スポンサーリンク

リアルな雷管を見たり農夫さんの行動を見たり


静かなクリスマスも終わりw(近所は騒がしいが)、農業も丁度暇な時期で、静かに年が
越すのを待つだけである、あぁ、今年も一歳としを経ってしまうのか・・・って感じである。
時間の経過は、はかないだけで嬉しくも何とも無い。



町中でパンパン大きな音がしているが、あの音が爆竹だと思っている人も
多いんじゃないだろうか?

パパンパン!と連続で鳴る音は爆竹である。(時々銃も混ざっているw)

しかし、単発でドン!!って鳴るヤツは秘密がある。




実はコレなんよ。
しくみは雷管だ。

たった、これだけの構造で、闇夜に響き渡る大砲の様な音を出しているのだ。


s-DSC07149.jpg




缶をテープでつなぎ合わせて、端には電子ライターの着火部が取り付けてある。
使っていたガキが言うにはoxygen(酸素)を入れて着火させるらしいが、小学校の理科で
習ったとおり?酸素は物を燃やす働きはあるけれど、単体では燃えないので、
多分彼の言う事は間違ってるw(しかし、誰に聞いてもオキシジンと答える)


名前は忘れたが、その原理を応用した似たような銃がある。
あれに使ってた石と液体・・・何だったか忘れた。バイメタルじゃないや・・アセチレンじゃないか・・・
思い出せないや・・なんかの石に水を掛けて化学反応起こしてガスを発生させて発火させる。
あれと同じだ多分・・


s-DSC07150.jpg




危ないから作らないでねw

s-DSC07153.jpg




日ごろ来ない農夫さんがわざわざ肥料を取りにウチまで現れた。

水田ごとの作業ってのは、それぞれの水田を担当する農夫さんが決まっており、
例えば、肥料や農業用品はうちが持って行って量や作業日を指定して作業して貰うのが普通。

だから、通常わざわざ肥料を取りに来てくれる必要はないってーか、来るだけで
金が掛かる訳で、不在着信でもしてくれればこちらが配達するので相手に負担もないんだけどw
普段働かない年末にわざわざガソリン使って来たって事は、「日本人がいるから、もしや!?」
って事なんだろうねw

この農夫さん、どうやって100kgの肥料を持って帰るかと思ったら、乗って来た小型バイクに
2俵乗せてさらに4人乗ってお土産の17ペソのカンズメを握り締めて帰っていった。
骨折り損のくたびれ儲けって感じだw


トラックに乗せて持って行ってやろうかと思ったけど、年末でトラクターが庭を占拠して車が
簡単に出せない状態なので、穴の開いた表門から暖かく見送りしてあげたw
わざわざウチに来た事を後悔しているかもしれないw


s-201212021675.jpg



農夫さんってのは時々入れ替わるから、外国人だからもしかして?って期待する人が
絶えないんだよねw 慣れてる農夫さんは、この日本人は金出さないって
分かってるんだろうけどww 今日来た人たちって、割と最近関わり始めた人だから、
ウチに豚の丸焼きでも置いてあるかと思って来たんだよw、きっと。



つーか、帰りの交通手段がある人はまだ良いよw
3時間も掛かる遠方からやって来て、帰りの運賃を持ってないって人もいるからw

更に凄いのは、うちまで無賃乗車でやって来て、ドライバーと一緒に「お金払ってください」って
猛者もいるからねw

まぁ、とんでもない山奥の人とか相手にしてる訳だから想定外の事はあるw


今更、ドライバーの車に神が乗って現れたって驚かないw ただ淡々とその場その場を
切り抜けていくだけw



s-201210101059.jpg




スポンサーリンク


◆水田に掛かる経費の割合とか


機械化された日本とは違い、お米を作るために非常に沢山の人が関わっている訳だが、
長い稲作の伝統の中で作業はそれなりにシステム化されており、細かい事を気にしなければw
意外と問題なく運営できるフィリピンの水田である。

今朝方バイクで肥料を取りに来たのは、水田の管理をする担当農夫さんである。
大事な水管理を受け持つ水田の番人。田植え軍団や収穫軍団が動くタイミングも
この人に連動するのでいい加減な人だと全てが混乱する。
担当農夫さんに金銭負担や契約などは無く、いわゆる小作などとは異なる。

掛け持ちしている人も多く、忙しい人だと5箇所くらい掛け持ちして更に自分の水田もこなし、
暇な時には副業もしている。

この農夫さんの手間賃は大体出来高の10%~15%ほど。


s-201210101023.jpg


あと、脱穀や耕運機を掛ける機械物を扱うハーベスターのグループが10%位で請け負う。

コレに加えて田植えの職人の費用、肥料、農薬代、カラバウ代、例えば除草時などの臨時の作業賃。
これらは収穫量に比例しない出費だが、いい加減に見積もって25%ほどか。


