スポンサーリンク

肥料を運んだり


山に行くタイミングを窺っている所だが、山間部で雨が降っている様子なので足が向かない。
さすがに雨の中を2駆で行くのは勇気が必要。

数日前に思い出したのだが、実は今月は椰子の肥料を撒く月だった・・・ゲッ・・・

現在、椰子は半ば冬眠状態であり、「肥料代≧3ヶ月分の収穫量」という頭の痛い金額がのしかかる・・・
おまけに未だ引きずっているコーンや、米の肥料散布も重なってしまい金の工面も容易でない。

とりあえず、肥料屋のウータンで凌ぐ事にした・・・
どーも、コーンからタイミングのズレが生じたみたいだな。


まずは下の椰子畑から肥料を・・
経費節約のために自分の小トラックで肥料を運んできた。

明日も下の椰子畑。今度は山の畑・・コーンも水田も!?・・・あー訳わからん!

s-DSC08257.jpg



ところで、リスク無く半分の手数料+作業賃までゲットした山の畑の農夫さん。
なにやら、今度は自分の畑のコーンで四苦八苦している状況らしく、次の収穫分を担保に金を貸してくれないかと
無理な申し出があった。
貸す気はさらさら無いが、無駄な電話賃使ってちょこちょこ連絡して来るって事は金が余ってる証拠だよねぇ。

しかし農夫さんも土地が広いんだから、例えば半分くらい永年作物に切り替えておくだとか、長い農業生活の中で
打つ手もあったのだろうと思うが、それが出来ないのは金銭管理が出来てないからだろうか。

もしかして、農夫さんが今まで植えてたコーンってのは殆ど赤字だったって事もありえるな。
こっちの人は計算しないで感覚だけで運営しちゃってる人が多いから。

それに気付かずにず~っと、やって来たって事もありえる。
まぁ、そういう計算しない農家に巣くう種屋と肥料屋も悪いんだろうが。


s-DSC08081.jpg

巣くわれ過ぎてスネまでカジられたボクが言うのもなんだがw



そんな訳で、(何がそんな訳かしらんがw)昨日は息抜きにチボリ族をウリにするレストランに行ったのだ。
チボリ族に興味は無いが、ロールキャベツが結構旨いのでそれを喰いに時々出掛ける。

s-201202201554.jpg



スポンサーリンク


しかし、このレストランは飯が来るのが遅いのだ。
軽く1時間は待たされる。

暇なので湖畔に下りてボーっとしていると、前写真に撮ったことのある女の子が船でやってきた。

おー久しぶりじゃん(通じるわけ無いけどw)

s-DSC08171.jpg



この子はチボリ族なんだそう。

s-DSC08126.jpg



写真を撮っているうちに丁度食い物がやって来たので(あなたも食べなさい)って言うと
首を横に振る。

いいからみんなで食べよう!ってテーブルに呼ぶとビクビク辺りを覗ってる。

s-DSC08197.jpg



若干意思が通じるめらみーに聞かせると、店に近づくと店側に酷く怒られるらしい。

まぁ、ルールだからな・・



怒られるとカワイソーなんで、バナナの皿にオカズを入れて、コップにスープを入れてあげたら、
店員に見えない場所で凄い勢いで喰っていたYO
よほどお腹が空いていたんだろうね。

s-DSC08195.jpg



お腹を満たした少女は船で帰っていった・・・

s-DSC08199.jpg



s-DSC08202.jpg



つーか、この子の泳ぎはマジで凄い。
魚のように華麗に湖を泳ぐ。

踊り子のオバサンやチボリの着物来たTXTばっかりやってるネーちゃんよりチップの価値があるw

s-DSC06646.jpg






さて、この前行った「マガノイ族」の村の様子でも載せたいと思っているが、農的作業が忙しければ農的な話題を・・

最近、少数民族紀行がマイブーム(古ッ)なんだよね。
一体身の回りにどんな少数民族がいて、どういう生活してるのか興味がある。
この辺に住んでる限り少数民族との接触は避けられないから、彼らの素性をある程度知っておくのは
大事だしね。
だから、しばらく少数民族紀行は続くかもしれない。

不都合ならブログタイトル変えれば良いしw


s-DSC06626.jpg





■今日のデパートガ~ル

棒じゃなかった、某デパートで小柄でキュートな女子を発見したので、撮ろうと思ったら・・・

s-image_20120328204249.jpg


ツー訳でマトモに撮れなかった。

s-DSC06315.jpg



s-DSC06318.jpg





スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)