スポンサーリンク

まずは椰子の運搬から

昨日、運転前に車を点検してみた・・


タイヤ周辺を見てみると、タイヤと回転軸を止める主要なボルトの殆どが
外れてしまっている。

このまま使うとねじ山がバカになって、最悪デフごと交換しなくちゃならなく
なるのであわてて締めた。

それから、ふとエアクリーナーを見上げると、どこかの木に打ち付けたのか、大穴が
開いて粉塵をそのまま吸っている状態・・・これじゃ粉塵の悪路を走れない。


おまけにエンジンが掛かりにくいし・・

このままじゃ危ないことになりそうなので、一度整備してから改めて収穫に向かうことにした。



まず、ひん曲がったエアクリーナをを修整し、穴を応急的にグルーで塞いだ。

それから近所の電装屋へ行き、電気関係を見てもらうと、セルのリレーが悪いのだそうで
そこを新品のリレーと交換。作業賃込みで550ペソ。

photonotavailable.jpg


電装屋さんの屋根、凄いでしょ・・

photonotavailable.jpg



電装屋さんの修理は間違いなかったみたいで、問題なく掛かるようになった。


それから椰子の積み込みへ向かう・・





スポンサーリンク




久しぶりのクラッチで左足の関節がコキコキ異音。

間違いなく歳を経ってるようだ・・

photonotavailable.jpg


葉っぱを燃やして灰を作ってくれていた・・
かなりの面積。

photonotavailable.jpg



それにしても、あれほど言って置いたんだけど、流石フィリピン。
車の管理が超いい加減。

おそらく半年も他人に乗せたら、間違いなく乗れない状態まで破壊
されるだろう。

ドライバーの日当300ペソは高すぎたようだ。




今日になってやっと椰子の搬入を完了。

工場は、年間のうちでもっとも暇なシーズンに入っており、なんと待ちトラック
ゼロ。そのまま構内に入ることが出来た。

photonotavailable.jpg



ほとんどトラックがいない

photonotavailable.jpg


いま、フィリピン全土が干ばつに喘いでいるようで、ウチの近所の川もごらんの通り。

とても平野全体を潤すほどの水量は確保できそうにない。


幸いといっては他の農家の方に申し訳ないが、川に近いウチの水田は水に困る事は無く
今のところ順調に稲は育っている。

雨季は逆に怖いのだけど・・


photonotavailable.jpg



作業が終わって一段落したので、客の9割が女学生のあの店に行ってみる・・

あいかわらず女学生多し。

この日もお客さん15人中、14人が女子だった・・
一人はボクね。

photonotavailable.jpg



コレが今日食べたチキンセット35ペソ、とロミー40ペソ。
まぁ、美味くも不味くも無いが、涼しいトコで喰えるのがいい。

photonotavailable.jpg


喰いかけ

photonotavailable.jpg



この店の壁には、「箸の使い方教えます」という張り紙がある・・

photonotavailable.jpg


意味もなく箸を頼んでみると、こんな箸が出てきた・・

日本人絡んでますね絶対。

photonotavailable.jpg



明日はもう一度畑に行かなきゃならない。
椰子が中途半端に残ってしまったからだ。




日本から送った荷物が、ボクの到着の翌日に来た(笑)
見てたのか!?
でも・・ボクの大好きなデン六のピーナッツチョコがご覧の通り。

photonotavailable.jpg


軽量所で・・
この落書きが笑えるらしい・・ボクは分かりません。

photonotavailable.jpg


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)