スポンサーリンク

現地は結核パンデミック / 廃屋の中で見た奇跡の光景

現地で結核が蔓延しまくっているようだ。
それもく半端じゃない数だ。

途上国だから結核患者が「多い」程度の認識は以前から持っていたが、
まさかここまで多いとは思わなかった。大人も子供もご近所さんまで、
インフルエンザの流行時と同じくらいの規模で感染者がいる。

症状が出ている人もいれば出ない人もいるっぽい。
潜在的に相当数いると思われる。

ここまで多いと予防は不可能だ。マスクなんかに意味は無い。
逃げる場所はない。


futonnneko1.jpg


以前日本の隔離小屋の話をしたが、日本で結核が不治の病だった
時代に隔離小屋に隔離されてたってヤツがこの病気だ(主に)

私が子供の頃に隔離小屋は山の中に残っていはいたが既に
使われてはいなかった。でも近所の病院には「部外者立ち入り禁止」と
書いてある結核専用の隔離病棟は存在していた。結核が激減した
現在では見る事は無いが日本も昔はフィリピンのように蔓延していた。


futonnneko2.jpg


その病院の話で思い出したが、当時の日本は医療廃棄物が
きちんと分別されていない時代だった。

私の通った小学校の通学路にあった総合病院の裏には使用済み
注射器が山積みで放置してあった。子供の手の届く場所にあり、
触っても怒る人もおらず、子供たちは各々家に持ち帰ったり
カエルに注射したりして遊んでいた。

当時の日本の衛生管理は今の途上国以下で、その当時学校で
受けた予防接種なんかも注射器を交換していた記憶がない。

途上国の不衛生さを他人事で見ている日本だが、ホンの少し
前までは赤の他人と注射器の回し打ちをさせる国だったという。
幸い重篤な感染症には掛かっていないが今思い出すとぞっとする。


sleepneko1.jpg


注射とは関係ない話だが、ネットのニュースを見ていると、
障害者に強制的に不妊手術が行われたとある。

細かい事を知らないので「あぁそんな不幸な時代もあったんだな」
程度の認識だったが、被害者の声を聞くととんでもない話が
出て来る。

なんと、一部の手術は無麻酔で行われていたのだという。
生きた人間から鎮痛をせずに内臓を抜き取っていた?のだ。

そういう不妊手術は政府の公認で割と最近まで行われていた
そうで、最後に行われた手術は90年代だったという。
90年代というとバブル景気の時くらいか。無茶苦茶最近だ。

どこかの国で昔行われた様な人体実験のような事が現代に近い
近代になってまで行われていたという。恐ろしい話だ。


sleepneko2.jpg

スポンサーリンク



ところで、この結核の猛威を知った切欠は一人の子供の
重篤な咳からだった。
祈祷師に祈ったが変化は無し。嫌がる本人を無理やり病院へ
連れて行くと検査の結果結核が出た。

生まれてから予防接種を一回も打ってないらしいので感染は
間違いなさそうである。家族全員が似た症状を持っているので、
きっと全員がそうなのだろう。


それを知って改めて村の状況を見てみると、あちこちに同様の
症状を示す人がいる。もうずっと以前からパンデミックは
始まっていたのかもしれない。

結核は現地で「TB」という略語で呼ばれている。これは医療
従事者や一部の人だけに通じる隠語だ。
例えば「あの人はTBだからやばい」みたいな感じで使われてる。

金持ちは予防できるが、無知で貧乏な弱者は防ぐすべもないという。


orenge.jpg


私は今、隔離小屋っぽい農園の小屋でTBの足音を聞いているが、
ここなら日本のように村八分になったりはしないだろう。
村人全員が同じ病気なんだしw





■あの廃屋の中で見た奇跡の光景【ドキュメント捨て猫】

https://youtu.be/oVS8LYPi3uk

深夜に3匹の猫の様子を見に行った。非常識な時間だったので
無数の野犬に追いかけられながらたどり着いた。

廃屋に入ると驚きの光景を目にした。

用意したダンボールに、頭の禿げた鳥とヒヨコ二匹と猫が
3匹一緒に寝ていたのだ。

hiyoko1.jpg


どうやって、こういう組み合わせで接触したのか分からない。
実は以前からここにいたのかもしれない。


意図的に一緒に寝かせたのではないという事はスヤスヤ寝ている
彼らの様子を見たらお分かり頂けると思う。まるで死んだように
猫の横に転がているヒヨコがいる。死体かと思って手で触れると、
途端にキョロキョロと首を動かし始める。


