スポンサーリンク

山のコーン栽培編


自宅に帰り着き、ホッと一息ついている所である。
体中ほこりっぽいし、喉もいがらっぽい。どこかに龍角散ののど飴があったような気がしたが・・・



往路の上り坂での話しだが、クレイジーな大型トラックが滑って来て、危うく奈落の底でニニヨー様と
ご対面する所であった。

坂の上の遠方にトラックの気配を感じたボクは、離合に備えてカーブの前で止まって待っていたのだ。

間もなくトラックが現れたが徐行する気配が無く、突如思い出したように急ブレーキを掛ける暴走トラック。
カーブで急ブレーキなモンで、あおられたボディが泥で滑って、我が車両から
目前のわずか20cmという所で静止。

運転席のボクは、相手の巨大なタイヤが迫ってくるのを間近で観察した。 
もう、これはトラウマ級。殺す気で迫ってくる巨大なタイヤが脳裏に焼きついて離れない。

こっちの僅か1m後ろは地獄へ続く崖であり、少しでも接触しようものなら100%落ちていたに違いない。
ボクを含め、こっちの同乗者全員の顔は青ざめ、トラックの運転手の顔はブルブル震えていた。

馬鹿に文句を言っても仕方ないので、とりあえず相手を睨み付けて、ボクもガクガク震えながらその場を去ったが、
いやはや、山道で離合する時は絶対カーブの周辺では停止してはいけないと心に念じたのだった。
ここは日本ではないのである。


写真は無し。カメラの存在を思い出したのはそれから30分も経ってからだ(笑)



現地へつくと、二箇所目のコーンの収穫が丁~度終わった所であった。

s-DSC03867.jpg



ここがコーンの脱穀場みたいなもの。
コーンを粒々の状態にするのだ。

倉庫の上から機械に投入すると・・・

s-DSC04852.jpg



下からパチンコ玉みたいに出てくる。

s-DSC04866.jpg



だいぶ前、古い焼玉エンジンの写真を載せたと思うが、そのエンジンのある農家が脱穀屋さんなのであった。

うちで一番古いエンジンが40年前のだけど、それよりまだまだ古く見える。
戦前?って事は無いよね?

s-DSC04856.jpg




脱穀屋さんの台所では賄を作っていた。

s-DSC04854.jpg




ここがコーン畑よ。
手前と向こうにミステリーサークルみたいな禿山があるでしょ。

向こうの禿山が収穫中。手前が収穫後。
カワイイ小さな畑だ。

s-DSC04843.jpg





スポンサーリンク




ところで、畑の周辺のコーンが異様に少ないわけよ(笑)
おやつ代わりに持っていく輩が多いのだが、おそらくその量が半端じゃない。

つーか、明らかに盗んだコーンってのを堂々と口にしていた者としては文句を言える立場に
無かったりする訳だが、逆の立場になると痛いほどその気持ちが分かる(笑)


ある程度は諦めるが、あんまり酷いときは「使用禁止農薬散布中」の看板を設置するかも。
ハッタリだけでも効くからね。





ここまで硬くなると食用には適さないが、加工用はこうじゃなきゃ加工できない。

s-DSC04846.jpg



これが粒々コーンね。
口に入れると青臭い味がする。

s-DSC04864.jpg



脱穀は深夜まで続いた。

s-DSC04879.jpg



おら~!一日目の粗食だぁ!
(もうこの料理は勘弁して・・と心の声)

s-DSC04903.jpg




さて、今回初めて試した商用コーン。
まだ終わり切っていないが、結果は出たようなものである。

計算してみると驚きの結果が!?
なにが驚きって?それは気が向いたら書く。

s-DSC04823_20120205225357.jpg




これみてー

うちに生えてる巨大象竹(タマさんリサーチ)
切れば立派な椅子でも出来そうだが、とんでもなく硬いので加工が大変。

s-DSC03813_20120205222127.jpg




ちゅーか、この竹林に頭を悩ませている・・
どんどん拡がって椰子の栄養を食い始めたからね・・・
周辺の椰子が全く実を付けないのである。

s-DSC03706.jpg




この様に棘の草が行く手を阻むので手が出せない・・
ガソリン掛けて燃やすか。

s-DSC03708.jpg





■今日の農園ガ~ル

久しぶりに女子高生。
すっげー日差しが分かると思う。この中を2時間掛けて学校に行くんだって。


s-DSC04638a.jpg



山の畑編は何回か続きます。

新しい話題を優先するから途中飛ばすかもしれないけど・・

苦労してマノボ族の村に行ったりしたので、それも時機に載せます。
まえ、マノボの村に行ったけどそこから更に3時間くらい山奥の村を探索したのれす。

マノボは、昔の移民政策で行き場を失い、ひと気の無い山の中でひっそり暮らしている
カワイソーな農耕民族です。うるる






スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)