スポンサーリンク

歯医者の門を叩いたり


■今日のおかず

畑に自生するネイティブアンパラヤ・・・(ゴーヤ)
野生のは効くよ~w 

s-DSC03005.jpg




■今日の畑のようす

おやつ会

s-DSC03024.jpg

今日は粉ジュースではないw
ローヤルとコーラw 米を収穫したから。




氷は拾った米袋の上で大胆に割るw
条虫細菌アメーバ何でも来い!w
(自分も飲むよw)

s-DSC03011.jpg




s-DSC03000.jpg





■今日の動物

庭には大カエルがたくさん♪

満月だからカメムシが出る。
そのカメムシを喰いに集まるカエルたち・・

s-DSC03050.jpg


満月は多くの動物たちを目覚めさせる。


スポンサーリンク


■歯医者に行った

こっちで歯医者のお世話にならないよう万全の準備をして来たのだが、
鶏肉を思いっきり咬んで銀歯が外れてしまった・・・あ~あ・・

出来る事なら日本の歯医者に行きたかったが・・・

仕方ない・・・・


いててて!神経をさわらないで~
あんまり削らないでェ~

s-DSC02775.jpg




外れた銀歯に加工してる?

s-DSC02762.jpg



使用したセメントはこれだ!

デンティストが誇らしげに見せた真新しい箱には、
メイドインジャパン!の文字がw おぉ、これは心強いw



このセメントは2つの物質を反応させて固体化させる。
エポキシ系のボンドみたいに練って作るのだ。


つーか、そんな事はどーでもいいんだけど

s-DSC02773.jpg


ドクターが配合を間違った?らしく・・・


銀歯を装着する前にセメントが固まってしまったぁ(爆)


歯には硬化して石の様になったセメントがへばりついてるw
その邪魔なセメントを除去する為に、せっかく治療が終わりかけた歯を再び削られる羽目に
なってしまったのだったw・・勘弁してくれ~www

いててて・・・(耳障りな高周波w)
泣・・

s-DSC02768a.jpg



それから、何とか銀歯は付いたが、余計なセメント分、歯が高くなった気がするのだったw 

セメントの厚みは想像以上に厚くw 少々削っても高さが合わないのだった・・・もー勘弁してw
更に削って無理に合わせようかどうしようか迷ったが、途中で止めてもらって
治療を終えることに・・・

削りすぎると後戻りできんw日本までガマンしよw


治療代は800ペソ

s-DSC02749.jpg



別に腕が悪いわけじゃないと思う。金属使う客が滅多にいない国で銀歯の修復を
頼んだのが間違いだったと思う。
昔レジンを詰めてもらった時は上手に詰めてもらったと記憶している・・・・

そもそも、こっちはこんなダメージなら治さず抜いてしまう事が大半・・
(だから抜くのは大変慣れているw)


もしかして、ボクはこの真新しいセメントを最初に使った客ではないかな?w


つーかさ~・・・
なんか歯が残ってるのが面倒なんだよねー!いっその事全部抜いてしまうか?w

もういいよ。散々遊んだし悔いも無いwクシャミで総入れ歯吹き飛ばして、オムツ要員を
驚かせてやるw


s-DSC02756.jpg



歯を失う原因No1は鶏料理w(ボクの場合ね)
こっちの鶏って骨ごとぶった切って売るし、そのまま料理にするじゃない?

あの骨の破片が危ないんだ。
目で見えるほど大きな骨は問題ない。危ないのは気付きにくい5mmくらいの骨片だ。


米に砂が混じってる事があるが、あれは意外と大丈夫w。多くは乾燥時に混じった
セメントだったりするし、他の石にしても硬度は高くても割れやすいのが多いから
歯の方が勝つ事が多いw(ホンマかw)

しかし、鳥の骨ってのは固い上に粘りがあるので、(この粘りがくせもの)石の様に力の逃げ場が
無いわけだ。予測せずにフルパワーで咬むと、物凄い力をモロに歯に受けてしまうw
健康な歯なら問題ないが、治療暦があるような歯は組成がもろくなっているらしく欠け易くなる。

特に日本人は、食物に硬い物が入ってるって意識が無い(忘れちゃう)から、何度でも繰り返し
やっちゃうんだよw どんなものを食べる時でも注意を怠っちゃいけない。特に田舎料理はw


日本の歯医者で、「アンタは歯は少ないけどw手入れはいいよ」って言われるくらいだから
歯の手入れに問題があるわけでは無いと思うw

絶対骨のせいよw


s-DSC02990.jpg





さて・・


いま、車のメンテナンス中。

右が日本のミヤコのクラッチ部品
左が取り外したばかりのジャスト3ヶ月で壊れる中国製・・・

果たしてニッポンの部品メーカーの耐久性はどんなもんか?w
修理回数を飛躍的に減らしてくれるのだろうか!?

s-DSC03054.jpg



この作業が終わり次第コーヒーの旅へ出かける。


これでやっとコーヒー農家になれる。
(一部実験的に植えてはいます)

以前、コーヒーが実るまで3年だとか5年掛かるだとか適当な事をほざいてしまったが、
最近の品種は1年ちょっとしたら実がなり始めるらしい・・・
ほー、遅めの一年生作物と変わらんジャン。

また、実際に5年も育てると収穫も大変になって来るのだろうと思ったが、先を剪定すれば、
ぶどうの様に横に伸びて収穫しやすく育つらしい・・・
ほー、そりゃいいな。20mも伸びたマンゴなんか収穫出来ネェしw

永年作物は永年作物の悩みがあるんだろうがw 植えっぱなしで果実だけ収穫する
スタイルがいいや。手間が掛かる穀物系はちょっとお腹がいっぱいだしw
(実はコーヒーが一番手間が掛かったりしてw)

まぁ、とにかくコーヒー頑張ってみる。
もし1年半後にブログが続いているなら、コーヒー飲んだ感想くらいお伝えできるかもしれない。



つー訳で、ちょっと明日?明後日?くらいから山に登ってきます。

椰子の肥料もついでに持っていって撒くのでちょっとじゃ済まないかも!?

一応、10日分くらいの食料と水とオムツとエロ本くらいは持っていく予定。


それでは小夜奈良



s-DSC02966.jpg






スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)