スポンサーリンク

飯ごう炊さんしたりコート取りを見たり



■椰子畑で飯盒すいさん


今日は定期徘徊。


天気が悪ければ来ないのだけれど、天気が良くて気が向いたら来るw
まぁ、キャンプみたいなモンだよ。

1s-DSC06895a.jpg



現地に付いたら誰が何を言うでもなく、その辺に転がっている素材でかまどの準備を始める彼女らw


流石サバイバルのプロ集団であるww
経験の少ない自分なら、石か何かでカマドを作ろうと試みて無駄に時間を費やしてしまう事だろうw


2s-DSC06897.jpg




でも、流石に火打石とかは使わない(爆)

3s-DSC06902.jpg




一見、適当な様でいて、燃焼効率を計算して組みたてているのだw (ホンマかw)

4s-DSC06903.jpg



水は常時大量に持ち歩いているので、一週間は孤立しても大丈夫よ。

5s-DSC06904.jpg




さて、湯も沸いた事だし♪

6s-DSC06907.jpg




自分一人だけ出前一丁(味噌味)を喰おうかね(爆)


7s-DSC06906.jpg




箸が左右違って、スープが炭っぽいのは気のせいです。ちゃんと老眼鏡を掛けてご覧下さい。

8s-DSC06908.jpg




非常用の鍋は小さすぎた・・・

9s-DSC06912.jpg


つーか、現地の人に味噌とか喰わせても感謝しないのでw 勿体無いw マジよ。
一個7ペソのビーフ味でOK






スポンサーリンク




塩辛い干し魚は大量にある♪

そういえば、干し肉ってのは無いなw 硬過ぎるのか。

10s-DSC06909.jpg




給食係が焼いてね♪

11s-DSC04603.jpg




形式的に手伝ってくれる、とても親切な女学生も現れたりするw

12s-DSC04640.jpg




カオオンタ!  (食べましょう!)

女学生 「ブソグナ・アコ・・・・・」  (お腹いっぱい・・・・・)


13s-DSC04636.jpg


日本人の皆さん、こういう時は皿を無理やり渡しましょう。
シャイなフィリピン人の発言は本音と逆なのですw




匂いに我慢できない・・・

15s-DSC04613.jpg





さて、食べましょうかね。

14s-DSC04605.jpg



16s-DSC04618.jpg




17s-DSC04645.jpg









我々が立ち去ろうとすると、訪問者への感謝の儀式が始まったのだった・・・(久米明風)


18s-DSC04663.jpg




互いに頭のシラミをむしり合い。


20s-DSC04664.jpg



訪問者の頭部に憑依させて感謝を表す伝統の儀式だ。


19s-DSC04658.jpg




我々はシラミの洗礼を受けることにより、初めて村人と打ち解けあう事が出来るのである。

拒否をすれば、たちまち村人と訪問者の信頼性は失われて、酋長の怒りを買う事となり、
神の生贄としてボンファイアの火に曝されるだろう・・・


21s-DSC04652.jpg



22s-DSC04654.jpg



嘘よw 信じないでねw




シラミ憑依の儀式は終った。3時のオヤツタイムをもって村を後にする事にした。


23s-DSC06930.jpg




つーか、頭痒ぃ~~痒くて死にそうだ!


どこかで憑依したw







■今日の農園ガ~ル


後ろ髪を引かれて後ろを見ると、女子高生たちが微笑んでいた・・・



24s-DSC04687as.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)