スポンサーリンク

南の水田は豊漁

南の水田地帯がにわかに活気付いている。

この前の大水であちこちに水溜りが出来て、魚がうようよ湧いているのだ。


農家ピープルスは大喜び。


みんな思い思いの漁具をもって水田での漁に励んでいた。







捕獲したティラピアを捌く農夫VとIとR

photo_not_available.jpg





よく見ると2匹のカエルが泳いでいた・・・

photo_not_available.jpg






やっぱ、日常カエルを食べなれてる人の捌き方はちがうわ。

photo_not_available.jpg






皮一枚のカエルがこちらの様子を窺っていた。

これらは豚のエサになる。

photo_not_available.jpg








「喰っていけよ!」って言われたけど、農夫さんの食事を減らしちゃ悪いと思って遠慮した(笑)

photo_not_available.jpg






おそらく焼いて保存するんだろうね。

photo_not_available.jpg





スポンサーリンク




でも、実は腹が減ってるんだよね・・・

よし、山のレストランへ行こう!



そーそー、直ぐ近くに女子Dの家があるから、そこのガキンチョを一緒に連れて行ってやろう。

つー事で、家に行って子どもを車に乗せた。



妹の一人は、「少女と鳥」の女の子。姉と同じく物心付いた時から農作業一筋に生きてきた子だ。

生まれて一回も外食した事が無いそうだから、きっと素敵な思い出になるだろう。



photo_not_available.jpg







山の水場でひと休み・・・

photo_not_available.jpg





ここは年中水が出っぱなし。

photo_not_available.jpg





着いた。

おぉ、今日はオーナーのおばちゃんがいるじゃん。

少女に美味しいチキンを頼むよ!


photo_not_available.jpg




帰り際にオーナーの携帯番号をゲット。

予め連絡すれば、いろんなメニューも用意できるんだって。
ゲストを連れてくる時は連絡して~って。

photo_not_available.jpg







今日はスープの量が多かった。
やっぱ、オーナーが居るときと居ないときは違うのだ。

この鳥から出たスープを飯に掛けて食べると旨いのだ・・・・



って、今日は食事シーン撮ってねぇや!

子どもが美味しそうに食べる姿を撮りたかったのに、食べるのに必死で忘れてしまった。




photo_not_available.jpg




photo_not_available.jpg




スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)