スポンサーリンク

収穫祭ぢゃあ~

キリストウィークも終わりに近づき、やっと人々が重い腰を上げ始めた。

という訳で、今日は収穫。



収穫と田植えは、それを専門に行う農夫さん達が行う。

その村々に稲刈りを受け持つグループみたいな組織があって、その人たちに依頼するわけだ。

稲刈りグループは、大体1グループ2、30人の人数で構成され、収穫が決まると
町内会のお知らせみたいな感覚で農夫さんに情報が伝達される。

収穫手数料は1グループで幾らと決まっており、多数参加しても多めに払わなきゃ
ならない訳ではない。

今日は、前回バラバラだった収穫を一日で終わらせる予定で突貫収穫にしたため、
総勢120人を超える農夫さん達が一斉に収穫することになった・・・



途中雲行きが怪しくなってくる・・・

ポツリ・・ポツリ・・


お~い!アジア全体が干ばつに喘いでいる時に、何もウチが収穫しているときに降らなくても!

というか、ボク的にはキリストウィークが収穫の邪魔をしたって事なんだろうけど、一般大衆的
には神が雨をもたらしたって事なんだろうなぁ・・・



まぁ、どーでもいいんだけど、とりあえず自宅に雨よけのブルーシートを取りに帰らなくちゃ・・


photo_not_available.jpg





スポンサーリンク




その後、時折降る雨に悩まされながらも、収穫は比較的順調に進み、夕暮れ前には綺麗に
終えることが出来た。


明日はこの稲を脱穀する作業である。

この作業はウチのオヤジさんの農夫さんが受け持つ。
二台の脱穀機で作業を行う予定だが、おそらく2日掛かりの作業になるだろう。

農夫さんは水田脇にテントを張って、キャンプしながら脱穀することになる。



まぁ、面倒な作業ではあるが、夜は酒飲みながらキャンプファイヤー気分で楽しく過ごすわけだし
見かけほどキツイものではない。



それと並行して、脱穀を終えた米俵を、ボクがドライアー施設に運ぶって感じである。

高値ならそのまま問屋に卸そうかとも思ったが、安いのでとりあえず乾燥させて自宅にストックする事にした。
まぁ、しばらく保管して上がればよし、下がればそれが運命。



photo_not_available.jpg




とある管理人さんの水田には、あちこちにこんなへんてこな物体が
突き刺してある。


photo_not_available.jpg





コレ、実はコブラの乾燥体。
ネズミ避けなのだ。


photo_not_available.jpg




今日のボクのごはん。
豚骨スープ。ラーメン入れたらそのまんま豚骨ラーメンなんだけど
コレはご飯と食べる。


photo_not_available.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)