スポンサーリンク

エンジンの吸気バルブからナイフを作ってみた【鍛冶屋さん】/ 農夫さんを引き抜かれた

https://youtu.be/adXZCN-rU5E

よく金物を作ってもらう鍛冶屋さんに再びナイフを作って貰いました。
今回は形状が面白そうだったので、意表を付いて乗用車のエンジンの
吸気バルブ(インテークバルブ)を使ってみました。弁側に「IN」と
刻印があるのでインテークバルブだと思います。

kajiya.jpg


この謎の形状がフィリピンで欠かせない氷割に適していて使いやす
そうです。勿論パパイヤも容赦なく切れます。
丈夫で案外持ちやすく、こういう形のナイフが一本あっても
いいなって感じです。

動画内の9:20からお馴染みのものを切りますので興味のある方は
飛ばしてご覧ください。


ナイフの硬度ですが、時々使っている板バネより大分硬い感じで
サンドペーパーで幾ら擦ってもラインが一向に消えません。
凄く硬そうです。

ナイフ2



硬度は以前作ったリーフスプリング(板バネ)より大分硬い感じです。

この硬さがナイフに適しているのかどうかは分かりませんが、
氷割や果物ナイフとしてしばらく使ってみようと思います。

完成と切れ味をご覧になりたい方は9:20秒辺りからご覧ください。
途中、倍速再生していますが作業は割と単調です。

ナイフ1


スポンサーリンク



■農夫さんを引き抜かれた

以前もこんな話題が合ったはずだが、その時は当時現存していたK国人が
うちの農夫さんをまとめて引き抜こうとしたのだった。

結局、引き抜きはうまく行かず、その後K国人は手配されていた
犯罪者だと分かり間もなく国外へ逃げて行き、時期に農園は崩壊して
収穫も行われなくなったという。

(何度か残されたフィリピン人から収穫依頼があったが、当方も
トラブルを嫌って関与せず、その後は音沙汰も無く動きも無く
多分自然崩壊したと思う)


なんやかんやでそれから数年経ってしまったが、今回また似たような
話である。今度の情報は子どもからのチスミスだ。

日当が高額で、しかもバラフルーツをうちの二倍で買い取ってくれる
夢のような農園があるらしく、2世帯がそこに引っ越したらしいのだ。

どこの農園か調べてみると、うちの半分以下の非常に小さな農地で
うちでも苦しいのに計算上そんな事をして資金が持つはずが無い感じ。


大体、マトモにやってたら農夫さんがいないとか考えられない
訳で、問題があるから他所から人を引っ張って来なければならなく
なった訳だ・・・


と、そんな事を農夫さんたちに言っても分かって貰える訳がないので、
説明してまで戻ってきて貰おうとも思わないが、いかにも先が見え
そうなパターンで家族を道連れに去って行った。

まぁ二倍の賃金を出すなら現地の人や子ども達の為に素直に喜ぶべき
なのであるがwwついつい愚痴が出てしまう。


樹木


収穫作業は忍者の修行の様に年々高くなってゆく樹木に合わせて
収穫スキルを上げてゆかねばならない。だから今日明日いきなり
農夫さんを育成するのは困難だ。

用務員のおじさんに刈らせてみたが一本目で諦めた。非力な私は
樹木を見上げただけで倒れてしまう。

他の農夫さんに負担は掛かってもやり繰りしてゆくしかないが、
十数年続けていると農夫さんも高齢化してしまい、足腰の負担を
訴える人も出始めた。

子どもが多いと言われるフィリピンだが、この周辺は女の子が多くて
男子が少ない。映像的には面白いが農業的には良い環境では
無いかもしれない。



キノコ
倒木が多いのであちこちに食糧が出来てうれしい。


スポンサーリンク

フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)