スポンサーリンク

家は無くても・・・

ミンダナオでは幾らくらいで家が建つか?


出来ればボクの住んでる家の写真でも撮って、詳細に説明できれば、こちらで家を建てようと
思う人の参考になるし、面白いと思うのだけど・・

実はボクには家が「無い」のである(笑

昔はあるにはあった。だが、訳があって家も土地も人に譲渡してしまった。

現在は、貸家に住んでいる。写真にちょこちょこ写ってる家もその貸家である。
免許証の住所も貸家だし、郵便物もボク名義で貸家に届く。


厳密に言えば、ボクのパーム畑の中に家はあるにはある、だが、それは農夫さん一家に
貸してあるし、町から遠いしネットも使えないから実質住むのは無理だ。第一ネットが出来なく
なってしまう。

photonotavailable.jpg

パーム畑の中の綺麗な家(笑




スポンサーリンク




それなら「家を建てば?」って言う人も多いのだけれど、僕は農業が優先だと思っているので
家には全く興味が無いと言っていい。水と電気とネットさえあれば、ニッパ椰子の小屋だろうと、
竹の家だろうと何だっていいと思っている。

欲求の優先順位が果てしなく低いのである。
もしお金に余裕があっても、今後家を建てることは無いだろう。

家の無い今が、人生の中で一番幸せだからだ。




と言う訳で、昔のボクの家の写真が少しだけ残ってたので、値段だけ。
全体像が無いので分かりづらいが、3DKバストイレ独立、ブロック&セメントの平屋。

総工費は30万ペソ。日本円で60万円。
もっともこれは10年前の話なので、今は倍くらいするんじゃないかと思う。
それでも絶対3倍も4倍もする事は無い。

photonotavailable.jpg


現地で家を建てるときのポイント。

もしボクが家を立つなら、その辺をウロウロして家を建てている現場を見つけ、
直接大工をさがす。そして値段を聞き交渉。(例えば今建てている位の家は幾らですか?など)

人に頼んで大工を探してもらった場合、ヒマな自称大工がやって来る確率が多く、
時間ばかり掛かってロクな家は出来ない。人の紹介で優秀な大工が来る確率は果てしなく低いのだ。

もっとも、設計士を雇って本格的に建てるのならこの限りではない。



おまけ

photonotavailable.jpg

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)