スポンサーリンク

椰子を拾ったり

今日は、朝から椰子畑へ行き、まず運搬を依頼して来た農家へ電話・・・

依頼者側の収量を確認しないと、ウチの収穫量の調整が出来ないからだ。


何回TXTしても返事がない。


うちの女子が、ロードが無いんじゃないの?と言うので、試しに20ペソのロードを
送ってみた。(これはパサロードといい、残高の無い相手にロードを補充できる機能である)

すると一分後に節操も無く返信が・・・こんな大事なときにロードくらい買えよ・・



遅れている理由を尋ねると、椰子を入れる袋を無くしてしまったのだと言う。

この前、ボクがわざわざ購入して依頼者に渡した袋だ。
無くした!?ハァ?


依頼者が知人?に袋を渡し、畑へ届けるよう頼んだら、知人はそのままいなくなってしまったのだと言う。

袋を盗られたって事か!?中古の6ペソの袋を!?


彼らの畑のもハーベスターがいるはずだ。依頼者に、今ハーベスター達は何しているの?と尋ねると
もう何日も刈り取った椰子の前で待っているとの事。


たった20枚の袋が着くまで、彼らはぼーっと何日も待っているのだ。

で、この依頼者は、ハーベスターと同じく、自宅で3日間もハーベスターが来るのをぼーっと
待っていたのである。



彼らは、こんなおままごとを、もうかれこれ3日も続けている・・


まぁ、別に驚きはしない。
田舎はコレが普通だから・・・






スポンサーリンク




でも、こんなのに付き合ってたら年が明けてしまうので、今日はウチの分だけとりあえず収穫。
作業を終えて、工場に予約も入れた・・・



それにしても、その依頼者達に比べたら、ウチのハーベスターは優秀だな。

慣れもあるんだろうけど、明日までにトラック一杯用意してくれと言ったら、
秤で測ったように、キッチリと時間通りに椰子の実はスタンバイしてる。

当たり前のことが出来る。コレが重要なのだ。


おまけに今日はバナナの貢物まで用意してくれてるし。


今日は彼らが神!・・・に見えた。


今度ミリエンダはチョコレート味のパンにするけんね!!

photo_not_available.jpg


今日の作業風景

photo_not_available.jpg


畑の中にある謎の建築物・・・ヒヒヒ


photo_not_available.jpg


コレが今日ゲットしたバナナ
青いけど数日で黄色くなります

photo_not_available.jpg


彼は孤独です。牛とヤギしかいないからです・・・

photo_not_available.jpg


ボクは彼が不憫で不憫で。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン



photo_not_available.jpg


フルーツ見~つけた♪

photo_not_available.jpg


工場へ行く道。
道端にフルーツが落ちている事がよくある。

どこかのトラックが落としたものだが、わざわざ拾う人は少ない・・・
雇われドライバーは利益にならない事はしないからだ。
工場は登録者しか受け付けないため、ドライバーが個人で売ることも出来ない。
ブタと牛のえさになるだけなのだ。

コレをこまめに拾うとバカにならない。今日は沢山拾って300ペソ儲けたな!ラッキー。



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)