スポンサーリンク

たけやぶやけた


いま、自宅から書き込んでいるところ。

山から自宅へ戻って、久しぶりにパソコンの電源を入れると何だか調子が悪い。
再起動を繰り返して立ち上がらないのだ。

電源がおかしいような気もしたので交換してみようかとも考えたが、なんか、考えるうちに
面倒になって、このままパソコンの無い生活でもいいんじゃなかろうか・・
なんて、ふっと思ったりもしたが、それではホントの世捨て人になってしまうと思い、我に返る。

結局、日本から送っておいた予備のパソコンを箱から出して、バックアップをインストールする事にした。



原始的な山の生活だが、一日はとても充実していて毎日の汗が清々しい。
毎日朝6時には勝手に目が覚める。それから普段は食べない朝飯を食い畑に出る。

女子達の汗ばむうなじと揺れるケツを見ながら一生懸命草刈に励む。

労働後に食べる粗食が実に旨く感じる。(時々腹痛は起こすがw)



パソコンで無駄に過ごす時間ってのは結構多いからね。

パソコンで失う時間を労働に振り向ければ、こんなに有意義に時間が過ごせるのだと
改めて実感した一週間なのであった。

もちろん遊び半分だから楽しいのであり、ホントに極貧だったりしたら女のケツじゃなくて
揺れる水牛のケツや乳輪を見ながら半泣きで働くって事になるだろうけどね。


ちゅーか、無駄なネット時間をマジに減らそ。人生の残り時間は限られている。



s-2012031007401.jpg


スポンサーリンク


まぁ、余談は置いといて、この前の竹やぶ。

大量の塩を撒いておいたのだ。
その結果。

sDSC06008.jpg



なんと、来る者を拒み続けていた母体の竹が、切り口から大量の塩を吹いて息絶えていたのだ・・・


sSC06010.jpg



でも、こっちの竹やぶは新芽が出ていた・・・

s-DSC06053.jpg



う~む、この違いはなぜ!?


と思ったら思い出した。

母体の竹は切る前に塩を撒いた。
新芽の出た竹は、切った後に塩を撒いたのだ。

切る前の元気な竹ってのは、こんなにも養分を吸い上げる能力があるって事だよね。
こんな説得力のある形で現れるなんて驚くよ。



新芽の方を壊滅させるために、日本人の方から教えていただいた方法も試してみる。
輪切りの竹に一本一本グリホ系の原液を塗っていく方法だ。

日本の竹林はこの方法で全滅できたそうなので、うまくいけば全滅か!?
結果は数ヵ月後かな。

sDSC06013a.jpg




さて、次に刈る竹やぶの下見をするか・・・・

と思ったら・・



Σ(`Д´)!!



燃えてるし!!

誰よ!火を付けたのは!?

s-DSC06092.jpg



つーか、マジで延焼を防ぐのに必死だったYO
椰子の枯葉が導火線みたいになって椰子の本体まで届きそうに燃えるのである。

何週間も雨が降ってないから、そりゃ燃えるわな。
写真よく見たらあちこち燃えてるでしょう!?


焼き畑農業は作物の無い畑を燃やすのであって、作物がある畑で
燃やせば、それは火事でしょ(笑)

それにしても焼き畑農業の本拠地とはいえ、平気で火を付ける癖は勘弁して頂戴。
実際に焼畑が延焼して被害の出た椰子畑を見た事があるから怖いよ。


つーか、誰がマッチ持ってたんだ!?w



まぁいいけど。


気が向いたら続きます。



s-DSC06004.jpg






■今日の農園ガ~ル

笑顔で収穫物を運ぶ姉妹を見た。

s-2012031007442.jpg




s-2012031007448.jpg








スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)