可能性としては頭ボーボーのおばさんが親鳥だけを持って行き
卵だけがどこかに残されていた。

その後その辺の茂みでヒヨコが孵り、孵ったヒヨコが猫を親だと
勘違いしてくっ付いていたのではないだろうか。

放し飼いされたニワトリは草の中に卵を産むのでその可能性が
高いかもしれない。

非常に珍しいシーンである。


hiyoko2.jpg





スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
結核に罹っても治る生活を心がけてください。

結核と癌の関係は昔から整体では言われていましたね。
丸山ワクチン、個人差は有りますが効く人には効いてます。
No title

MBWさん

>HIVの流行の頃から衛生って言葉を・・・
歯医者なんかも器具使いまわしだったですし、というか、昔通っていた
歯医者で患者ごとに手袋洗うような歯医者は殆どなかったです。
今はどうか知りませんが。

>結核も予防接種してませんでしたっけ?
予防接種してますが、効果は永久的ではないそうです。とうの昔に
免疫は切れているでしょうねw

>お気を付けください。
有難うございます。

>ヒヨコは体温調節できないから温かい猫と一緒なんですかね
そうかもしれませんね。飼うときは二匹以上で飼うとヒヨコは喜びますね。




Mさん

>今でも薄っすらと跡が残っていますよ。
あれ、現代は見えない所に打ってくれるらしいですね。私は痒くてガリガリ
掻いたので今でも思いっきり跡が残っていますがw

>栄養とって感染しないようにして下さいね
マジに抵抗力が大事っぽいですね。どんどんスッポンを見つけないとw

>ブタ以上に視聴増えるかもですよ!(相変わらずブタって言ってる人いるしww)
豚はなんか宗教的か倫理的に問題あるんでしょうね。作れば確実に
ペナルティ食らうんですよ。素材は山ほどあるのに・・
ヒヨコ飼うの難しいですね。まさかのカラスが襲うんですよね。
頭がいいので無茶苦茶手ごわいです。

>ところで野良犬はどうやって振り切ったんですか?
マジレスですが、野良犬は近くまでは来るけれど、遠目で威嚇
するだけで噛みつくことは稀です。大人がいればですが・・子どもだけ
だと噛まれてしまいます。




井伊大さん

>丸山ワクチンとか。
結局効果はどうなんでしょうね。10年に一回くらい丸山ワクチンの
ニュースがふっと出てきます。宗教的っぽくも感じてもいますが
これだけ寝強く残っているのはなんかの効果はあるんでしょうね。

>こんな記事を読むと↓
ざっと目を通しただけですけど結核菌自体にがんの予防効果があるのか
予防接種に含まれている成分の予防効果なのか、15年以上持つのか、
良く分からないですけど、とりあえず結核患者と会食でもしようと思いますww

>無料で結核菌をゲットできる青年さん羨ましい。
現実的にはガンで死ぬより結核菌が回って死ぬ方が速いと思いますww




通りすがりさん

>誰もが知っている病院で出産の時に移植用に内蔵を抜き取られ殺されたそうです。
私も聞いてはいけない話を幾つも知っています。身近にないとは
言い切れませんものね。怖いですね・・・




AKさん

こんばんはAKさん

>不謹慎ですがほのぼのしてて心が暖かくなりました
これ、最初見た時あまりにも凄い光景撮った気がして手が震えましたww
でもほとんど反響は無いですねw表紙の写真変えるつもりですw




くろがねまにあさん

>結核はやばい気がしますね。
多分、村人ほぼ全員がウィルス保持者だと思います。そだがうつるか
どうかは別みたいなので、接触の度合いやこちらの免疫、運のよし悪しがあるでしょうね。

