スポンサーリンク

戦闘準備をしたり謎の日本式ホテルを見たり


今日は久しぶりに北の水田へ向かったのだった。

目的は複数あるが、まず一件はウチの水田の様子見。もう一件はmadrikakaw(マデリカカオ)
の木を大量に入手する事だった。

madrikakawは樹木の一種で、非常に生命力が強く、刺し木で簡単に増えるので、よく土地の境界線や
庭のフェンス代わりに植えられている。

瞬く間に生え揃って、人や動物の侵入を困難にする。

ただ、良く増えるってのは諸刃の刃でw手入れを怠れば剪定に膨大な手間を要すw


s-DSC07653.jpg



これをどうするか。読者様ならお分かりだと思うが、うちの地上の椰子農園の周辺に片っ端から植えるw
有刺鉄線とマデリカカオのダブルの効果で害獣が侵入不可能な要塞を築くw

マデリカカオじゃなく、更に再生力の強いブヨブヨの木が良いのではないかと農夫さんに提案されたが、
ブヨブヨとワタシは永久のライバルであり、安易に見方にする訳にはいかないw
(山の畑はブヨブヨの木の繁殖で悩んでいるw)


s-DSC07655.jpg



最近、動物の侵入と戦うのがライフワークになりつつあるw 被害の金額はたかが知れているのだが、
椰子の苗はおろか、植えたばかりのコーヒーの苗まで半壊にされたので戦わない訳には行かないw
これは野獣からの戦線布告と見るべきだろうw  (ずっと以前からそうだがw)

という訳でw 我がいんちき農園の総力を結集して、不法に居座り続ける害獣と戦い、
美しいノーエンを取り戻すw


椰子畑には、既に数人の諜報部隊が旅立った・・・
戦況については、当いんちき農民放送局が、逐一偏向放送してゆく予定であるw
つづく



北の水田もそんなに遠くないうちに収穫だ。

この辺は10a/400kg越すんじゃないかな。


s-DSC07663.jpg






スポンサーリンク


■謎の日本式ホテル



ドコカノ町に和風旅館や謎の高級レストランがある。
どこの誰が作ったのか知らないがw 都会ならともかく、この田舎で日本式の旅館を作ってみようとする
試みが凄いw


s-DSC06664.jpg


ってか、ただ今絶好調?のK国文化に掻き消されそうなフィリピンの中の日本文化w 例えインチキで
あっても日本の象徴っぽいものがあるってのは何気にうれしい。



門を入ったらこんな感じ。
ほ~

s-DSC06665.jpg



昭和時代はこういうフェンスが付いた長屋をよく見掛けたよね。椰子は生えてなかったと思うが(爆)

s-DSC06667.jpg




謎のホールは南国風な入母屋作りw
表の灯篭はなかなか本物っぽい。いや、本物か?w

s-DSC06662.jpg




何に使うのか分からない施設が多くある。


s-DSC06671.jpg




寂しすぎる体育館があるw

s-DSC06652a.jpg





静か過ぎる公園もある。

s-DSC06674.jpg




併設されているレストラン。

非常に小奇麗な洋風なレストラン。メニューは多くて清潔感あり。

s-DSC06622.jpg




美味しいのは美味しいのだが、全体的に味付けは濃いね。

店員の姉ちゃんお勧めの鶏肉を頼んだが、油で揚げて濃い味付けをした鶏肉に、更に100ccくらいの
油を掛けた物だった。仕上げに煮立った油を掛けたのだろうが老体にはキツかったw
大体そういう路線のメニューが多いので、カロリーを気にせずにガッツリ喰いたいファミリー向けだね。

ランチメニューや軽食やドリンク類はお勧めだ。



s-DSC06621a.jpg



しかし、せっかく日本式ホテルを装備しているのだから、小奇麗な日本食レストランでも
作ってくれれば神なのにと心の中で思ったw




パンフレットはこちら

001.jpg

拡大版表面400kb




002.jpg

拡大版裏面400kb


入場料無料

ただし、乞食の格好だと追い返されるリスクがあるようだw
最低でも破れてない服装で行くべきだろう(誰だよw)






