スポンサーリンク

電気はいりますか?

ホームステイ先に電気を引くことにした。
電気を引いてる近所のご家庭から、電気を取っていいと了承を貰えたからである。


で、電気のケーブルを探すことになったのだが、山の村で入手ができなかったので
次回にしようか考えていたところ、おかみさんがケーブルを売っている店を
知っているのだという。

それじゃ行って見よう!って事で、自宅の近所まで車で行き、それから徒歩で山に入る!?

photonotavailable.jpg


山の中に売ってるのか?

怪しいと思いながら延々山道を歩き続け、たどり着いたのは森の中の一軒家。


家には寂しそうな面影の一人の少女と5人の男が住んでいた。

photonotavailable.jpg



おかみさんがケーブルが欲しい事を伝えると、男達は倉庫からたくさんの電設資材を
引っ張り出す。倉庫にはほかにも機材が沢山あるようだった・・

Σ(`Д´ )

小銃もあるっ!



「幾ら欲しいんだ?500mか・1000mか?」


なんでこんな山奥に大量の電線が隠してあるのか不思議だったが、あえて聞かない事にした(笑)

photonotavailable.jpg




スポンサーリンク





え、えぇと100mください。


「500ペソでええわ」

えぇ!?安い!


電線を見ると、電力会社が使う丈夫な被服が使ってある本格的な奴。

町で買うときっと高いはず。

これが100m500ペソ!?  安い!

もっと欲しかったけど、手持ちが無いので諦めた。



男達はぎこちない手つきで、何回も計算を間違えながらケーブルを巻いていった・・・

photonotavailable.jpg


帰り際、少女が木に登ってフルーツをもぎ取り、手土産を持たせてくれた・・・

photonotavailable.jpg



帰り道を歩きながら振り返ると、謎の建築物が目に見えた・・・

photonotavailable.jpg




おかげで青年的な電気工事も終了し、無事電気が使えるようになった。
photonotavailable.jpg





次はネットの接続実験である。

時々現れる謎の美少女が、地上からGlobetatooを届けてくれた。
ネットの接続試験をしたかったので、わざわざ交通費を払ってまで借りてきて貰ったのだ。

でも・・・・ソフト持って来てないや・・・あれだけ言ったのに。

さすがだ・・

photonotavailable.jpg




photonotavailable.jpg

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)