スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサーリンク

殺人事件を一歩手前で阻止した / 猫好きの少女がまたビニール袋を抱えて来た

正月の事だ。

ナスビを収穫していた時の事、近隣の家で尋常じゃない女の
叫び声がする。収穫したてのナスやカメラを放り出して現場へ
走ってみたら、なんと男が女性に襲い掛かってる。

一人の男が女性を羽交い絞めにして、もう一人が首を絞めて
いたのだ。マ、マジか

ナス狩り1、


女性は時々動画に撮っている少女の母親(シングルマザー)で、
首を締めていたのは、なんとその母親の父親、羽交い絞めにして
いたのは親族だった。
(二対一で襲っているように見えたけど、後で聞いたら一人が
止めようとしていたとの事)

ナス狩り4


父は殺す態勢で首を締め付けており、女性は手がだらんと
下がって気を失っているようだった。これはやばいと思って
その辺にいた隣人に加勢して貰って両者を引き離した。

女性は失神しているのか全く動かない・・

ナス狩り87


隣家にいたらしいお祖母ちゃんと娘が泣きながらママ!
ママ!と揺り動かし、誰かがバケツに水を汲んできて顔面
に水を掛けた。すると途端に正気を取り戻し、堰を切った
ように猛烈に泣き始めたのだった。



娘の首を絞めた父は脳がプッツンしている状態だったので、
数人の農夫さんが抱えてどこかに連れて行った。


母親は錯乱状態で周囲1kmに渡って聞こえるほどの大声で
泣き叫んでいた。


ナス狩り98


このまま放置しておくと父が戻って来て続きが始まるかも
しれないし、周囲1kmから集まって来た野次馬がうざい。

仕方がないので山小屋へ一旦退避させることにした。

(どうせ最終的な御鉢というものは私に来るので・・・)


半裸だった母親に娘が持ってきた毛布をかぶせ、緊急
避難的に山小屋に連れて行った・・・

(半裸だったから連れて行ったんだろうという想像は禁止です)


すっぽん9


母親は山小屋で深夜まで泣き続けたが、明け方になると
事情を話せるほどに落ち着きを取り戻していた。




母親が嗚咽しながら話し始めた内容によると事件までの
経緯はこう。

母はシングルマザーで3人の男性からそれぞれ3人の子を
授かったが、全ての男に逃げられて商店で働きながら
子育てをしていた。

一人目の子を実家へ預けて二人の子を商店の寮で育てながら
何とか生活していたが、立ち行かなくなって二人の子ども
を連れて実家へ戻った・・・って感じ


日ごろから「そういう男を選んだお前が悪い」と親に
言われていたらしく、あの日ついに切れてしまったそうだ。

納屋から山刀を持ち出して父親を殺そうとしたらしかった。


しかし父親に反撃されて首を絞められたそうだ・・・



マジかって感じ・・・


ナス狩り9



私は今回首を絞めた父親の姿をかれこれ十数年見ているが、今ま
で怒った彼を一度も見た事は無かった。それ程温厚な人なのに。
母親も何回か見た限りでは温和そうな良いお姉さんだった。

狭い空間で金もない。子どもは小さくギャーギャー泣く。お互いの
ストレスが爆発したんだと思う。


まずいラーメン
(これ、年越しそばだったんだがw糞まずかったわ)



日本人の性格は切れやすいが怒りが浅い。フィリピン人は
南国調で普段はとても穏やかなんだが、切れてしまうと
オシマイだ・・・


ねこにゃん26


スポンサーリンク




■猫好きの少女がまたビニール袋を抱えて来た・・今度は一体何が!?もう猫は勘弁して

https://youtu.be/rm74Idmc0MM
ジャングルの奥から声が聞こえてきます・・

動画をオンして外に出るとあの少女がビニールをもって
歩いてきました・・・マジか。



〇雨で狩りの出来ない猫たちに蛇(コブラ)の丸焼きを振舞ってみた
https://youtu.be/FadfNCi2bes

〇キャットバルーン【ネコに風船】
https://youtu.be/t7MvRqzuIEk

〇「食用ガエルが発生して猫も人間も大喜び」のノーカット版
https://www.youtube.com/watch?v=BIUcDiJ4Hms&t=245s




■しかし、年末からよく人が死ぬ。

一人は農夫さんの甥で事故で死んだ。昨日セメンタリーに
入ったばかり。

もう一人は14の女学生だが、なんと服毒自殺。フィリピンは
自殺する人なんていないと思っていたので非常に驚いた。

細かな事情は聞いていないが、兄妹が何人かいて親が不公平な
扱いをしたとか何とか。飲んだ毒薬は以前何度か写真を撮ったが
市場で売っている祈祷師が愛用する何かの木片だ。

それを煎じて大量に飲んだらしかった。

もう一人はトラックの運転手だが、それは高齢だから仕方ない。



一か所の葬式で二週間近くは祭り騒ぎになるので、三か所で
一か月くらい、年末年始の祭り騒ぎも加わり大盛り上がりだ。

人が死んで悲しんでいたのは親兄弟だけだろう。




葬式で祭りというのも変だが、こちらは人が死んだら遺体を
囲んでトランプゲームやビンゴなどのギャンブルをして盛り
上がるならわしだ。

毎晩食べ物も出るし、子どもたちや近所の人にとっては楽しい
祭りなのである。


スポンサーサイト

スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。