スポンサーリンク

ミンダナオ地震で見たフィリピンの危険すぎる住宅/ミンダナオらしい動画

■ミンダナオ地震
https://youtu.be/4icWLCcy5hY

先日、ミンダナオを襲った地震の被災地を見て来ました。

image6.jpg


行ってまず違和感です。一見フィリピン風のちょい貧しい景色の
場所はあまり被害を受けてないのです。いつもの風景って感じで。

しかし住宅街、特にブロック作りの家が多い所になるとになると一変。
どの家もコンクリートの壁に穴が開いてボロボロなんです。

image7.jpg

たびたび話題に上がるフィリピンのブロックですが、やはりあの
ブロックは危なかったのです。鉄筋入れようがセメント流し込もうが
危険なのです。

多分、フィリピンで家を建つというと大体この構造、恐ろしいことに
ビルやデパートも大概同じです。今回の地震の規模がマグニチュード
6.5前後でしたから、多分フィリピンスタイルのセメント家屋の耐震性は
マグニチュード6かそれ以下か。日本より数段下の震度でかなり大きな
被害が出ると言う事です。

フィリピンでよく見る椰子の家。あれは非常に地震に強いです。
通気性も良くて快適だし、白アリだけに気を付ければ長く持ちます。

2image3.jpg



砕けたブロックがベッドを直撃したそうです。

3image8.jpg


高床式ではありません。下半分にブロック製の腰壁があったのです。

5image1.jpg



援助隊の配給が被災者の少ない場所で行われていました。
この後、野次馬から苦情が出て場所を変える事になったのですが、
その際、一旦渡した援助物資を回収していました。撮影隊を引き連れて
いたので見栄えの問題もあったのでしょうが、一旦渡したものを回収
するなんてせこいです。

image4.jpg

スポンサーリンク




■ネットも電気も最悪、一向に改善の気配なし

多分、世界的に見てもかなり悪い方だと思う。アフリカとか中南米でも
普通に携帯が使えて充電も出来る時代なのに、ここはそれ以下なのか。

ネットは月契約と、ロードして使うやつを併用しているがどっちも
クソレベル。5分繋がって5時間繋がらないとか。月に2千ペソ
払っているのに。それでもパソコンをネットに繋がないといけないので
携帯の3G回線のデザリングで繋ぐという最終手段も用いている。



■郵便事情が世界最悪と言ってもいいレベル

どうしても必要なものがあったのでEMSで物を取り寄せたが
二か月経っても到着しない(EMSですよ)

もうこれは無理だと諦めていたら二か月目で来た。

一体どこを旅していたのか。異次元にでも行っていたのか・・
仮に誤って世界一周したとしてもここまで掛からないだろう。


それとは別ルートだが7か月前にマニラに注文した物品がいまだに来ない。
相手は送ったと言い張るが、送り状は無いらしい。送り主が嘘を
ついているのかそれとも郵便か。

ちょっと前にロシアで物を頼んだら二週間で来たのでフィリピンなら
来るだろうと思っていたがフィリピンは裏切らない。



■おすすめ動画

壮大なミンダナオを感じられる動画です。
現地人撮影編集。

橋の無い川、村に住む人や動物、なつかない三毛猫たち
https://www.youtube.com/watch?v=qJuNJU5jUQk

自給自足の貧しい村で採れた大ウナギ
https://www.youtube.com/watch?v=AYRqDCovs6g

芋の収穫と調理、ねこや猿と一緒に食べる
https://www.youtube.com/watch?v=aCaegbtu63g

チャンネル登録をして頂くと神です。
http://www.youtube.com/channel/UCeXRvBhjhKPrhTaes98T6XQ?sub_confirmation=1


ブログ村に久しぶりにログインしてみたらなぜかログインできたので
久しぶりに更新することにした。古いパソコンに変えたからか。
最近ブログは休止状態だが、ブログだけ見ている方もいるかも
しれないので重い腰を上げてアップした。


1image9.jpg

image2.jpg

4image5.jpg



高順位行くようだったら更新するかもです
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)