スポンサーリンク

戦いは、なおも続く

はぁ、早朝から椰子畑へトラッキングに行き、今やっと自宅に帰ってきた。



荷物満載でいつもの国道を工場へ向かう・・・

途中、車が沢山止まっているのが目に入った。

ハイウェイポリスが検問しているのだ。


「どうしようか?退避しようか?」と助手に尋ねる。

「ペーパー全部揃ってるんだから行っちゃえ行っちゃえ!」と助手。

荷物を工場に運ぶ作業中なので、止まって待つという選択は頭になかった。



駐車車両を横目に検問に突っ込んで見ることにする。


シートベルト&スニーカー装着!!

検問5秒前!4、3、2、1~!!



おいでおいで~・・・とポリス・・・

ボク達は誇らしげに免許証とペーパーを提示した。



ポリスはトラックの首を上げてエンジンナンバーを見たり、周りを一周したり・・

「こりゃ違反だ!」



うげ!?



車検証の記載事項の誤りと、免許証の条件違反。

トラックの形式が記載されたものと違う等など・・


。・゚・(ノД`)・゚・。



道路際の検問所でしばらく説明を受ける。

トラックのゲートがどうやらこうやら・・・免許証の重量がなんたらかんたら・・

よく分からないが、重箱の隅を突かれているようだ。





スポンサーリンク




それから、署に連れ込まれる。

切符に違反事項と名前と保証人の名前を記載し、サインしろと・・

相手は二人、最近赴任した所長と、チンピラのような若造。

チンピラがぎゃーぎゃー騒ぎ、所長がそれをなだめる。



ウチの若い衆は怒らせると怖いから、早く払うもの払っちゃえ!っつー感じ。

相手は、ボクが不法滞在なんじゃないか等と疑う素振りをみせてみたり、この違反は
どんなに重たい違反なのかを一生懸命説明している。



もう一人のチンピラは、なんと検問を片付けはじめたよ。

今日の大物に本腰いれるつもりなのだ!



こりゃ大きく来るな・・・とその時ボクは思った。



「ほら、この切符にサインして楽になろうよ」と所長。


助手が「それはインチキよ!」
「コーヤは黙って喋らないで」



それから助手が、商談に入る。幾ら欲しいのか?

1時間30分の壮絶なバトル!?

途中、切れた助手がわーわーぎゃーぎゃー!
「どうして他に幾らでも違反者がいるのにボク等を狙い撃ちするんだ!?」って

おいおい、日本の違反者が連呼しそうなセリフ!?(笑)


でも、この国の女性は強かった。男が助手なら負けてるね。



向こうの要求7000ペソ。

最終的に支払った額1800ペソ。



なぜ、額が中途半端なのかっつーと、財布に1800ペソしか入ってなかったから。ははは!


しっかし、延々にこんな事やってたんじゃ、おちおち工場にも行かれない。


そこで、ホントはこんな条件を相手に付けたく無かったんだけど、我々が今度からこの関所を
通るたびに50ペソのチップを払う代わりに、全ての違反に目をつむるという条件を提示した。



所長は急にいい人になった。

両手で握手して「気をつけて帰れよ!」

「あっちは管轄の違うハイウェイポリスがいるからな~!」って。

まぁ。コレで所長が代わるまでは大丈夫だろう・・



っつー訳で、ボクらは彼らに見送られながら、工場へ向かった。



一時間後、工場へ到着。

はぁ・・はぁ・・這って着いたよ・・工場サマ。




門が閉まってるし・・・






そう、ここからだ。今日の出来事を暗示するかのように・・・
バイクに乗せられた死体入り棺おけがトラックの行く手を阻む!

photonotavailable.jpg




過積載パンパン。

photonotavailable.jpg


椰子の農夫さんと子ども
photonotavailable.jpg



マンゴの木の下でハーベスト!?

photonotavailable.jpg


品質検査が厳しすぎて、一個一個検査しなきゃならなくなった。
手がパンパン。

photonotavailable.jpg


近所の川には涼を求める人々がたくさん。

photonotavailable.jpg

それを見る女性

photonotavailable.jpg

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)