スポンサーリンク

米を売ろう

あ!頭が痒い~ぃ!!!

痒くて痒くて死にそうだぁ!蚊が刺したのか!?

いや違う!



頭の皮膚の上を何かが歩いているように感じる!


ついに日ごろのストレスからメンタルな病気に罹ったか・・・



などと考えていたら、近くにいた女子が、「それはコートー(頭に寄生する寄生虫)よ!」
と教えてくれた。「この前から私もいるから」って(笑)おいおい!


「たのむー誰か駆除してくり~!」


という訳で、猿のように駆除してもらったらスッキリした。


どこで貰ったんだろう・・やっぱ山かな。
山の民の枕使っちゃったし。

髪の毛なんかホームレスと見間違うほど伸びちゃったし。




コートーも駆除できて、何となく気分が落ち着いたので今日の予定を遂行する。


まず、立て替えて貰ってた幾つかの日当やクボタエンジンのガソリン代を入金しなきゃならない。

と思って、秘密の引き出しを開けたが、お金は入っていなかった・・・


わぁ!全然残ってないや。

乾燥に金掛けすぎて、いつの間にか文無しになっていたのだ。



何と言う馬鹿。

必要な分を換金せず、全てストックしてしまったんだな・・・ボクたちは。
乾燥させる事に全神経を集中しすぎて、他の事をバッサリ忘れてしまっていた。


昨日、散々意味のない買い物したから、財布の中には50ペソしか入っていない。
コレじゃ、田植えもクリーニングも出来ないし、椰子狩りにも動けない。



椰子工場からは何時もの如く、支払日になると返信が帰って来ない・・・

女子も「豚買ったから貸すお金ないわ」なんて言っている。
オヤジさんは「今回の金をくれたら貸してやる」って言ってる(笑)



つー訳で、わざわざ倉庫に直した米を、1部売らなきゃならなくなった。





スポンサーリンク




納屋から古い米を引っ張り出す。
そしてこの前の米を足して売る。

photonotavailable.jpg


このにーちゃんたちはバランスがいい。

photonotavailable.jpg


ここは今日行った買取問屋。
オーナーはむちゃくちゃ金持ち。

米のトレードは儲かるんだと思う。貧乏な問屋を見た事が無い。
資本金があればこういうビジネスがいいかもね。

photonotavailable.jpg



このデカイ秤に10袋づつ載せて量る。

photonotavailable.jpg



今回、前回保存しておいた北の水田の米も混ぜて持っていったんだけど、なんと
北の水田の米は、キロ1円高で引き取ってくれた。

神!

実は、前回北で植えた稲は、日本で言うところの「ブランド米」だったのである。


まぁ、味は日本に比べたら劣るけど、その辺の食堂の飯よりはウマイと思う。




コレは計算書

この前とれた米36俵2143kgと、北の保存米48俵2156kg
今日はコレだけ持ち込んだ。

18と24、合計42ペソが、査定のマイナス分だが、まぁ、コレは僅かなもので
気にならない。

合計4299kg 換金額は74501ペソ。

photonotavailable.jpg



黄金色の小判の上を歩く気分なんだろう・・・
photonotavailable.jpg



乱舞する雀たち・・・嬉しくて仕方がないのだ。
photonotavailable.jpg



今日のおかず。質素倹約!

photonotavailable.jpg

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)