スポンサーリンク

ぬかるみ地獄を脱出せよ


悪路では車より子どもの足の方が早いw

s-nex1370.jpg



椰子のトラックの先導していた時のこと。
とんでもない悪路が行く手を塞いだ。

前日に土砂降りの雨が降り、道路が禿しく破壊されたのだ。

s-nex1371.jpg



一台のトラックがぬかるみで動けない。
つーか、シングルタイヤのノーマルで越せる訳無いよ。

こういうどうしようもない場合、荷を降ろして押すべきだと思うのだが、運転手はかたくなに荷降しを拒否。

s-nex1375.jpg

今考えたら、あのドラム缶の中は人間だったんだなぁ。うそうそ



とりあえず困ったドライバーたちが紐で引っ張ってみる。

上がる訳がない。重いのにw

s-nex1374.jpg




押しても駄目なら引いてみな!って事で、渋滞待ちの一台に引っ張ってもらうが、ワゴンで引っ張れる訳が無い。

s-nex1379.jpg



そこへ、やって来たのは軍の分隊。彼らはとても急いでる様子で、みんな心から困った表情をしていた。
ゲリラが暴れたらオメーのせいだぞ!っつー感じか(笑)

仕方が無いのでみんなで泥まみれになって押す事に。
(見てるのはホント楽だわw)

s-nex1382.jpg



その後、みんなのおかげで無事に脱出できた赤いトラックは、礼も告げずに去って行ったYO!!(爆)
タイヤをM16で蜂の巣にすれば良かったんじゃない?抵抗が増えて脱出できるのにねw

ちゅーか、こういう時でも誰一人怒ったりしないから、この国ってのは変な意味で立派だよw
日本だったら2,3人逆切れする奴がいてもおかしくない。




次はウチが手配したトラック。
スリップしてケツを振ったトラックの様子が何となく分かるだろうか?

信じられないかもしれないが、ここの泥道は雪道のように滑る。

s-nex1385.jpg




何とか上がった。これで収穫にすすめますw!

s-nex1386.jpg





スポンサーリンク




■車にトラクターのタイヤを履かせてみた

とにかくミンダナオの山中ってのは半端じゃないぬかるみで、普通のタイヤで走り回るのは100%無理。
スパイクタイヤは最低限必要で、出来れば4駆+スパイクで走るのが理想。

こっちは泥の質が違うようで、水分を含むととにかく滑るのだ。
とくに勾配の付いた坂などは、新雪の上を走ってるような感じで滑って手に負えない。
だからといって速度を緩めると沈み込んで抜け出せなくなる。 

何とかFRのトラックで快適に走ることは出来ないものかと思い、前から試したいと思っていた
トラクター用のタイヤを装着してみたのだ。


ところで、トラクター用のタイヤを普通車に履かせて走るとどうなるかパッと答えた人は神である。

ボクは走ってみて始めて分かった。



s-201202201252.jpg


舗装道だと、グリップしない(摩擦が少ない)から、すぐにケツを振る。そして加速が出来ない、ブレーキも効かない。
崖の上などは危なくて走れない。
従って、実質ぬかるみ箇所しか使えない。

トラクター用タイヤというのは、泥の上で摩擦力が最大になるデコボコした形状をしている。従って接地面積が
極端に少なくなる舗装道だと摩擦力が極端に弱まってまともに走れないのである。
トラクターは元々速度が遅いので問題ない。

確かに、理論上は摩擦力が少なければ滑るのは当たり前だと分かるが、実際乗れないほど酷い動きを
するものだとは予想できなかった。まるでアイススケートでもしているかの様な動きにビックリ。

結局、ぬかるみだけで乗るのなら良いが、ぬかるみを通るたびにタイヤを交換するのは
面倒だし現実的でない。


で、こーゆーのも試してみた訳だ。トラクタータイヤの内側にノーマルタイヤを取り付けてみた。

s-201202201256.jpg



まさかと思ったがこれが良かった。荷台に500kg程度の重りを載せておけば、かなり激しいぬかるみでも
心地よくグリップし、舗装動でも制限速度まで特に問題なく走ることが出来た。
なぜ外側にトラクタータイヤをもって来たかと言うと、小型車は大型車の付けたワダチに片輪掛けて斜めに
走る事が多いのでこの方が良い。


これがタイヤ跡ね。

s-201202201258.jpg



タイヤを装着したのは山の畑でのこと。

連日の雨で帰るのが不安になり、急遽地上からジープを使ってトラクタータイヤを取り寄せ、山で交換した。
おかげで帰りは快適、雨で、しかも急勾配のぬかるみという最大難関も何とかクリヤした。

この仕様がとても現地で目立つみたいで、多くのドライバーの注目の的である。
オメェ、バカじゃネーノって感じで(笑)


フン、名を捨てて実を取るのさ!
街でもそのまま乗っているが、今のところ問題ない。




荷台がタイヤだらけ。
椅子もタイヤで出来てるしw

s-201202201253.jpg





s-nex1115.jpg





■現地のナスの中にはかなりの高確率でワーム

ナス一本料理するのにえらい時間掛けてる訳。
ナスなんてサッと洗って切って油で焼くか、そのまんま焼いて酢醤油つけて食べりゃ簡単でしょ?

腹減って死にそうなんで、ナス調理担当を見たら丹念に一本一本分解してる。
おいおい、そんな面倒なことしないでさっさと食わせてくれ!と訴えたら出されたのがコレ。


「じゃ、これを食べなさい!」ってw

s-201202150266.jpg



ワームだよね。

ナスの中にはかなりの高確率でこいつが寄生してるようだ。
見たところ蝶か蛾の幼虫。
綺麗なナスの内部にこういう動物が寄生しているなんて初めて知った。

日本のナスにもいるのだろうか?
それとも日本は農薬付け?ハウスだから?

見たところ大きめのナスならば10本中、なんと5,6本はワームを確認できた。驚くほどの高確率である(笑)
う~ん、今まで一体何匹のワームを喰ってしまったのだろう・・・

まぁ毒じゃないし、無農薬の証拠なんだろうから問題ないけど、知ってしまった限りはこのまま
食うのは気がひけるな(笑)
時間はかかるけど分解して食べさせてもらおう・・・


ちなみに小型のナスなら寄生していることは少ないのでワーム嫌いな方は小型のナスを
選んで食うのが良いかもよ。

でも、知らなきゃそれが一番幸せ。


s-201202150262.jpg

おまいら、お願いだから手を洗って大根を揉んでくれと言いたい。心から・・・




■今日の農園ガ~ル

少女が木陰で髪を乾かせていた・・・


s-201202150136.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)