スポンサーリンク

強引収穫

金がねぇ~~っ

って事で、


強引に椰子を収穫してみる事にした。


畑じゅう引っ掻いて集めれば大八車2台分くらいは集まるだろう・・
ついでに椰子老人の椰子も収穫できないか交渉してみよう・・

うまく行けば我々のおかず代が出て、お腹を空かせた車さんにも給油してあげられる。

こっちは意外とガソリンが高いからね。
ガソリン110円、経由90円。


畑の農夫さんにはちょっと割の合わない労働になるんだけど、そこは何とか
干し魚の差し入れか何かで我慢してもらうことにして~



トラックの方は肝心の整備を終え、一応走行可能な状態である。

久しぶりの運転で腕が鳴る。






つー事で、何とか悪路を栗屋して畑へ付き、その辺を見ているとちょっといつもと
畑の雰囲気が違うみたいな気がする・・・

と思ってよく見ると、何と昨日の豪雨で水路が崩れて椰子の木が倒れてしまっているのだった・・



ショックでしばし無言。


photonotavailable.jpg




この場所はそのうち崩れる悪寒がしたので、修理しようと思っていた矢先の出来事。
お金に余裕が出来たらセメントで固めようと思っていた・・・でも間に合わなかった。

何年も何年も大事に育ててきた椰子を二本も失ってしまった。

本数はたったの二本なんだけど、取り返しの付かない損失を出してしまったように感じるのだった・・・
目にトゲを刺されても痛くないほど可愛がっていたからね。



どっちにしても早急にセメント工事しなければ・・
第三、第四の被害者が出る可能性がある。









今日は非常に沢山の子どもがいた。

学校が休みだからね。

この前来た日本人のお客さんもこういう日を狙ってくれば一味違った農村を味わえた
かも知れない。

photonotavailable.jpg






人の多さに反比例して収穫量は非常に少なく、畑中掻き集めてもトラック半分に
するのがやっとだった。

みんな苦しいだろうが、胴元も苦しいので勘弁して頂戴。

せめてもの気持ちとして子どもに日本製のパンダチョコレートを伝授。






それから少ない椰子を工場に持ち込み家路に着いた・・・

今回はコレでオシマイ。



肥料と水路の問題で脳の中身がぐるぐるぐる。




photonotavailable.jpg






スポンサーリンク




農夫さんが長靴買い換えてくれ~!っと涙ながらに訴えるので長靴買わなきゃならん・・

5足も・・・(泣)

いくら彼らが強靭とて最低限の安全は確保せんとならんの。


photonotavailable.jpg







今日は2時間ほど椰子の葉の間引きをした。

大した傷じゃないんだが、上から葉っぱが落ちてくるだけで腕がこんな風になる。

photonotavailable.jpg






それを見ていた子どもが自主的に手伝ってくれた・・・

感動した!ので、ボクの昼飯に取っておいた茹でたてのコーン券を進呈した。


photonotavailable.jpg







この子何歳に見える?


photonotavailable.jpg



何と、この体格で10歳なんだそうだ。
日本なら6歳。









■■今日の粗食

二日連荘で「カマンシ」


photonotavailable.jpg


見かけと味?はジャックフルーツ。
食感は繊維質なのにモチモチしている。
すこ~しさつま芋の風味みたいな気もする。中の種はクワイっぽい硬さと味。

ドラえもんののびた君が「パンみたいな味がする!」なんて言ってた気がするが
(こんなの誰も知らないだろうな)
残念ながらパンみたいな味はしない。







photonotavailable.jpg

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)