スポンサーリンク

北の収穫量は

今日は椰子の収穫を済ませてきた。

どーも悪いね。

悲しい事だがトラックを満タンに出来ない。

こんなんじゃ肥料代はおろか、妊婦代も出てないだろう・・

photonotavailable.jpg






この前収穫した米は、近所の乾燥施設に運び込んだ。


自宅にストックすると色々手間が掛かってメリットが無いので問屋に即引き取って
貰おうとも思ったんだが、買い取り価格が前回より3割もダウンしていたので一旦
乾燥させて時期を窺う考えに変更した・・・

これ以上下がったときは下がった時。

そんとき考える。

photonotavailable.jpg




今回の北の水田の収穫。

約510kg/10aだった。
1ヘクタールだったら5トンちょい取れた計算。

前回は400kgくらいだったと記憶している。




ちなみに、脱穀時には多くのロスが出るので、実際の収穫量ってのはこれより
数%多いと思われる。

ロスっつーのは、脱穀機から最後に出てくる実入りの少ない籾や、脱穀機内部に
付着する籾(コレが実に多い)や、水田に沢山落ちている落ち穂(稲刈り集団が
仲間のために故意に落としていると思っている)・・・などなど・・

これらの籾が馬鹿にできない量に及ぶ。



これらのおこぼれは地元の貧しい人が優先的に取るフィリピン的な習慣。
コレはモスレム地域で多いけど、カトリック地域でも結構見かける。


今回のビデオの中で、脱穀機の周りに三度傘を被っていた人たちを見たと思うが、
その人たちがおこぼれ調達隊である。雇った農夫さんではない。

過去に出た水田の少女達も、その多くはおこぼれ調達隊なのである。


勿論、こういうロスを全てシャットアウトしてしまう事も出来るが、そういう極貧の
人たちの最後のご飯まで奪い取ってしまうと、他の犯罪を作ってしまう事になりかね
ないし、まぁそこまで徹底しなくていいと思ってる。もちろん行き過ぎた
調達には目を光らせるけどね。
彼らは居候のボクらが入り込む以前からそうして暮らしてきたんだから・・・

仏さんにあげる仏飯程度に思っておけば腹も立たない。




スポンサーリンク


明日辺りには米も乾燥するだろうから、再びトラックに載せて自宅の倉庫にしまいこむ作業。

結構大変だ。





籾を見守る子ども?


photonotavailable.jpg





ごはん

カラバウの大腿骨の煮込み
骨の中の骨髄を箸で掬って食べると実に旨い。


photonotavailable.jpg


photonotavailable.jpg






車の窓から写真を撮るとこんなに上からになってしまう・・


photonotavailable.jpg




たまには美少女の画像を出さないと読者様がうるさいから・・・


photonotavailable.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)