スポンサーリンク

報道されない大洪水に遭遇


■引き続き米の収穫中

今日は次の水田の収穫&脱穀だったのだ。
昨日から作業は始まり、脱穀軍団は今朝4時から現地へ向かって脱穀っつー流れ。

作業は無事終えて、さっき問屋で売却を済ませた所である。

やっぱ、ここも悪かった。近所も良くない。全体的に不作とネズミの影響が重なったんじゃないかな?


今回のここの収穫量

330kg/10a 売却価格 15.8peso/1kg

(前回410/10a 売却価格 13.0peso/1kg)

米の価格が若干上がっているのがせめてもの救いか。


まぁ、一年間のトータルってのが10トン/haに収まるのがうちのパターンなので
二期作の北の水田だと、もしかしたら来期はどーんと来るか!?

心配しなくても無い無い。

s-DSC06022.jpg




■絵に描いたようなチスミスを見せてあげる

農夫さんセットやブルーシートなどを準備して現地へ向かうと、米の搬出準備は既に整っていた。
ここは特にチスミスが多いと言われている所で、日ごろから目立たぬように行動している所。


みえる?米の周辺に群がるチスミス軍団。

彼らは収穫と全く関係ないのに群がっているチスモソ&チスモサである。
そのチスモス達がこっちを見ているのがわかるだろうか?
フルスモークでトラック内部を見えなくてもこんな感じ。

s-DSC06026.jpg



連中がしゃべっているのは、我々のプライベートな生活の予想、米の収量のこと、そのお金の
使い道やお金の運搬方法まで、余計なことまでベラベラベラベラしゃべり続けるのである。
おぼろげに日本人が絡んでいる事を知っているので、妄想は彼らの脳内で無限に増殖する。

こういう連中が言った事が、人々の間を巡る間にとんでもなく誇張され、時には身の危険を
招くほどのトラブルに発展したりするのがこの国である。例えば彼らの知人にが誘拐魔がいたりすれば、
たちどころにお金の運搬ルートさえ推測されてしまう。

フィリピンのチスミスの怖さは知っておいたほうが良い。


このツラをみてー(超拡大図)

s-image_20120215204540.jpg



スポンサーリンク


■報道されない大洪水に遭遇

今日は野暮用で行きたい場所があったので遠方に出掛けたのである。

この辺はグーグルマップで見ても分かるほどの広大な湿地帯の近くの村である。
興味のある方は中西部を探してみるといい。

s-DSC06044.jpg



なんと、多くの家々が二階近くまで水に浸かり、住民が避難している真最中だった。
洪水に襲われた直後だったようである。

s-DSC06062.jpg


s-DSC06098.jpg


s-DSC06063.jpg


s-DSC06059.jpg


s-DSC06071.jpg


s-DSC06073.jpg


s-DSC06077.jpg


s-DSC06086.jpg



s-DSC06096.jpg




そうこうしている間にどんどん水が増えて、道路が浸水してビックリ!

帰れねぇ・・・(泣)

s-DSC06066.jpg



s-DSC06064.jpg



洪水になる速度が遅いので死者までは出ていないと思うが、かなりの規模の水害で、多くの家屋や
畑が水没している様子だった。
早く水が引いて普段の生活に戻れるよう祈る。




■今日の農園ガ~ル

s-201201121515.jpg



s-201201121507.jpg



つーことで、もし雨が降らなければ明日から山の畑に作業に出る。
雨が降ったら再び中止。

山の作業中は更新、コメント出来ません。





スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)