スポンサーリンク

頭イタタ・・占拠住民


今回どうしても解決しなきゃならない問題もあった。

占拠住民の問題。

これをほっておくと、将来土地を取られてしまうことになりかねないので、
彼らが土地に住み続けるなら住み続けるで、何らかの書類を作っておかねばならない。

確認したところ、現在勝手に住んだり畑を使ったりしてるのは全部で4世帯。


水田を勝手に使用する家族の一つは、この前ウチの小屋を破壊してなんやかんや
持って帰った問題の家族。


photo_not_available.jpg




ここが問題の家。
家を訪問すると問題の主人がいたので、こう言う。


「うちから盗ったモンと水田返してくれ」
「返さなきゃ街から軍と警察100人連れてくるよ」

んな訳が無いのだが・・(笑)


超ハッタリが利いたようで、今までは物なんか盗んでないと言い張ってた主人は一転し、
水田も盗んだものも返すから許してくれと・・
こういう人に難しいことを言っても理解できない。馬鹿らしい言葉ほど効果があるようだ。


彼の自宅からはウチから盗ったバッテリーやら無線機がごろごろ出てきた。
他にも多数あったが、売ってしまったらしい。動物も売りさばいたのだと。


photo_not_available.jpg




とりあえず、正式ではないが、盗んだ事を認める書類と、今後水田の利用はしないという念書にサイン
させて税金の支払い証明(IDを持っていないため)のコピーと顔写真を撮った。
敷地内に住んでいれば、IDを元に弁護士で書類を作る流れだが、この人の家はぎりぎりウチの敷地から
外れていたし、今後水田に入らないのであれば、そこまでする必要もなかろう。


その近くのもう1世帯も、私が来た噂を聞いて数日で家を解体して引っ越した。


photo_not_available.jpg





スポンサーリンク




そこからちょいと離れたもう1世帯は、敷地内に家を建ち、畑も占拠する頑固爺さんだが、
この爺さんは先も長くなさそうだし、畑を明け渡す気も無さそうなので、とりあえず、
「賃貸である」風な書類を弁護士に作って貰うしかないと思ってる。
こういう方法で有効なのかどうかは分からないが、何もしないでほおって置くよりはいいだろう。

とりあえず、これからはこまめに山に顔を出して、勝手に家を建てる隙を与えないようにしなきゃ・・
彼らの親族や家族なんかがわんさか移住してきて、あちこちに家を建て始めたら収拾が付かなくなる。



別に住むなら住むで問題は無い。悪気の無い人をどうこうしようって訳じゃないんだから・・・

許可をとって、迷惑掛けず住めばいいだけ。




今まで占拠されていた水田の一部。
こんな草ボーボーじゃ米も取れないだろう。


photo_not_available.jpg






とゆー訳で、山の話題はこの辺でオシマイ。
明日から椰子の収穫に入ります。

南の水田の方は穂が大分出揃って、もみの中に白いパウダーが見られる状態。
今月末には収穫できるだろう・・


北の水田は渇水の影響で、一部を除いて田植えが出来ない。
まぁ仕方ない。

北と南に分散しといて良かった・・
去年は南の水田なんていらんわ!なんて思ってたんだけどね。







今日の河川・・・死ぬ寸前。


photo_not_available.jpg





広大な平野の殆どが田植えを出来ないでいる。


photo_not_available.jpg





コレはシンカマスという野菜?というか果物?
食感とジューシーさはそのまんま梨。でも甘くない。


photo_not_available.jpg




この通りジューシー


photo_not_available.jpg




犬に豚の頭を買ってやった。
目玉、脳みそ付き。


photo_not_available.jpg



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)