スポンサーリンク

山の開拓1、自宅を出発

お今晩は。いま山から這ってたどり着きました。



畑でラップトップを使って日記を書いていましたので
それをそのままアップしますね。


1、山の開拓1、自宅を出発編
2、山の開拓2、まさかの故障編
3、山の開拓3、僻地に華の女子高生編
4、山の開拓4、自給自足に適した農地発見編


4日連続です。


------------------------------------------




山の開拓1、自宅を出発



前日の雨で道がぬかるんでいるんじゃないかと心配したが、思ったより道の状態は
悪くなく、適度な湿り気を含んでいるため土ぼこりが少なく、窓を
開けっぱなしで走っても土煙にむせる事は無かった。

しかし、工事中が非常に多く舗装道と未舗装道の段差に悩まされた。


photo_not_available.jpg




途中、手旗信号の無い片側通行があり、ひっきりなしにやって来る対向車に押されて、
何度もバックで引き返さねばならない場面もあった。


何年か前、当時の大統領がこの道路を利用しようとした際、余りの
道の酷さに現地視察を断念した経緯があるらしく、それから大統領の指示で急ピッチで工事が
進むことになったようだ。

途中、政府の関係者が高級車で工事現場を視察してるのも目撃したし
どうやら本気で舗装する模様。

街中だって舗装が終わってない所が沢山あるってのに、なんで、
こんなド田舎の山道の舗装にこだわってるのか知らないが、まぁ何はともわれ、
山向こう畑を持つ人間にはありがたい事。

もう、舗装なんて一生諦めていたからね。


スポンサーリンク


山道をひたすら進むと、突然大型トラックが何台も止まっている場面に
出くわした。
荷を見てみると、なんと国連?からの援助米。

サックにワールドフードプログラムの文字があった。

photo_not_available.jpg


米袋を持って、山道をとぼとぼ歩く家族も見掛けた。

photo_not_available.jpg



本来、政府関係者のポケットに入ると思われていた援助物資が、何と住民に
無料で配られていたのである。

当たり前だけど驚いたよ。

小学校の低学年に米が配られてるってのは聞いたことがあるけど、貧しそうな地域に
大型トラックでバラ撒いてるのは始めてみた。
そのトラックの近くには援助物資の監視役と思われる、ワールドフード
プログラムの乗用車が止まっていた。


住民に聞いてみた。「これは何の援助ですか?」


「金(きん)で儲け過ぎた日本人がお米を配っているんだ」

う~ん、何となく違うような気がするけど、少しくらい合ってるかも!?(笑)

ちなみに誰に聞いてもこう答える。



さて、社会見学している間に現地に付いた。

さぁ、明日から仕事だ・・
飯喰って寝るか。






持ってきた大根と豆で飯を作る・・・

何!?奥の調味料は何かって?ミツカンのポン酢ですよ(賞味期限切れ)
反則でしょうか!?(笑)
photo_not_available.jpg






今日の粗食

ミツカン様に感謝していただきます。

photo_not_available.jpg







夜はみんなで訳の分からない日本のムービーを見よう!

photo_not_available.jpg



スピーカーも持って来たよ。

photo_not_available.jpg



日本からUSBに詰め込んで持ってきたフラッシュムービー。
コレはフィリピン中何処に行っても子どもを笑わせることの出来るアイテムだ。

ボクは他所へお邪魔するとき、ラップトップとこのムービーを必ず持って行く。
村中が爆笑の渦に巻き込まれる・・・

昔、苦労して集めたんよ~







歳の離れた姉妹がイイ。

photo_not_available.jpg




photo_not_available.jpg



続く・・


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)