スポンサーリンク

MAXに忙しい日


つーか、3日前から流行性(多分)の風邪でいじけていた。

最近の風邪はネット回線で伝達するらしいw
セブから伝達したのだと思われる。



実は、昨日からいんちき水田1号の収穫が始まっていたりする。

気分がすぐれないので、自宅で休んで軍団任せにしようと思っていたのだが、
「畑の主任はなぜ作物を見に来ないんだ!?」っつー選任農夫さんのチスミスが
水路を伝わって流れてきたのでw 仕方なく、老体に鞭打って杖をついて、緑の痰を吐きちらし
ながら行って来たのである。
(汚ねーw)


s-DSC02789.jpg



でも、現地に行って大量に水飲んで死ぬほど汗かいたら風邪治っちゃったw

単純じゃのうw



今日はコーラ。
粉ジュースにしようかと思ったけど、本拠地の収穫だし、収穫もそこそこありそうな気もするしって事で
エクスペンシブなコーラをチョイス。
(後で収穫は大した事ないと分かったw)

s-DSC02781.jpg




車はここに止めて歩いていこう。

s-DSC02783.jpg





来る者を阻む恐怖の橋w

私は滑って落ちました。(マジ)


s-DSC02784.jpg



s-DSC02786.jpg




ここが今日の現場っす。


s-DSC02813.jpg




s-DSC02833.jpg




s-DSC02804.jpg




s-DSC02863.jpg




s-DSC02879.jpg





寂しげな目をした少女が母を待っていた。


s-DSC02793.jpg






8の字ベルト

うちのおばあちゃんがマルマスの精米機に華麗にベルトを掛ける姿をよく覚えている。
高速で回るエンジンに、一瞬でベルトを掛けるんだよ。
手が挟まれるんじゃないかとヒヤヒヤしながら見てた。


s-DSC02885.jpg



餅つきもスリルがあった。
杵を振り上げるタイミングで餅をひっくり返す技をヒヤヒヤしながら見てたw

当時、田舎の土間には足踏みで操作するシーソー式の餅つき機があった。
構造は思い出せないが、カラクリ式で3、4mもある杵を足踏みだけで振り上げる面白いものだった。
江戸時代から使われてたらしいが、じきに無くなっちゃった。現存してたら見せたいのに。
昔は餅つきってのは農家の重要な行事だったからね。今のフィリピンみたいに活気があった。

今は正月に餅も口に出来ないw 寂しいことだw




スポンサーリンク




みんな藁が体に付着しないようあらゆる対策をする。
藁が付着すると痒いのだ・・

s-DSC02837.jpg




幾らなんでもこれは過剰防御でしょう(爆)

米袋かぶって作業する人始めて見たよw

s-DSC02842.jpg



おー、コイツはこつこつとバイト代で念願の新居を建てたバクラw

s-DSC02901.jpg




脱穀を終えた所にはおこぼれ隊が来る。
底辺で何とか生きてる彼ら。

おこぼれは適度に残すのがフィリピン的なマナー。あんまりキッチリすると飢える者が出る。
そのうち別の形で自分に跳ね返ってくる。


s-DSC02909.jpg





作業は晩まで続く。

s-DSC02932.jpg



s-DSC02937.jpg



s-DSC02916.jpg





株の上を上手に歩けばサンダル履きでも大丈夫。


s-DSC02941.jpg





さて、脱穀も終わったしカラスが鳴くので帰ろうかね・・・

明日も続きがある。

s-DSC02952.jpg




s-DSC02949.jpg






自宅へ戻ったら久しぶりにマーラが来ていた。
学校が終わったらしく、またしばらくアルバイトに禿むらしい・・・
ウェルカム。

s-DSC02959.jpg



良かった♪お願い!肩揉んで!
彼女の肩揉みは効くんよねー

長年畑で鍛えあげた神の手だからね。




スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)