですねーww(ウソw

河の護岸工事かと思いましたが水路の建設だったのですね!

フィリピン人付き合えば付き合うほど解らないですよね日本人以上に拘ったり、上回る能力を発揮したり・・・特に芸術的センスはかなりのものだと思っていますが如何せん教育環境が整っていないのかなーって思う。

今度は妊婦さんの穴掘り動画撮ってNee-2
蛇腹
平積みの蛇籠は小さな自然石を積み上げ、容易に崩れないようネットで固定した簡易石垣と考えた方が良さそうです。
ネットの中に無造作に石を放り込むと勝手に動き、蛇が蛙を飲んだようになる。
大まかでもネットの中に積み上げるようにすれば綺麗に仕上がると思います。
あと、所々補強で縦に蛇腹筋(針金?)を入れる。勿論横方向にも入れば完璧。
水路の土質は柔らかそうですので水路の底に石を敷き詰めた後設置する方が良さそうです。
底の土がえぐられて蛇籠を崩しますよ。
 
No title

おやじさん

人海戦術は馬鹿に出来ませんね。(と言っても3人ですがww)
近所の人の話だと5時には仕事を始めて夕方まで掘っていたようです。

完全な治水になればいいんですけどねぇ、あぁすればこうなり、そうすればああなりそうな気がして・・
そうするうちに網が錆びて再工事って感じでしょうかww







JJさん

JJさんも土方をやった事があるのですか、凄く掘りましたね!意外と現代でも手掘りの
需要はあって日本中の山に建つ携帯のアンテナなんて殆ど手作業で掘られています。
私も道路工事のバイトをした事がありますが、「オマエはもういいから掃除でもやっとけ!」
って言われましたww慣れた人はスコップの上で土が華麗に踊るんですよねww

ホント土壌の状態で難易度は異なって来るのでしょう。うちの畑が崩れやすいという事は
掘り易いとも言えます。







Yamachangさん

>雨水も豪雨となれば伊豆大島のような災害を生みます。
う~伊豆大島の災害を今まで知りませんでした。目の前に起こる事意外殆ど情報に
触れませんから、ネットも遅いし・・

>小学生や都会からの支援者によって田植えと収穫時期に賑わいを見せてます・・・(笑
いい事ですよね♪もっと行政が後押しして日本中の水田を守って欲しいと思います。

>頼れるのはやっぱり農夫さんですね・・・(微笑
いやー参りましたw安易にユンボを借りなくて良かったです。働く人がいなくなって考えますw









LPOTさん

>開墾方法を聞いたことがありますがとても過酷なことだったとの事でした。
全ての水田に歴史がありますよね。現代の我々に同じことは出来そうにないですww

それを考えるとフィリピン人のほうが忍耐強いかもw








ハンギンさん

写真にちょこっと写ってますけどw 旧水路の横をハンギンさんが意味有り気に歩いたから
早く作業した可能性も!?w(もしかして畑を売りに出すのか!?なんて思ってたりしてw)

>のし餅見たいに成って重ねればお互い馴染んで崩れ無いかと・・・
そうかもしれませんね。ブロックだと一個一個連結する必要もありかなり面倒です・・・

>見た目スーマン?
はい、フィリピン駄菓子屋にあるヤツにそっくりですが、食べたらキツかったです~w
ココナッツのヤツは日本人の口にも合いそうですね♪

>先日お邪魔した時、懐かしい遊びをしてましたね・・
私がいつもカメラの被写体を探している事をよく知っているので、私たちが
行けば必ず半径10m以内で遊び始めますwwあれはハンギンさんに遊びを
見せてくれていたのですww
人海戦術
正解でしたね!

いがいと働き者の男たちが良い仕事するね。

治水までやったらミンダナオ版山田長政になれるne
ヤマ次第
私が学生時代、それも二十歳前後、土方のアルバイトをやった事があります。東京都のある街に、街路灯を建てる為の穴を掘る作業です。畳1枚分の広さで2m掘る作業です。隣の穴は友達が掘ってましたが、なかなか掘り進めない・・・、私の所はサクサク惚れて2時間ほどで掘ってしまいました。
ところが友達の所は石や小岩が多く、掘り終わるまでに困難を極めていました。当時は現場をヤマと呼んでました。つまりヤマ次第です、掘削工事は・・・・。
力仕事
治水は日本の先人達も苦労されたみたいですね。
ご存知かと思いますが雨水も豪雨となれば伊豆大島のような災害を生みます。
私の住む長野県の田舎では嘗ては棚田が多くありましたが棚田のある地域は少子化と老齢化で限界集落になりつつあります。今では小学生や都会からの支援者によって田植えと収穫時期に賑わいを見せてます・・・(笑

兎に角石の土嚢作りご苦労様です。
頼れるのはやっぱり農夫さんですね・・・(微笑
No title
赤城山の麓に広がる広大な開墾地がありますがそこを開拓した方々(現在8~90代)に開墾方法を聞いたことがありますがとても過酷なことだったとの事でした。
No title
こんばんは

いよいよ水路に挑戦ですね
>3人で3日....
凄い・・見事な水路、1.5倍の日当も無駄には成らないw
籠は長方形の方が、のし餅見たいに成って重ねればお互い馴染んで崩れ無いかと・・・

>モスレム村から貰って来た謎の餅。
まぁ、似たような物は多いんだけど・・・

見た目スーマン?

ココナツを練り込み焼いたのも美味いです...

>農園ガール
先日お邪魔した時、懐かしい遊びをしてましたね・・
地面にマスを書いて...
チョンチョンパ・・(笑)

コメントの投稿

非公開コメント