スポンサーリンク

少数民族紀行


さて、農業に関係なく推し進めている少数民族紀行であるが、今日はアンパトゥアンの中でひっそり生活
しているマガノイ族の御姿を拝見することにしよう。

s-DSC07792.jpg


そういえば、前もそうだったけど、農耕系の少数民族の村ってのは大人が殆どいないんだよね。
普通、フィリピンの一般的な村なんかだと道端で将棋打ってるオヤジとか、チスミスに花を咲かせてる
オバハンとかいるんじゃない?

そういう光景が一切無いの。
男手と女はこぞってどこかの農村へ働きに出ているらしく、村では死に掛けた老人と大量の子ども達が、
親が持ち帰る僅かなおかずを楽しみに待っているのだった。
働かなければ生きるか死ぬって境界線に生きている彼らなのである。

村人の殆どはコーンの収穫に従事しているらしいが、貧しいコーン農家が充分な賃金を払えるわけも無く、
60キロ収穫して20ペソの賃金を得るのがやっとの事だった。
それも、僅かな杯を求めて大量に労働者が殺到するので、一人当たりの割り当てはごく僅かなものらしい。

国を動かすほどの大金を持つ大地主の土地の片隅でひっそり生きる、貧しい少数民族の現実を垣間見た。



写真は、ボクらを垣間見ている少女。
壁さえマトモに付いてない家に住んでる。

s-DSC07976.jpg



不思議なのは、ニッパヤシの貧しい家が大半なのに、なぜか家の周りがセメントなのだ。
かなり古く敷設された感じに見えるよ。
戦時中の物!?

s-DSC06456.jpg


子どもは日本人って事を誰も分かってない様子。

どこかの村から無精髭生やした小汚いオヤジが来たと思ってるw
おそらく彼らはフィリピン以外に国がある事さえも知らないだろう。

s-DSC07700.jpg



これみてよ。外から中が丸見え。東西南北穴が開いてる家。

ミリエンダの準備をしていると、急なスコールで雨が吹き込んできたんで、車にあったブルーシートで防御した。

s-DSC07687.jpg



なんか、みんな暗いのよ。笑わないの・・・

s-DSC07683.jpg


s-DSC07697.jpg



もー、可愛い子どもが人生終わったような顔してコーン乾かしてる訳。
それもよく見たら、コーンじゃなくてコーンの殻なのだった。

s-DSC07821.jpg



スポンサーリンク


これは、フィリピンで見掛けるには見掛けるんだけど金髪の髪。
ここは金髪じゃ無いほうが珍しい。
栄養失調だよね。

骨と皮だけの姉妹なのだった・・・

s-DSC07725.jpg



お腹が異常に膨れた子も何人かいた。
栄養失調で腹水が溜まってるんだろうと思う。


よく山の貧困村なんかで物資輸送のトラックが何かを配ってるのを目撃することもあるが、この辺では
虫ピン一本配られた事は無いらしい。

援助らしきモノが来ても、他の民族に取られてここには回って来ネーヨって言ってた。
マジかよ!?酷いなぁ・・・

s-DSC07774.jpg



今回は、家で余った物や菓子類を貢物として沢山持っていったのだが、あっという間に終了。
まぁ、フィリピンじゃ珍しい事でもないかもしれないけど、集まった人数と飲み食いする子どもの勢いが凄かった。

最近はこういう光景も少なくなりつつあるけどね。


s-DSC08049a.jpg


つーか、誤って一個360ペソの高価なペロペロキャンディーを3つも買ってしまったのだった・・・勿体無かった。
この高価なミルク飴の味が子どもに分かっただろうか・・それだけが心残りw
それは冗談だけどそんな物を買うなら米の方が良かったって感じ。

今日持ち込んだのは他に、1ペソパンを箱一杯、安菓子を大量、それとジュースとシンカマスなど。

s-DSC08307.jpg


s-DSC07798.jpg



お腹が一杯になったら笑顔で一杯になったYO!
僅かでも腹の足しになったようで良かった。

s-DSC08011.jpg





少数民族紀行。知られざるフィリピンのマイノリティを探す放浪の旅。
槍で刺されない程度に探索したい。


時間も予算も無いのであんまり無理は出来ないけど、次は西の海に行きたいなぁ・・・

地図にも載ってない村が沢山ある。


s-DSC06677a.jpg






■今日の農園ガ~ル

水汲みに出掛ける少女・・・
村には1本の井戸も無いのだった。


s-DSC07960.jpg




s-DSC08017.jpg








スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)