スポンサーリンク

日本は寒いね

以前から原因不明でタイヤの空気がちょこちょこ抜ける症状に悩んでいた。
チューブレスタイヤのバルブの空気漏れである。

日本で修理したら、なんと2500円w


これを日本へ戻ったら真っ先に直そうと思い、実はフィリピンでバルブだけ購入
してきたのである。値段は僅か30ペソww


s-DSC00100.jpg



問題は取り付けw

通常は機械を使ってタイヤを外してバルブを取り付ける訳だがw、それを
何とか自分で交換できないかと、帰りの飛行機で考えながら戻って来た。



考えついたのはこれw

車のタイヤで問題のタイヤの周りを踏み潰して、リムからタイヤを強引に外す(爆)


s-DSC00094.jpg



そして、汚い足で踏んで古いバルブをカッターで削ぎ取りww

一瞬の隙を見て新しいバルブを挿入してペンチで引っ張る(爆)


s-DSC00096.jpg



後は、自転車用の空気入れでシャコシャコシャコ・・・

s-DSC00098_20130412165216.jpg



これで直った!30ペソでww
全く問題なし。




コツは、タイヤを踏み潰すときに360度満遍なく踏みつける事だよ。
車を前後に往復するなどして、タイヤを回転させながら10回くらい
踏みつければポコンと外れる。
それから、手押しポンプの力だけでは圧力が低くてエアが入らない事もあるが、
そういう時は隙間を洗剤で濡らす等すれば気密を保ったまま比較的容易に注入できる。

どうしても注入できないようなら、セルフのスタンドに持って行って空気だけ入れれば良い。

普通車までなら応用出来そうな気がする。

あと、通常のパンク修理キットもフィリピンで僅か75ペソで売っていたので
買ってきてダッシュボードに納めてる。この直し方は簡単なので説明しないw


後から補足
一般的なバルブ修理は、バルブに唾などを付けて漏れを判定し、中の芯だけを交換すれば済みます。
私の場合、バルブの接合部の劣化(普段あまりない)でしたので、こんなヘンテコな事やってます。
同様の症状だからといって速まって真似しないでくださいね。
バルブの空気漏れが疑われる場合は、まず、バルブ注入口に唾か石鹸水を付て、空気の漏れが確認できれば
バルブの中の芯のみを交換して様子を見てくださいね。






しかし、ホントに腐ってるな、この車はww

ブレーキの真空倍力装置が効かないのである。
女、子どもでもブレーキ踏めば車が止まるのはこの装置のおかげである。
この装置が働かないとブレーキが禿しく重くなる。

以前、フィリピンで乗ってたトラックがずっと同様の症状だったので慣れてはいるが・・w
このままじゃまずいだろうなw・・ここは日本だからw

s-DSC00091.jpg



問題箇所周辺のチェックを試みたが、倍力装置以前の箇所に問題があるようだ。
もう触りたくないw諦めて元に戻そうww寒いw

外科医がどうしようもなく進行した癌を見て、諦めて縫合する様な心境だw
意味不明だがw・・


s-DSC00092a.jpg


そうそう、オイルキャップが無いでしょう?

オイルを購入したホームセンターの駐車場でオイル補充していて、
キャップを隣の軽トラの荷台に置き忘れた(爆)

変わりに浴槽用のゴム栓で蓋してるw

もうマジで本当に死ぬほど馬鹿。







スポンサーリンク




■未公開農園ガ~ルシリーズ


s-DSC08019.jpg


この前、川から流れて来た子の姉らしい。

クリスマスにタンバリンを持ってやって来た子w
一部の方は覚えているかも!?チップが良かったのか(爆)あれから
仕事を手伝わせて下さいと来る(笑)

「金を貸せ」じゃなくて「仕事をさせて!」って来るので神!



今日の手伝いは土運び。

同年代の通行人の目を気にしながらスコップで土を掘る。・・

s-aDSC08215.jpg



がんばれがんばれ!

s-aDSC08214.jpg



ここに豆を植えたいので土を持って来て貰ったの。
(ただの泥遊びよw)

s-aDSC08226.jpg



はい、ご苦労様!コーラ飲んでお菓子食べてね♪

s-aDSC08210.jpg



「庭に生えてる薬草を下さい」って言うのであげた。どーぞどーぞ!
根っこからお好きに抜いて持って行って。

これが何の薬草なのかは謎。


s-aDSC08171.jpg




以上、帰国前日の農園ガールでした。





ブログの更新情報は流していませんw
気が付いた方だけご覧下さい的なステルスバージョンですw

以上


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)