スポンサーリンク

究極の悪路対策 陸上自衛隊73式中型トラック

オマエ何をとち狂ったのかって言われそうだが、実はこのトラックを買ってしまった・・・

陸上自衛隊73式中型トラック



(写真はイメージ)
photo_not_available.jpg




この前行ったのはカガヤンのこの会社ね。
ここに輸入品の中古トラックを見に行ったわけ。


ここの輸出元に勤める方の紹介で、この輸入業者を紹介してもらったのよ。

photo_not_available.jpg





で、本当はイスズの中型かダンプが欲しいと思っていたんだが、在庫がないし
予算も及ばず・・

ダバオの支店に一台あるらしく、写真も見せてもらい値引きまで話が進んだが、
何となく8時間掛けて行く気も起こらず・・・



大型トラックの在庫はあったがそんなもの田んぼ売っても足りない・・

前乗ってた奴より小さいトラックは予算内で沢山あったんだけど、それじゃ旧車から
買い換える理由に乏しいからね。
どうしても、前よりメリットのある車体が欲しかった。

photo_not_available.jpg




で、トラックの群れを見ながら悩んでいるとここの若社長にこのトラックを
見せられた。

この軍用トラックなら4輪駆動だから山道もOKだってね。


自衛隊の払い下げ品だ・・


いや、結構ミンダナオでは使ってる人が多いんだよ。このトラック。
頑丈で車高も高いので悪路の多いこっちでは結構人気がある。

でも、73式の大型は結構見かけるんだけど、コンパクトな中型は始めてみた。

photo_not_available.jpg


コレが現品。



で、じ~っと見ているうちにだんだんコレで良い様な気がしてきた訳よ。

4輪駆動で悪路を疾走するイメージが脳に浮かんだわけ・・
いままで苦労した山道やぬかるみが屁でも無くなる!?
有事の際は災害支援だって出来るぞ!?



ん~ん、だが確かに山道には強いだろうが、こんな車で走ってたらゲリラと勘違い
されて撃たれちゃうよ(笑)みたいな話をしてたら、それなら変わった色にすればいい
って事で明るい色に塗装することになった。

一番心配なのは故障したときの部品なんだが、それについては大きな町なら置いてあるって。



車体は年代相応に古びてシートも破れ錆びもでていたが、それも全部補修するとの事。

標準では荷台が短いのだが、そいつも60cmほど延長してもらい過激な過積載に
対応出来るようにする。


幾らなんでも今までの馬鹿トラックみたいにぬかるみの負荷ごときででタイヤが回
らないって事はないだろう。
戦地でそんなんだと蜂の巣になっちゃうんだし(笑)



スポンサーリンク


日本からフィリピンに輸出されるトラックの殆どが15年~20年の年代もの。
メーターが100万キロ回ってる車なんてのも珍しくない。
コイツもおそらく数十万キロは走ってると思われる。

それでも肝心のエンジンや下回りがしっかりしてれば、日本のトラックってのは、もう
一人生歩む事が出来る。
そのくらい日本製のトラックってのは丈夫なんだ。


車体が完成するのは2週間後・・



って事で、完成までに時間が掛かるので、本当はカガヤンに行ってそのまま
買ったトラックに乗る予定だったんだけど、又バスで帰ってきてしまった。

で、この前のゲロ地獄を味わった訳ね。


車が完成したら新しい歴史が始まる・・・・
山で日本兵探すか!?
未知なる農村で女子を発掘するか!?うそうそ






若社長はとっても気さくで面白い人だよ。
名前が冗談っぽくておもしろい。

photo_not_available.jpg




オフィス内ね。

photo_not_available.jpg




中古トラックや軽トラを買うなら輸入業者で直に買うのが良い。

フィリピンの中古車屋さんに並ぶ車の多くは、厚化粧しまくった状態で店頭に並べられてる事が
多いんだけど、それだと修繕前にどんな状態だったか見極めが難しい。

輪切りで10等分になってた車かもしれないし、錆で粉になってたのを糊でくっ付けただけかも
しれない。まぁ、それはオーバーだが、フィリピンの中古屋さんに並ぶ多くの車は、全身溶接で
接ぎ当てされて、車体丸ごとパテで覆われるような厚化粧を施されているのが普通である。

フィリピンの騙し技術はすばらしく、風化して屑鉄同然のスクラップでも見かけ新車に仕立てる事が
できるほど立派なもの。コレはマジ。
でも、綺麗なのは表面だけで、例えば折れたら絶対交換しなきゃいかないスプリングなんかを
溶接で繋いでしのぐなど世にも恐ろしい見かけ修理を施した車がゴマンとあるのだ。

もちろんそういう車は買って直ぐに致命的なボロが出る。


ボクのトラックなんかがそれに近い状態で、買った翌日にハンドルとタイヤを繋ぐシャフトが
外れ、川に落ちる寸前だった。


こういう輸入業者だと、輸入したての状態で車を見られるから、過去にその車がどのような
歴史を辿って来たかある程度推測できる。
ウィンドウに点検シールの切れ端が残ってるだけでも安心感が増す。

過去に整備した日本の整備工場がスプリングの溶接なんてする訳ないんだし。



車は、絶対フィリピンで使用されたものを買ってはいけない。
売った本人が言うのもなんだが(笑)

中古なら日本から輸入したスッピンを買うのがベター。



価格は、2トン車で新目のものが450T前後。ワイドだと550Tくらい・・・・
30年物のかなり古いのが250Tくらいか・・

4トン車は650T~850Tくらい・・・
10ホイールの大型トラックは900T~1200Tといったところ。

結構高いが、輸入コストや改造コストが掛かっているので仕方が無い。

ここはフィリピンだから。



photo_not_available.jpg


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)