スポンサーリンク

椰子収穫中

昨日は、椰子を工場に搬入する作業の一日目。

開いてて良かった日曜日。

工場は気の向くまま空けたり閉めたり・・・スケジュールっつーのは基本的に存在しないので
行って見て閉まっていた場合は諦めて帰る。

うちは近所だからいいけど、片道3、4時間掛けて来るドライバーもいるからね。
そんな人は車に鍋や米を積んでるよ(笑) 



とりあえず、順番待ちの予約を入れておき、この前の修理箇所の本修理をしてしまう
事にした。部品は朝街に行って買ってきた。

このままでも走れない事は無いんだけど、部品が中古なのでまたいつ壊れるか分からない。
新品に交換しておけば、半年は安心!?

なぜ半年かって?
中国製の部品の耐久性は半年なの。日本製の部品欲しーい!



とりあえず、路上に米袋を敷いて一杯のネスティーを飲む。



photonotavailable.jpg




さて直しましょう。

同様に順番待ちをしているドライバー達が集まってきて、ボクの作業を見始めた。
いつも顔を見せない日本人が修理してるから珍しいんだろうね。


photonotavailable.jpg




ドライバー達が、ボクのアクションを見て驚いている。

何を驚いてるのかと思ったら、ボクがいちいち工具を拭くのが珍しいんだそうだ。

おまいらオイルまみれの工具拭かんのか!?(笑)



それから機械の稼動部分にWD-40(気付いた人は神)という潤滑油をスプレー
しているとまた驚く。

WD-40使ってるの始めて見たって(笑)

使わない方が珍しいだろうが!?(笑)


やりにくいったらありゃしない。



とりあえず修理は終わり。

中身のピストンリングを新品に交換し、新品のラバーブーツを填めておいた。


photonotavailable.jpg





助手にクラッチのポンピングをさせて、クラッチオイルのエア抜きをする。


またドライバー達が驚いてる(笑)ウチは全部女が手伝うの!
おめーら男よりよっぽど役に立つよ(笑)



スポンサーリンク


さて、終わったごろに丁度順番が回ってきたので、工場内に車を回す。

むちゃくちゃ少ない。よっぽど不作なんだね。
それにしちゃ、買い取り価格が安いが・・


photonotavailable.jpg





この検査員のチェック表が買い取り価格を左右する。

いくら面倒だからといって搬入をドライバー任せにするとダメ。
農園主自ら出向いて検査員と話すのが一番。


photonotavailable.jpg






もう一台のトラック厳しそうよ~
検査員二人で重箱の隅を突っついてるよ。

photonotavailable.jpg






荷は全部下ろしたけど、終わりじゃない。
また、畑に行かなきゃならない・・・

でも、今日は楽だったよ。昨日雨が降らなかったから楽勝。

こんな物まで持っていったけどね。用意周到であればあるほどイベントは起き難いものだ。

photonotavailable.jpg




現地に着いたら誰もいない。遅かったからね。
農夫さんが来るまでバラフルーツ拾いでもしましょう・・

誰か小遣いくれ。


photonotavailable.jpg




椰子老人のコーン畑が収穫を迎えていた・・・・


photonotavailable.jpg





差し入れの肉まんを頬張る子ども。


photonotavailable.jpg





帰りは最近嵌まってるチャプスイを。

photonotavailable.jpg





で、また工場ね。まだ終わってないのよ。

実は、ぬかるみ恐怖症で小分けにして運んでいるのです。
あと、もう一日か二日掛かりそう・・・






今からもう一度工場に行かなきゃならない。

大手の収穫と重なって弱小農園は後回しにされてしまった・・・



以上










これ、フィリピンでお馴染みの、超危険なハエ叩きっつーか、蚊叩きね。

ブンブン飛び回るモスキートやハエをこれでひっぱたく訳。
かなり効果あり。

でも、

興味本位で指を突っ込んだり、舌を入れたりしないよーに。

禿しく感電します。


photonotavailable.jpg






こんな風になります。凄いでしょ?


photonotavailable.jpg


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)