■今日のおやつ


いい加減w全てのレストランの味に飽きてしまったのでw

何か良いところは無いかと重箱の隅まで調べる途中に見つけた小さい店。
今日はここで一服しよう・・

s-DSC07665_20130202192522.jpg



49ペソと、こちらの一般的なハンバーガーの倍の価格なのでw 騙されたら発狂しようかと
思ったけど、かじってみるとまぁまぁ良かった。ジョリビーよりもローカルよりもかなりマシ。
ローカルのハンバーガーは自信を持ってまずいからねw・・・

s-DSC07668.jpg


レタスとトマトとキュウリとソース・・

もし中のソースがミートソースなら、オジサンの大好きなモスバーガーもどきになるw



それより、コレがムチャクチャ旨かった。
ルンピア(春巻き)ね。


s-DSC07669.jpg



中にモヤシやらキャベツやらがガッツリ詰まってて、シャクシャクした上にジューシーで旨いのだ。
何だか分からないが、何かの香りが食を引き立ててる・・・・これが噂に聞くカエルの脳ミソかもしれない・・うそよw
こんな美味しいルンピアは初めてだ。

ただ、油でじっとり揚げてあるので、健康を考えると大量には食えない。


貧乏家庭に大人気の焼きビーフンも味付けはまぁまぁ。

s-DSC07666.jpg



まぁ、なかなか良い味覚センスを持つ店だった・・・

と言っても日本と比較する次元じゃないけどw





■今日の農園ガ~ル

女子ηの妹

一家を背負って稲穂拾いに励む妹。
彼女の父も母も収入が殆ど無いので、彼女に負担が回ってくる。

s-DSC06903.jpg



彼女が着てるTシャツは、この前うちのお古をあげたものだ。最初姿を現した時は真っ黒で破れた
ワンピースを着ていた・・・

s-DSC06907.jpg



不憫だったので、もし何もする事がなければ、うちで何か手伝いなさいといっておいたら翌日来た。

s-DSC07690_20130202192301.jpg


納屋や薬品庫の掃除をお願いして、お駄賃をあげた。
翌々日も・・・

両親がお金を取ってしまうのは分かっているが・・・



そっか、じゃ食い放題のバイキングに行くかw

幾ら親でも腹の中のものは取り出せないでしょう?ww

s-DSC06875_20130202192410.jpg


でも、失敗した~ww 好きな物を選べる店だから何か食べると思ったけど無理だw
肉と魚を少しかじった程度で、基本的に殆どの食材を受け付けないww酢や醤油も知らないくらいだからw

例外的にアイスクリームは食べたw ミルキーな味ってのは人間の本能が受け付けるのだと思う。


この子にとっては、ソーセージもスライスした肉も、大きな魚や見た事の無い野菜も、全てが異次元的だ。 

普通、街で見かける貧しい子って、いい物食べて無くても、食材自体を目にする機会って多いじゃない?
マーケットの魚を見ていれば、「あぁ、あの大きな魚を切ったら切り身になるのか」とか、レストランで人が
食べてるのを何時も見ていれば、「あぁ、美味しそうだな・・・」と、感じるだろう。

彼女らが生まれ育ったド田舎村は、そういった情報が全く無いわけ。テレビも電気もなく、街の事を
人から教わる事も少ない。道路も無くて、小さな雑貨屋のある山村まで行くのに歩いて半日かかるってレベルらしいから、
文明から孤立した様な村に生まれた時から住んでるんだよ。例えが適切じゃないかもしれないが、彼女が街に出て
受ける印象ってのは、盲目の人が突然目が見える様になった感覚に近いかもしれない。

彼らが山で食べていた食事は、僅かな陸稲と、コーンの粉を茹でたものと山で捕獲した小動物ばかり。
ずっとそれで生きてきた。

それ以上もそれ以下も無い生活だったのだ。



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)