スポンサーリンク

カラバウ証明書だ

■バスに乗ってた

野暮用を済ませ、先ほど這って家に辿り着いた所だ。

ホントに這って辿り着いたって感じ・・・



今から書こうかと思ったけど、編集する気力が残されてないし、便秘気味で痔の予兆も
あるので内容は次回に繰り越し・・

いや、さっきまでエアコンバスに乗ってたんだけど、前の席にドリアン持ち込んだ
女性がいたんだだよね。



ドリアンッつーのは別に変なニオイだとは思わない。
悪魔のニオイつーのは幾らなんでも大袈裟。

でも、



峠道全開で、喉に酸っぱいものが込み上げる寸前の状態で、あのドリアンのニオイが
僅かでも漂ってくると耐えられない。


さっきなんか、マジで一人が吐いたと思ったらそのあと数人が貰いゲロしてたよ。
勘弁してくれっつー感じ。

まさに地獄絵図。



しかし、そういう状態でも誰一人苦情言う奴は居ないんだから、変なことに我慢強い国だ。
感心するわ。


車酔いには強いつもりだったが、さっきのドリアン攻撃にはホント参った~





スポンサーリンク




■カラバウ事件のその後

散々お騒がせしたカラバウ事件・・・

あっけなく解決した。外出中に綺麗に片付いてた。



あの後、山小屋の少年や、その取り巻きの連中のケツを叩いて、カラバウオーナーから金を
取り戻す様に禿しく言ったんだよ。
山の連中はみんな知り合いだからね。


そしたら、翌日本当に取り返してきた(笑)すご。


戻ってきたお金は一旦ウチのおかみさんが預かり、その間に元カラバウオーナーが
馬鹿妻の元に出向き、証明書を渡すよう説得したようだ。

凄いケンカだったんだとか・・

そして、元カラバウオーナーは妻から奪い取った証明書を持ってオカミさんを尋ねて、
証明書と引き換えに現金を受け取り、山に帰って行った・・・・


っつー訳。





まぁ、家族で意見が割れて後でトラブルっつーのは非常に良くある話。
特に土地を買う時なんかこういうトラブルがつき物。

今回、ウチの被害は彼らの帰り賃と電話代くらいだった。
だから28000ペソくらいで買えたって事になるね。



良かった良かった・・非常に運が良い。

最悪のケースならカラバウも金も両方失ってるよ。

とばっちりを受けた山小屋の少年には今度おいしい飯でもおごるとしよう・・





コレが問題のカラバウ証明書。
(内容を解説しろとは言わないで~)

つーか、実は畜産家の方には当たり前の書類なのかもしれないけどね。
ボクは全く知らなかった。


読者の皆さんも、彼女がカラバウ欲しいなんて言ったら売買書類と一緒にコイツもゲットすること。
泥棒と間違われる可能性もあるよ~


日本人がカラバウでセットアップなんてしゃれにもならない・・・


photonotavailable.jpg



photonotavailable.jpg




photonotavailable.jpg

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)