合計すると50%弱、これから雑費、ガソリン代や電話賃、食事代やオヤツ飯を引いた物が
胴元の取り分である。種籾も別に残さねばならない。
天候に恵まれ無難に行けば40%位は残るだろうが、胴元のリスクは小さくない。
二期作か三期作か、また自分が作業に関わる度合いや、手植えか手撒きよっても違ってくるが・・・
まぁ、簡単に言えばこんな感じだ。



農業ってのは数ヶ月先の収穫に期待して日々投資していくものだから、待ってる間ってのは
お金が出て行くばっかりで日銭は一切入らない。だから金銭管理が無ければ話にならない。

どの作物でもどんなビジネスでも同じだけど、それで生きていこうと思えばそれなりの
苦労は必要である。当たり前の事だけど。




s-201210101115.jpg





◆稲作で貧乏自給してみてよ、勇者様


一人の成人が食べてゆく為に必要な最低限の畑の面積はどの位なのだろうw

一般的に成人が一日に食べる米の量は一合(180グラム)×3回。
180×3=540グラム 年間だと360×0.54kg=194kg これは籾摺り後。

籾摺りすると重量が60%くらいに減るから、元の重量を割り出すと323kg
これを米袋に詰めると5俵弱・・・・繰り上げて6俵

おかず相当分はどうするか・・・仮に日に100ペソのおかずを買うとしたら(ちょっと贅沢かw)
年間だと36000ペソ。籾に換算すると1俵1000ペソだから36俵は確保しなきゃ。


6俵+36俵=42俵、米とおかずで42俵/年あれば原始的な生活はできる。



s-201210101078.jpg


さて、どの位の規模で42俵/年のお米が採れるか。二期作のフィリピンだから一期作辺り21俵でいい。

しかし、幾ら自給って言っても肥料くらい必要だろうし全て一人でやるのは無理なので、
収穫量の何割かは経費で割く。
幾らか手作業で出来そうなので勝手に3割経費にする。残り7割が食糧。
21俵が元の俵数の7割に相当するのだから、全部で30俵作らなきゃならない事になる。

30俵は1800kg
1反/350kg位がこの辺の水田の平均収穫量だから、30俵を賄う水田の面積は、
1800kg/350kg=5.14

つまり、約5反(1500坪)の水田で二期作やれば、死なない程度の食糧は賄えるって事になるw


あとは確保した36俵を物々交換しながらオカズを賄い、空き地にはナスやグーライを植えて
野菜を補っていく感じか。

完全自給に挑めるのが稲作の醍醐味w 誰か試してみればいいのにw



s-201210101179.jpg



初期投資は幾らだろう。5反だと野菜が作れないので7反は欲しい。
土地代25万ペソ程度と最初のランニングコストが数万ペソ、小屋と電気の敷設と牛一匹入れて
30万ペソって所だろうか、立地がよければ。
山間地なら土地より牛の方が高いくらいだからw全部で10万ペソとかw
電気代は電球だけなら一月100ペソくらいだから、使い過ぎないなら敷いた方がよい。


ただし、こういう生活だと車もバイクも乗らず、病院にも極力行かず、蚊が多くても
オフローションも買えないwコブラに噛まれても吸って処置する位の覚悟が必要w
ネットは働かなくなるからやっちゃ駄目w

でも、幸い夜に添い寝する彼女くらいは見つかると思うw 体力に自身があればw
但し避妊具は買えないw

こういう生活しておけば日本人だからと言ってパラサイトしてくる人もいないだろう。
哀れみを感じた優しいフィリピン人が余った野菜くらい恵んでくれると思うよw



山に半自給生活する人は多い。自分がよく行く所は僅かな天水水田と野菜だけで生活して
いる人が多い。当然、車もバイクもなし。水は湧き水。毎日朝4時には起きて夜7時には寝る生活。
病気になって死ねばそれは寿命。
そういう人は一日50ペソも使わず生きる。生まれてからずっとそうだ。



ただ、死ぬときはどんな田舎でも金は掛かる。フィリピンは墓地以外に埋葬は出来ないw

後の人に墓地代で迷惑掛けないよう1万ペソくらいは土間の下に埋めておけば完璧だw


s-201210021233.jpg





■今日の農園ガ~ル


学校まであと僅か5km・・・頑張って!



s-201210021664.jpg




ばいば~い。

s-201210021667.jpg





スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)