スポンサーリンク

少数民族特集


今日はイタ族。

ミンダナオ西部に住む少数民族のひとつ。



これがイタ族の村。

イタ族が住むのはこのストリートだけで、村の回りは現地一般住民が普通に住んでて綺麗な学校もある。

s-DSC05781.jpg



貧しい村だが、電気も来ているし他の村と比べて特別貧しいと言う訳ではない。
ただ、民族的に興味を惹く村ではある。



イタ族の美少女。

s-201202051142.jpg



s-DSC05760.jpg




イタ族の少年。

s-DSC05779.jpg



多分混血の子

s-DSC05773_20120225115635.jpg



スポンサーリンク


今回、初めて行った少数民族「イタ族」の村。

正直ビックリした。

何がビックリしたって、写真を撮ろうと思って村を歩いていたら、住民たちに文句を言われたYO

写真を撮るな!(・∀・)カエレ!って。


おいおい、まだ撮って無いって!!

原住民のリーダーっぽい女性に事情を聞くと、なにやら我々の事をNGOと勘違いしている様子なのだった。

我々はNGOじゃないし、ただの通りすがりのエロ農民である事を説くと、じゃ、キャプテンに事情を話して許可を
貰ってくれって事になった。
(しかし100歩譲ってもボク等がNGOに見える事は無いと思うが!?笑)


村を撮るのに許可!?頼まれても撮らんわ!
もう、面倒なんで帰ろ!と思って車に向かっていると、騒ぎを聞いたキャプテンらしき男性が現れたのである。


聞く気は無かったんだけど、聞いてみるとこうらしい。

ある日、NGOを名乗るグループが、護衛をつけてカメラを持って現れたらしく、村や住民の写真を撮り、
資金援助の約束して去って行ったらしい。

住民は楽しみに待っていたが、その後音沙汰は無く、なんと彼らの写真のみが広告に利用されていたのだと
いうのだ。

ふむふむ、そりゃ酷い。でもよく聞く話だなぁ。


実は、こーゆー話しを聞いたのはここだけでは無かったりする。
とある民族系が多く通う小学校でも、援助を約束する団体が現れてその後来なかったと愚痴っていた。
(学校の先生全員と生徒が言っていたのでホントだろう)

ボランティアに特別の関心がある訳ではないので、その団体がNGOだろうが猫杓子だろうが、どうだっていいのだが、
エロおやじのささやかな楽しみを奪わないでくれと言いたいw

つーか、黙ってミリエンダでも渡しておとなしく撮ればトラブルになる事もないと思うのだがね。
余計な約束すれば期待するのは当たり前だろう。


NGOを標榜した詐欺か? そーやって荒稼ぎするNGOなのか? 少数民族の妄想か? ボクの嘘か?
忘れた頃に援助が来るって可能性も無い訳ではないがそれは無さそう。
真相は不明であるが・・・

(ふんふん聞いていたら、その後写真撮ってもいいて事に、サンクス)


つーか、今更分かりきったことだけど、途上国ビジネスってのは一部の人間にとっちゃ旨い飯の種だよね。

今回の少数民族絡みの騒ぎもそう。農民が借金しなきゃ買えない高価な種もそう。肥料の価格調整も
組織犯罪的である。途上国を舞台に貧困層を無くせるほどの膨大な利益を上げている筈の彼らだが、
当の貧困層達に1円でも還元しようとする気持ちのカケラも無い。

途上国の農民は世界の食と富裕層の富を支える水のみ百姓。

全ての団体や企業が悪いと言ってる訳ではないので念のため。真面目に頑張るボランティアや
企業も存在するという事も申し上げておく。


どっかの金持ちの勇者さん。ビンボーな人に種を配るプロジェクトでもやってよ。

継続可能なコーンの種を山岳地帯に原価で売るだけでいい。
あとは援助しなくても勝手に豊かになる。

(ボクにも売ってね。それが本音かいww)



s-DSC02924.jpg

今日のおかずは熱帯魚。カリカリに揚げてみようと思う。




■今日の農園ガ~ル

パインはいかが?

農村は密かなパインブーム。流行に流されやすいフィリピン人気質も手伝って、パイン畑が急増し始めた。
「おかげで毎日美味しいパインが食べ放題よ♪」と少女談。

もちろん無断収穫であるw


s-201202100345.jpg





スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)