スポンサーリンク

いんちき農園から


今はいんちき農園本店オフィス。

崩れ掛けたオフィスチェアーに腰掛けながら、駆け付け一杯のネスティーを飲んでいる。


今回は日をまたいで3台の航空機に乗り継いできたんだが、流石にスケジュールに無理があった。
平衡感覚が乱れて足がふらついて目がかすむ。
来るものを阻む台風のタイミングにも悩まされまくった。

旅ってのは一般的に楽しいものだけど、こういう虐待的なスケジュールだと苦痛にしかならない。
今は心身ともに疲労してグッタリして立つ事もできない。
誰か!オムツを取り替えてくれ。



■セブパシ

今回もセブパシ。何かと挙動のおかしい日本語サイトだったが、最近は大分改善されている
みたいで、ヘルプも分かり易うなってた。
肝心?の確認メールが来なかったが、予約番号自体が発行されていれば確実にチェックインできる様なので、
あんまり気にする必要はなさそう。
予約画面と領収書の部分を画面ごとハードコピーして持っていけば問題ない。
(領収書のコピーは機内食を頼んだ場合に確認用として必要)
 
メール問題は、ユーザー側のメールサーバーの問題で起きている感じ。
セブパシのメールは世界中に大量に送っているから、ユーザーの誤入力なんかが発端でスパム認定されて
しまうものも中にはあるのだろう。

プロバイダの有料メールが確実なのだろうが、金まで払って維持できない。
しかし、うちみたいに無料のヤフーだと弾かれまくる。
結局、フィルタリングに優れた会社のメールを選ぶしか対策法は無さそうだが・・
gmailなんかは人間が手作業でフィルタリングしているのだそうな。そんな所なら意外と良いのかも。
(確信は無い)
次はhotmailで試してみようと思ってる。




○ウェブチェックイン

画像


乗客が少なければウェブチェックインのメリットは少なかろうが、人数が多いときなどは
専用レーンでさっさとチェックイン出来るうえ、万が一のオーバーブッキング対策にもなる。(多分ね)


国際線と国内線両方でウェブチェックインを試してみた


--国際線

専用レーンで迅速にチェックイン・・・出来るのだが、人数が少ない分、計量を見る目がシビアに
なった気がする。
「隠し荷物は別料金です」と告げられたうえ、(隠してねーよw)、手荷物もきっちり計られた。

なのだが、機内に入ると、巨大なバッグを背負ったフィリピーナが徘徊していてなんだか不公平感を
感じるのだったw
アンタ、その荷物に何万円も払ったんか!?って感じよw

でも、トータルで考えたらウェブチェックインをするメリットはある。



--国内線

あちこちのレーンが長蛇の列で、おーー今こそウェブチェックインの陰嚢を見せ付ける時が来た!と思った。
陰嚢を見せては駄目、印籠ね。

しかし、殆どの職員がウェブチェックインの意味を知らないのだった(爆)
(入り口に突っ立って誘導する職員ね)

あちこちのレーンをたらい回しにされ、運が悪ければ乗り遅れる危険にも晒されたw
結局最後は一般レーンに並ばされたんだけどなんなの?(爆)

実に無駄な時間を過ごしたw


つーか、国際線でOKだった重量が国内線でオーバーしてしまうし、(両者20kg)セブパシの罠を
思いっきり体感させて頂いたw まぁいいけど。 

細工した秤を使う下町のキナ臭い市場で、切り売りのマグロ買ってぼったくられた時と同じような
気分だよ(爆)


s-i04517.jpg




スポンサーリンク


○機内食
そうそう、今回から機内食をオーダー出来るようになっていた。
価格は日本円で600円弱とお求め安かったので喰ってみた。

s-i04548.jpg

これね。

う~ん・・まぁまぁw  スパヰシーチキンを喰ったんだけど、フィリピンの現地食って感じかな。
米はフィリピン米。
現地ローカルのレストランだとドリンク込みで80ペソ相当?


若い頃の中山エミリを彷彿させる美少女スッチーが歩いていた。
弁当を買うと、もれなく美少女スッチーの御手に0.5秒間だけ触れることが出来てドキドキする。

s-i04544.jpg




■日本でピーチ航空使ってみた

う~ん、綺麗。
シートが狭いのは仕方ないとして、機体も内装もとっても綺麗で気持ちよい。
普段セブパシに乗りなれてるからw 余計そう感じるのだろうw

姉ちゃんの関西弁も異次元的で面白かった。


s-i04477.jpg



荷物はこんな所で受け取るw

でもいいよ、安ければ・・

s-i04484.jpg



台湾とかも就航する予定らしいので、ついでにフィリピンまで来て欲しい。





s-i04474.jpg





さて、どうしよう。


車の調子が悪い。
オムツの交換を終えたら車のチェックから始めるか・・




s-i04540.jpg




スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)