スポンサーリンク

禁断の自治区を探索しよう(北コタバト編)


今日も禁断の自治区シリーズ。
さっき帰り着いたばっかりなので写真はまだ鮮度を保っている!?

明日からまた普段の生活に戻ると思うが、ここ数日、問屋の入金で潤っていた事もあったし
暇だったしって事で、前から行きたかったコタバト山間部へ行ってきたのである。
この地区生まれの生粋の地元民を2人連れて・・・


ここは北コタバト州のど真ん中。
モロ民族解放戦線が勢力を維持するところ。

ほら。モロにモロって書いてある。

s-DSC06551.jpg



実はこの数キロ奥が2009年に虐殺事件が起きて、多数の遺体と車両が埋められたところなのである。


ここから奥は流石に無理。



この辺りで待ち伏せされたと聞く。

s-DSC06556.jpg



右の丘辺りが現場だという。

s-DSC06554.jpg




前回、この辺のレポートをした時はこの辺りで追い剥ぎ検問が行われていた為、これ以上先には行けなかったが、
今日はここから更に先へ・・・・


実は最近まで、第二の事件がテレビを騒がせていた。
ダトゥーホッパー事件。

マギンダナオ事件の舞台となった場所から程近い場所の、なんと役場の庭から、大量の人骨が
発見されたというのだ。





その役場へ向かう。

現場が近づくと、被災したと思われる軍用車が無残な姿をさらしていた・・

s-DSC06407.jpg



s-DSC06522.jpg



遠目に問題の役場が見えてきた。

田舎に不釣合いの豪華な役場である。
テレビで何度も出てくるのでご存知の人も多いだろう。

この一帯は巨大な政治的勢力を持っていたアンパトゥアン一族の所有地だとされる。
前大統領とも密接な関係があったと噂されている。

s-DSC06403.jpg



スポンサーリンク


役場には全く人影は無くシーンとしていた。

車を横に回すと一人の兵士が窓辺に佇んで外を見ていた。
「庭に入ってもいいか」と聞くと、多少驚いた様子で「OK!」の返事・・・

携帯で撮影できるのかと遠まわしに女子に尋ねて貰ったら、「建物の中は駄目だ」との返事。
これで少なくとも撃たれまいw



これが役場の庭から見た景色。

最近になって多数の遺体が発見された現場。まだ生々しい発掘跡が残っていたのだった。
ユンボで掻きだした跡が分かるだろうか。

s-DSC06508.jpg




逃げ腰で役場を撮る。

s-DSC06514.jpg



先へ進むと駐屯地のようなものが見えてきた・・

つーか、国道からここに辿り着くまで30分以上、一度も乗用車と出会う事が無かったってのが
心理的な恐怖を煽るのだった・・・

s-DSC06518.jpg



ここで一人の携帯に連絡が!?

駐屯地から先に行ってはいけないとの地元民からの連絡だった。

おいおい、もう数分走ってるよ・・・急いでUターン!久々ビビるw

s-DSC06519.jpg


後で聞くと、あの先には多数の山賊様がいた模様。
絶対行ってはならぬ禁断の場所らしい・・・



帰り道、地元の少数民族の長から恐ろしい話を聞いた。

役場の前の人骨の話・・・・・
・・・・

話すのやーめた。

インターネットは危ネェ。



ここはフィリピンで最も危険だといわれるミンダナオの、そのまた中枢なのである。

つーか、ここで緊迫した状況を体験したら、他の全ての場所が極楽に感じる程である。
知らずに行けばのどかな田舎なのだが・・・

もう続きは無し。



s-DSC06396.jpg

写真は近辺の小学校。




■この水田はなに!?

そうそう、禿しく荒れ放題の水田を見つけたのだ。

s-DSC06563.jpg



水田には日の丸があったYO!w

s-DSC06561.jpg


s-DSC06562_20120324214727.jpg





■今日の農園ガ~ル


s-DSC06361.jpg



s-DSC06353.jpg



明後日くらいから山の畑にこもる可能性があります。
期間は不明。

更新が滞ったら山の神になったと思ってください。


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)