スポンサーリンク

クボタは神

今日は朝から庭がうるさい。

修理屋が、クボタのエンジンを修理しているのだ。



このエンジンの年式は93年。

93年にウチのオヤジさんが新品で購入したものだ。

それが去年初めて壊れた。


17年間、オイルと軽油だけで一回もトラブル無く動いたという・・・

凄いの一言。



日本製エンジンは凄いや!

・・・と、買った当日から掛かりの悪い中国製エンジンを、見つめながら思った・・・





修理箇所はコレ。

クランクシャフト。

ここが、金属疲労で見事に折れてしまってる。

photonotavailable.jpg


修理屋のおっちゃんは、慣れた手つきでエンジンをバラし、クランクシャフトを交換した。
そして磨耗気味だったピストンリングも交換・・・

photonotavailable.jpg





スポンサーリンク




すると、エンジンは一発で掛かった。

スゴイ


神!


でも、修理費用が、クランクシャフト代15000ペソ!
その他もろもろ3000ペソ!・・合わせて18000ペソなのだった・・・

18000ペソといえば、中国製のエンジン一台に、もう少しで手の届く価格。


でも、日本製エンジンっていうのは、ここまで出しても修理する価値があるのだ。



photonotavailable.jpg



このボロボロで動かなくなったエンジンに命が吹き込まれようとしている。

photonotavailable.jpg





蘇ったクボタエンジン!

少なくともあと10年は動くだろう・・・

photonotavailable.jpg




今日のごはん

チキンバッチョイ
炒め玉ねぎの風味香ばしいチキンラーメンみたいなもの!?

photonotavailable.jpg




装甲車
この手の車の撮影は、細心の注意を払わないと、スパイと間違われて
最悪蜂の巣にされてしまう事もある。
ミンダナオはヒステリックなのだ。

photonotavailable.jpg



でも、撮影許可を取ればOK

日本でも頻繁に目にするが、ここの装甲車は実際の戦闘で使われている・・・

photonotavailable.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)