スポンサーリンク

増殖する竹林を殲滅せよ


山が竹林に支配されて悩んでる日本人の方も多いんじゃないだろうか?
竹林の拡がる速度は凄まじく、切っても切っても生えてきて、孫の代にはマツタケ山が竹林に変身するほど
凄いものらしい。

日本では広がった竹林が近隣に迷惑を掛ける事もザラ。
竹の子を見つけた時には既に手遅れで地中には無数の根が張り巡らされ、仮に住宅街にでも進入させたら
責任問題に発展する事もある。畳を突き破って竹の子が出てくる話もよく聞く。

観賞用に植えてしまった竹が竹林化して手が付けられなくなるケースも多いらしい。


ちゅーか、ボクは今になって初めて竹林の恐ろしさを知ったのである。

ウチの畑にも日本のとは形が違うのだが、鬱陶しい竹林がある。
生え方が日本とは違い、円形状の竹林がコロニー単位であちこちに増殖していく。

範囲は狭いのだが、密度が高くて本数が多く、切っても切っても生えてくるし、竹の子はおいしく
無いから減らないし、成竹を切ると、まるで行く手を阻むかのように細かい笹がびっしり生えてきて
余計始末におえなくなる。


椰子を植えてから7、8年、今まで別段竹林に気を留める事も無かったのだが、最近離れた場所に
コロニーが幾つも出来ているのに気が付いたのだ。(管理してない証拠だよねw)
全て切り取って燃やしたはずのコロニーも、数年を経て元の竹林を形成していた。

こりゃ、例えば子どもが管理する代になると畑中が竹林になるんじゃないかと危機感を持ったのが
ごく最近。(脳がフィリピン化してるから)

掘って見た訳ではないので確信は無いが、コロニーから遠く離れた場所へ根っこが
伸びて行き、そこに新たなコロニーを形成するって感じで徐々に広がってる感じだ。
水分を好むようで、水の通り道に沿って生えるのが特徴。

日本のように徐々に侵食していく生え方とは違う。

このままじゃ椰子畑が竹林に置き換わってしまう!?
ちゅー訳で、ネットで色々調べて傷の浅いうちに竹林を退治する事にしたのである。




スポンサーリンク




まず、若いコロニーは何とか伐採した(見かけ上ね) 
あとは根まで枯らせなきゃならんわけだが、
噂によるとラウンドアップなどのグリホ系の薬品を注射器で注入して退治できるらしいものの、1本1本に
注入する必要があるし、先ほど言ったように竹の密度が高すぎて、中まで入っての作業自体が困難きわまる。
近くの水源への影響も考えなきゃならない。

なにかいい方法はないかとネットを散策していると、竹は塩害に弱いという事を知ったので、早速塩問屋で
塩を150kgほど入手。これが多いか少ないか分からないが、他の農作物に塩害が及ばない
と思われる範囲内で、モノは試しと撒いてみることにした。

s-DSC05352.jpg


竹林コロニーの数は数えてみると12個前後もあり、そのうち8個は何とか禿にした。

s-DSC05368.jpg



塩をを撒くと言っても、もしかしたら椰子にダメージを与える可能性もあるのは承知の上。
その時は椰子園止めて竹の子牧場にするわw

でも、個人的にはウチの遺伝子組み換え椰子ってのは塩分に強いんじゃないかとは思っている。
あれだけの高化成肥料を必要とするくらいだから、塩化ナトリウムへの耐性もあるんじゃないかと
素人的考え。実は竹より弱かったりして(笑)


まず刈った所の根っこと、嫌がらせのように1本1本芯の中に塩を投入。

s-DSC05361.jpg


s-DSC05365.jpg



残った強力な母体には、水で溶かした塩を根元に流し込んでやった。
これで少しは反省するだろう・・・・

s-DSC05366.jpg



つーか、母体に作業中に呪いが発生。
ありえない場所で、ボク自身が古釘を踏んで怪我してしまったのだ。

誰もが切ることを嫌がる竹林を切ろうとした祟りか!?

いや、そんな事は無い。
この迷信をクリアした時に初めて豊作が訪れる・・・・だろうと確信している。
竹の周りの作物は養分取られちゃって見事に作物が育たないから。

いてて・・・
ところで大丈夫かな破傷風菌・・・

s-DSC05357.jpg




s-DSC06239.jpg




草刈は女子軍団と共に・・・

もちろんボクも手に豆作って動きましたよ。

s-DSC05393.jpg




労働後の一服はランプタン畑で。
女子はランプタンが大好き!

つーか、唇が腫れようが、腹が痛くなろうがお構いなし。
基本的には全ての植物に毒があるんだから食べ過ぎちゃ駄目だよ!って教えても聞く耳なし(常識的なホントですが)
マジで一人で100個くらい食べてるw 熟す前で酸っぱいのに。

ドリアンが実ったら一人で10個くらい食べて倒れるんだろうね。

s-DSC05425.jpg




つーか、実ったやつから何者かが食べてるドリアンw
誰だよ!

s-DSC05426.jpg



コーンが生えているのが分かると思うが、これはずうずうしくも近隣の住民が勝手に植えたコーン。
邪魔で仕方ないが、少なくとも草ボーボーで荒地になるのは防げるので黙認してる。

s-DSC05416.jpg





■奇妙な猫

これは煙を好む奇妙な猫
暖かいから煙の上に行くのは分かるが、涙とよだれを垂らしながら、耐えるように
この位置に居座り続ける。


s-DSC04383_20120221201832.jpg


s-DSC06234.jpg




■部屋に舞い込んだ幸運の象徴

この辺では、蝶が部屋に舞い込むと金銭運に恵まれると言う伝承がある。
別に蛾でも良いらしいw
それなら年中毒蛾に刺されているが!?(笑)お金はドコよ!?

写真のジャノメ蝶はかなり大きめで美しかった。

s-DSC06006.jpg




■キノコが美しかったので

ゲームに出てきそうな可憐なキノコが群生していた。

s-DSC05408.jpg





さて、地上の椰子畑の作業も考えねば。

畑に適当に掘った水路が豪雨時の水流で捻じ曲げられて、椰子を倒すなどの被害が出てきてる。
セメントで補強するとかしなきゃならんのだが、ちょっとセメントを打っただけでは解決しそうに無い。

少しくらい土木の知識でもあれば良かったのだが、頭悪いからねぇ。
水の力を甘く見過ぎていた。

土管でも買って置いてみるか・・・





■今日の農園ガ~ル

とある水田の農夫さんの娘。
手づかみで食べていたが、カメラを向けると恥じらいながらスプーンを手にした・・・

s-DSC04220a.jpg






スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)