>ニャンコとヒヨコは良いですね。和みます。
有難うございます。私も100匹の蚊に噛まれながらしばらく
見ていましたw




Hamreyさん

初めまして、コメント有難うございます。

>幸いな事に、ワイを含めて子供達も発病とはなりませんでしたが、「保菌者」としては可能性有りのままです! 
らしいですね。これだけ周りに結核患者がいても症状が出ないのは仰る通り
たまたま栄養状態?が良かったからかもしれません。
何かの体調の変化で感染しやすくなったり症状が出たりって事は
あると思うので頭に置いておかねばいけませんね。
村人に感染者が多いのは日ごろロクな物食ってないからでしょう。

>嫁も「保菌者」のままP国では発病せずに、日本で風邪の時に併発した様でした!
風邪の時に結核とかだと診断が付きにくそうですね。
再度発病する可能性があるだとか、一生結核菌と付き合って
行かねばならないのでしょうかね・・不治の病という奴なんですね・・・


No title
青年さん、初めまして。

 もう10数年前ですが、嫁が結核を発病し隔離されました(日本で)!
幸いな事に、ワイを含めて子供達も発病とはなりませんでしたが、「保菌者」としては可能性有りのままです! 
「保菌者」と云っても直ぐに発病するワケでは有りません! また「保菌者」と接触していても伝染するモノでも有りません! 
ただ、発病者との接触は感染して「保菌者」となる可能性があります!
その「保菌者」も何らかのきっかけで発病するモノですが、体力の弱っている時と云われますので、何らかの病気と併発する事が多い様です!
 嫁も「保菌者」のままP国では発病せずに、日本で風邪の時に併発した様でした!
 2ヶ月あまりの入院(隔離)中の投薬治療で、結核菌減少となり退院しましたが、再度発病する可能性は無いとは云い切れないそうです・・・!
結核は
やばい気がしますね。
あんまり詳しくはしらないんですけど、
その昔うちの町の市民病院にも隔離病棟があった気がします。
どうか感染しませんよう。

ニャンコとヒヨコは良いですね。
和みます。
今晩は青年さん

>ドキュメント捨て猫
不謹慎ですがほのぼのしてて心が暖かくなりました、子猫とヒヨコ仲良く元気に育って欲しいです♪子猫の目が良くなりますように

フィリピン病院怖い
誰もが知っている病院で出産の時に移植用に内蔵を抜き取られ殺されたそうです。
No title
結核になると癌は少ないって、、
本当かどうかは分からないけれど、聞きますよね?
丸山ワクチンとか。

肺癌が激増している中国には結核も蔓延しているので
効果は限定的だと分かりますが、、、、

花粉症とかも直らないかな?と思ってググったら
マジで花粉症が治りそうなことが書いてある・・・

多剤耐性結核が増えているなどと聞くと怖いけれど、
こんな記事を読むと↓
https://www.gizmodo.jp/2012/08/bcg.html

馬鹿だから今すぐフィリピンに行って、
頭から結核菌浴(仮称)をして菌を取り込んでしまいたい衝動に駆られます。

無料で結核菌をゲットできる青年さん羨ましい。
でも子供は可哀そう。


(TBはツベルクリンの略ですね。たぶん・・・)
結核か
そう私の年では結核の予防接種っというと注射器ではなく細かい針が9本位付いたスタンプ式になった年代 今でも薄っすらと跡が残っていますよ。
病気は目に見えないですからね栄養とって感染しないようにして下さいね栄養ある食材よりも間違いなく医療費のほうが高いですからねw
仔猫とヒヨコの動画見ましたヨ かなり感動的な映像ですね(マジ!
青年さんの言う通り勝手に孵ったヒヨコが仔猫を親だと勘違いしたんでしょうね・・・ブタ以上に視聴増えるかもですよ!(相変わらずブタって言ってる人いるしww)
『捨てられた仔猫とひよこの物語』・・・べた過ぎかw

ところで野良犬はどうやって振り切ったんですか?足の遅いおっさんには無理ですよw

    
青年さんこんばんは
言われてみれば同じ注射器でしたね
HIVの流行の頃から衛生って言葉を・・・
床屋では剃刀を替刃にしたり紫外線で消毒・・・

結核も予防接種してませんでしたっけ?

気を付け様がないのは重々承知してますが・・・
お気を付けください。

猫とヒヨコ・・・
インプリンティング・・・
ヒヨコは体温調節できないから温かい猫と一緒なんですかね

逞しいですね

コメントの投稿

非公開コメント