スポンサーリンク

ジェンサンに行ったり鶉を仕入れたり


ドコカノ街へ用事で出掛けると、普段は波の様に押し寄せるトライシクルで道を横断出来ないほどの
裏通りがこーゆー状態だったw

宗教の影響力強し!

おかげでお気に入りのナタが買えなかったw


そういえば、セブンイレブンも無かった昔の日本の正月ってのはこんな感じだったよね。

s-DSC08426.jpg



それから急遽予定変更して、ウズラを買いにジェンサンへ向かう事にしたのだ。

ウズラっつーのは、漢字で鶉。そう、ウズラ卵を生むウズラ。焼き鳥屋で目にする香ばしいウズラ。


前からウズラを飼いたいと思っていたので、適量を購入して飼育してみる事にしたのだ。

利益とかそーゆーのは考えてない。まぁ一応数字は出すけれども。

自家飼料で飼育して、フレッシュなウズラ卵と美味しい焼き鳥を食べたいっつー素朴な理由w


いや、高ければ当然買ってない。
一匹15ペソ程度からと、遊びで飼える値段なので買ったのである。
メスは50ペソ程度と高かったが。



場所はジェンサンから10キロ東へ向かったアラベルという街・・・のとある民家。

えらい遠くまで来てしまった訳だが、ウズラを扱っている所ってのが殆ど無く、あったとしてもケチで
メスを売ってくれないので意味が無いの。

s-DSC08558.jpg



普段なら検問を恐れてここまで出て来ることも無いのだが、丁度ニニョー様が検問の連中に暗示を掛けて
くれたのでタイミング良かったしw

つーか、検問の意味が無いジャン。

 ※検問は我々の様な商用車やトラックに乗ってる連中をターゲットにしているので
  普通車に乗ってる方はあんまり関係ないと思います。100%じゃないけど。




スポンサーリンク




もー、這ってやって来たんだけど、このウズラの経営者がチャーチのファザーで忙しかったらしく、5時間も待たされたよ。

ダバオから買い付けに来る人もいるのだとか。自称ファーザー談。

s-DSC08572.jpg



おーウズラがいるわいるわ。うじゃじゃいる。

s-DSC08566.jpg



暖かいライトが大好きなのだった。

s-DSC08570.jpg


つー訳で、ウズラを増やして楽しく育てて美味しく食べる企画。何匹まで増えるかお楽しみ。


自宅で育てられるのを待っている50匹のウズラ様。

飼った翌日にネズミで全滅させられるオチは嫌なので、今日から小屋の製作に取り掛かっている。
増やして売り惜しみのババァに潮を吹かせてやるw 間違えた潮じゃなくて泡ね。

s-DSC08612.jpg




■帰りはビーチでキャンプ

最寄のビーチで一泊して帰ったのだった。

行ったのはジェンサンの西へ5kmか10kmほどの所にある、トロピカーナビーチ。
とにかく都心から近い。


s-DSC08506.jpg



そこそこ綺麗だっつー噂は聞いていたのだが・・・・

s-DSC08449.jpg


潮が引くと無数の石の剣山が現れたのだったw

s-DSC08440.jpg


つーか、足に石が刺さって痛くて沖まで行けない。
なんなんだこのビーチ。


いてててて!!!
平泳ぎしてたら、石のブロックに膝を打ちつけたw

十戒のように潮が引くと、何と石の道が現れたw ユンボでどけろよ、アブねーだろ・・・

s-DSC08453.jpg



満ちたらこうなんだw
インチキじゃん(爆)

ちょっと先のロンドンビーチの方が大分マシ。

s-DSC08468.jpg



つーか、先日はカトリックのなんとか週間だったじゃない?
フィリピン中の信者が自宅に篭っていると言う・・・

でも、このビーチはコテージが満タンになるほど客が多いわけ。なぜだろう!?って思ってたら・・

なんと!驚くべきことに、推定9割以上の客がモスレムだった。
外見じゃ分かんないんだよ。みんなベールを被っている訳じゃない。

s-DSC08502.jpg



でも、全ての場所で、聞こえる言葉が違うんだよ。
更衣室でもトイレでも砂浜でも、聞こえてくる客達の言葉が全く異次元な訳。

モスレム語は理解できないけど、彼らは独特のトーンがあって、ボクでも判別は可能なのだ。

つーか、要はカトリック週間で娯楽や行き場を失った多くの富裕層のモスレム達が、ジェンサンのビーチに
辿り着いたって訳なんだね。うちも富裕層じゃないがそれに近い。
休日なのに商店は閉まってるし、カトリックはみんな家に篭ってる。金のあるモスレムが目立ってしまった感じだろう。

モスレムでも事業主が多いと言われてるマラナウ族が多かったね。(判別はウチの女子2人)


s-DSC08504.jpg



飯を焚きたいのだが、強風で飯が焚けない。
そういう時はブルーシートで防御して飯を炊けばOK
他のグループは苦労してた。

s-DSC08428.jpg


車に七つ道具があるので楽勝だよ。
ビーチは想定してなかったが、いつでもキャンプ出来るように何でも積んである。荷台に石を積んでいるので
カマドを作る事も出来る。
(ここはカマドがあったので便利だったが)

s-DSC08431.jpg



さて、疲れたので車をテントに改造してみんなで寝よう。蟻も動物も来ないし、こんないいテントは無いよ!
蚊避けのオフローションをたっぷり塗れば怖くないYO。

s-DSC08436.jpg


貧乏キャンプは面白いよ。



s-DSC08458.jpg





■今日の農園ガ~ル


ペロペロキャンディーをこよなく愛する少女を見た。


s-201201121675.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)