スポンサーリンク

農家のオブジェクトだとか


コーンは100%完了。今回のが実ったら新規は無し。

米は3期作の水田は全て籾撒き完了。
2期作の水田は4月に田植え予定。

椰子はまたーり進行って感じ。
贅沢は出来ないが喰うには困らないって感じで生きてる。



オヤジさんが営む請負農業は相変わらず忙しそう。
請負農業とは、農家に人材と機械を派遣して作業させる人材派遣のようなものだ。

お互いの領域にはタッチしないのが暗黙のルールなので、彼の所得は知らないが、
想像では田舎の平均所得の2、3倍くらいじゃないかな。(と言っても平均自体が禿しく低い訳だがw)

お金が貯まったらエンジンや機材を購入するというサイクルを、20年近く繰り返している。
元は教師だったのだが、あまりの給料の安さに嫌気が差し、自分で農機具を作って請負農業を
始めたのが最初のようだ。

なにしろ巨大な農業地帯のど真ん中で、機械化が進んでいない事もあり、エンジン一台の需要は
限りなく多いらしい。

こういう仕事は機材はもとより安定した人材確保も重要なんだろうが、彼に派遣される農夫さんに、
教え子とかが混ざってるのが、彼のビジネスの味噌なんだろうね(爆)

彼も贅沢は出来ないが喰うには困らないって感じで生きてる。


s-201201121022.jpg


しかし、クボタエンジンはいいよね。小ビジネスの優等生だ。
フィリピンは農業国で需要が多いし、オートバイや乗用車と違ってエンジンの構造が簡単で丈夫だから
人に貸すビジネスにも向いてる。

このエンジンは汎用性が非常に高く、脱穀機やトラクターはもちろん、ポンプを付けたり、運搬車にしたり
その運搬車をジープ代わりにして金を取ったり、用途は幾らでもある。(町じゃ無理だと思うが)


ミンダナオの農業が先進国並みに発展する見込みはおそらく無いw
今後もクボタエンジンは、ミンダナオの明るい農村の主役であり続けるだろう。


s-201201121023.jpg




2年?ほど前にレポートした、中国製のNEWカマエンジン10HP!!はご臨終されました。合掌。
(元は取ったそうですw)


After

s-DSC07270.jpg


Before
上記の実物w

s-DSCF3445_20120303234200.jpg




スポンサーリンク




■とある農家のオブジェクト

ここはとある農家の玄関先、と言うか部屋の中だ。

この巨大な物体なんだと思う?
何回かボクの畑でも登場したんだけど。

s-201201121558.jpg



はい、アリ塚です。多分(笑)
多分って言うのは、ここの主が、「中には住人が住んでいる」 と、強く主張しているから。

もしかすると大きさからして入ってる可能性も無いとは言えないでしょ?(笑)



このお菓子はお供え物らしい・・・

s-201201121561.jpg



ここのアリ塚信仰は強烈で、どう考えても家に巣くう害虫とかしか考えられないアリの住処を、
誰もが妖精の住処だと信じて疑わない。

まぁ、馬鹿らしいと感じるけど、本来宗教ってのはそういうモノだからね。

アリ塚がどんどん巨大になって家を飲み込んで住む所が無くなったとしても、それはそれで彼らは幸せかもしれない。
(大きくなると5mに達するものもあるらしい)

うちの畑の椰子にもアリ塚が出来て鬱陶しいのだが、そういう訳で過剰な反応は控えている。


けど、もしかして先々邪魔になるようなら、妖精のドレスを着用して、夜中にアリの巣コロリを仕掛けに行くかもしれない・・・

でも、変態と間違われて撃たれる可能性もあるな・・・






■イロカノの娘さんシリーズ

少数民族シリーズにしようかと思ったけど、少数じゃないので止めた。
オヤジさん出身の村。

s-201202200107.jpg


s-201202200156.jpg


この奥にうちの水田がある。

右の二人は、この水田の管理をしている農夫さんの娘。左はいとこ。


s-201202200115.jpg


仲間外れは駄目よ~

s-201202200186.jpg




この辺はイロカノ民族の居住区だが、彼らは水田やビジネスの運営が実にうまい。
これだけ広大な水田郡を、多くの農民達が滞りなく運営してるのは凄いことだと思う。

他の地区は荒れた水田を貧しい農民が耕してるイメージもあるけどね。この辺は違う感じよ。

穂の大きさも違って見えるから不思議(笑)


「実るほどこうべを垂れる稲穂」が好き。人間も稲穂もこうでありたいね。

s-201201121444.jpg



ここは外部から隔離されたような感じで、昔の文化や風潮を保った村だから、もしかしたら真面目な
農耕民族であるフィリピン人の真の姿をボクが見ただけなのかもしれない。

町でブラブラしてる怠け者のフィリピン人に鍬を持たせたら、もしかしたら水を得た魚のように
勤勉になるかもよwそりゃオーバーかw



s-201201121564.jpg






スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)